× Q 翻訳訳語辞典
踏む   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
estimate
   
長くつらい旅のための食料は充分にあると踏んでいた: we estimated that we had sufficient provisions for the long and arduous journey ハメット著 小鷹信光訳 『影なき男』(The Thin Man ) p. 113
figure
   
風向きと天候から大火事になると踏む: look at the wind and the weather and figure this could be serious shit ウィンズロウ著 東江一紀訳 『カリフォルニアの炎』(California Fire and Life ) p. 310
follow
   
踏むべき手順: procedures to follow クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 206
guess
   
〜にちがいないと踏む: guess that ... アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 167
have
   
段階を踏む: have phases プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 219
hit
   
アクセルを踏む: hit the gas デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 165
realize
   
〜と即座に踏む: realize instantly that ... クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 178
reckon
   
東方約二分の一マイル、とジェリーは踏んだ: Jerry reckoned they were east about half a mile ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 112
stamp
   
〜を踏む: stamp down on sth アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 70
step
   
うっかり〜を踏みつけてしまう: step accidentally on ... ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 65
think
   
〜と踏む: think that ... ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 425
trample
   
他人の気持ちを踏みつけにする: trample on people’s feelings カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 267

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

うっかり少女の運動靴を踏む: accidentally trample on the foot of a young woman
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 32
法的手続きを踏む: take legal action
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 109
ききいれられないくやしさに地団太を踏む: dance in an agony of frustration
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 218
初めてプロの舞台を踏む: one’s first really professional appearance
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 158
(場所の)土を踏む: be back in sth
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安晦日蕎麦』(Master Assassin ) p. 193
グリーン・ベレーでさえ二の足を踏む: even the Greenies balk at
オブライエン著 村上春樹訳 『本当の戦争の話をしよう』(The Things They Carried ) p. 181
(物事に)二の足を踏む: balk at sth
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 265
どじを踏む: make a blunder
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 10
急ブレーキを踏むきいっという音が耳に飛び込む: there is a scream of brakes
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 136
急ブレーキを踏む: jam on the brakes
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 181
地面を踏む足音が響いてくる: the vibrations of feet in contact with the ground forerun
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 197
どじを踏む: cross one’s luck
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 244
ダンスのステップを踏む:dance
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 86
何かのヤマを踏む: get into a deal
レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 87
どれほど人目を忍ぶ恋人たちも二の足を踏む: even desperate lovers would think twice about
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 89
死体遺棄現場周辺についてもおなじ手順を踏む: ditto the area where the body was dumped
エルロイ著 二宮磬訳 『ビッグ・ノーウェア』(The Big Nowhere ) p. 152
ステップを踏む: tap one’s feet
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 33
始めて踏む〜: set foot on ...
遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 33
ドジを踏む: fuck up
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 15
ひとつひとつ細かい階段を踏むように:gradually
オブライエン著 村上春樹訳 『本当の戦争の話をしよう』(The Things They Carried ) p. 212
たたらを踏んで道をゆずる: jig rapidly out of one’s way
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 140
いいカモだと踏む:judge
レナード著 高見浩訳 『プロント』(Pronto ) p. 125
地団太を踏む: jump up and down in sb’s frustration
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『白い竜』(The White Dragon ) p. 250
地団駄を踏む: kick oneself
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 231
なまあたたかい濡れたタイルの床をぺたぺたと踏む: pad across the warm, wet tiles
ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 22
そういわれれば、やつらだって二の足を踏むにちがいない: That should give them pause
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 298
〜のあいだを踏む: pick one’s way between ...
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 394
(〜と)踏む: be predicted that ...
安部公房著 カーペンター訳 『密会』(Secret Rendezvous ) p. 148
二の足を踏む: quail at sth
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 405
韻を踏む単語: rhyme words
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 427
二の舞を踏む: travel the same road
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 198
たたらを踏んで壁によりかかる: scutter back against the wall
レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 236
地団太踏む: stamp one’s feet in rage
三島由紀夫著 ドナルド・キーン訳 『宴のあと』(After the Banquet ) p. 41
〜と踏む:think
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 235
〜に二の足を踏む: not want to ...
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 138
〜の轍を踏む: go the same way as sb
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 174
ツイート