× Q 翻訳訳語辞典
texture
▼詳細(例文など)を表示▼訳語クリック→類語、*例文 †出典、マウスオーバー→例文
感触
   
the texture of the cement floor: コンクリートの感触 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 369
comfort one’s fingers with its texture: 指先でその感触をたしかめて気を落ち着かせる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 324
手ざわり
   
feel again the rough texture: ざらっとした手ざわりがよみがえる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 168
舌触り
   
<例文なし> メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 134
肌合い
   
texture of Styrofoam: 発泡スチロールの肌合い クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 201

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

the texture of it: すごくざらっとした感じ
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 276
sb’s face takes on the texture of a gourd: 顔が青ざめている
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 87
remember the thick texture of the leaves: 木の葉がみっしりと繁っていた
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 275
feel the sandpaper texture: サンドペーパーの感触だ
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 21
become painfully conscious of the texture of shore life: 痛切に陸の生活の手ざわりを思い描く
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 107
ツイート