× Q 翻訳訳語辞典
味わう   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
afford
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 102
appreciation
   
〜をうれしそうに味わいながら食べはじめる: begin to eat sth with cheerful appreciation アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『カリブ海の秘密』(A Caribbean Mystery ) p. 28
attain
   
(人でも)決して味わえぬようなよろこび: a joy that sb have never attained オー・ヘンリ著 飯島淳秀訳 『オー・ヘンリー傑作集』(41 Stories ) p. 76
chew
   
ゆっくりと味わう: chew slowly アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 130
enjoy
   
〜のよろこびを味わう: enjoy the fruits of ... ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 455
experience
   
故国に戻った実感を味わう: experience any sense of homecoming 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 268
extract
   
不徳のよろこびを抜け目なく味わっている: be cunningly extracting an immoral delight 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 202
feel
   
さぞかしいやな思いを味わうだろう: would feel pretty bad サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 242
gain
   
つかのまの満足を味わう: gain a passing satisfaction フリーマントル著 稲葉明雄訳 『亡命者はモスクワをめざす』(Charlie Muffin and Russian Rose ) p. 104
have
   
もう十分に強烈な体験を味わった: have had enough intensity タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 257
know
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 45
realize
   
味わい得ないと思われる: would not be likely to realize 北杜夫著 マッカーシー訳 『どくとるマンボウ航海記』(Doctor Manbo at Sea ) p. 220
savor
   
情趣を味わう: savor the elegant mood 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 109
soak
   
ここの雰囲気を味わっている: be soaking up the atmosphere ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 177
suffer
   
(人が)味わったような苦痛を(人も)味わったにちがいない: surely suffer as much in one’s way as sb suffer in sb’s way アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 112

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

味わう: be available
池波正太郎著 フリュー訳 『殺しの四人』(Master Assassin ) p. 74
できたという感じをしっかり味わう: have a real sense of accomplishment
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 38
ありとあらゆる種類の恐怖を味わう: suffer all kinds of terror
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 237
虫酸のはしるような悪寒を味わう: feel a violent antipathy to sb
レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 15
これほどの悲しみを味わう: fell so bad
困惑を味わう: be baffled
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 83
全身で味わう: bask with one’s entire body
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 282
置き去りにされたような気持ちを味わう: be terribly bereft
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の歌い手』(Dragonsinger ) p. 199
いっとき生まれ変わったような気分を味わう: briefly feel like a new man
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 258
清潔感を味わう: feel clean
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 438
(人は)いつもおなじ陰鬱で複雑な感情を味わう: color sb from the same palette of murky feelings
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 128
あの錯雑した恐怖を束の間ふたたび味わう: relive briefly the compound terror
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『白い竜』(The White Dragon ) p. 133
スリルを味わう: feel dangerous
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 32
おいしそうに味わう: delectably savour the food
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 232
かなりの下降感を味わう: with a sense of significant descent
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 212
話のディテールをいちいちおいしそうに味わう: savor each detail
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 45
嬉しさと苦さを半分ずつ味わう: feel at once pleased and dismayed
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 51
心ゆくまでの満腹感を味わう: eat until one feel full and satisfied
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 391
いくらかでも楽しい気分を味わう: could even half enjoy oneself
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 117
じっくり食事を味わう: eat and drink fastidiously
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 181
そういう気分は前にも味わったことがある: have felt like that
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 319
めったに味わうことのない感情: rare feeling
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 257
〜という経験をこのときはじめて味わう: for the first time sb do
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 313
一番挫折感を味わうところ: the most frustrating part
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 326
(人では)とうてい味わうことのできぬさまざまなたのしみ: delights that were generally were not available to sb
池波正太郎著 フリュー訳 『殺しの四人』(Master Assassin ) p. 74
これほどの嬉しさを味わう: fell so good
別れの気分といったようなものを味わう: feel some kind of a goodbye
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 10
天国の至福を味わう: stand for home and happiness
人知れぬ苦悩を味わう: suffer a private hell
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 20
この心よき宿舎を味わうには: to enjoy that delectable hostelry
オー・ヘンリ著 飯島淳秀訳 『オー・ヘンリー傑作集』(41 Stories ) p. 78
〜をじっと味わう: be hypnotized by ...
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 150
不思議な一体感を味わう: experience a strange sense of identity
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 88
気は心ながら、日陰の涼しさに救われる思いを味わう: there is an illusion of coolness and shadow
リーマン著 池央耿訳 『黒海奇襲作戦』(Torpedo Run ) p. 207
脳みそがでんぐり返るような気分を味わう: feel one’s brain perform an analogous inversion
ベイカー著 岸本佐知子訳 『中二階』(The Mezzanine ) p. 70
盗む楽しみを味わうために盗む: steal for the joy of stealing sth
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 152
〜を思って満足を味わう: feel satisfied, knowing ...
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 108
心が浮き立つような気分を味わう: enjoy a sense of light-heartedness
ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 143
おおいに満足を味わう: feel more satisfied
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 108
〜する楽しみを十二分に味わう: take the ... pleasure
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 121
喜びを味わう: have the pleasure
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 114
自由を心ゆくまで味わう: pleasure one’s freedom
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 144
〜の快い重みを味わうことができる: find pleasure in that agreeable weight that ...
三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 21
高揚感を味わう: tingle with pride
メイル著 小梨直訳 『南仏プロヴァンスの木陰から』(Toujours Provence ) p. 31
ゆるゆると味わう: quietly sip
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『女ざかり』(A Mature Woman ) p. 271
これから心しずかに味わう: recollect in tranquillity
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 18
一様に〜感を味わう: share the same sense of ...
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 263
これほどの悲しみと、これほどの嬉しさを同時に味わう: fell so bad and so good at the same time
いくらか胸の晴れる思いを味わう: take some satisfaction
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 115
(物を)しみじみと味わう: savor sth
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 233
夜の出来事の余韻を味わう: savor the evening’s events
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 160
かつて知らなかった家庭の団欒をこころゆくまで味わう: savour the unaccustomed domesticity
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『亡命者はモスクワをめざす』(Charlie Muffin and Russian Rose ) p. 78
〜に思いを馳せて胸のふるえあがる気分を味わう: shiver with thoughts of ...
オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 18
いつも身のちぢまる思いを味わう: spend in terror
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 92
挫折感を味わう: be stung
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 83
隈なく味わう: thoroughly enjoy
三島由紀夫著 モリス訳 『金閣寺』(The Temple of the Golden Pavilion ) p. 48
ツイート