× Q 翻訳訳語辞典
dreary
▼詳細(例文など)を表示▼訳語クリック→類語、*例文 †出典、マウスオーバー→例文
うっとうしい
   
dreary peace: うっとうしい平和 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 109
うつろな
   
pull a dreary smile at nothing in particular: どこへともなくうつろな笑みを向ける ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 245
うら寂しい
   
a dreary and uninteresting scene: うら寂しい、変化のない駅前の風景 松本清張著 ブルム訳 『点と線』(Points and Lines ) p. 52
けだるい
   
a dreary sensation: けだるい感覚 レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 309
さびれ返った
   
dreary hall: さびれ返った玄関 ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 48
さむざむとした
   
the dreary field: さむざむとした畠 遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 71
ちまちました
   
dreary economy: ちまちました倹約 セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 64
ひどい
   
a dreary place: ひどい町 ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 11
ひどくわびしい
   
a dreary daybreak: ひどくわびしい朝の白々明け ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 269

陰気な
   
<例文なし> クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 76
陰気臭い
   
a dreary overpriced inn: 陰気臭い法外な宿賃をとる旅籠 ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 73
砂をかむような
   
life must be dreary for sb: (人の)毎日の生活、まるで砂をかむようなもんだ アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『死が最後にやってくる』(Death Comes as the End ) p. 16
殺風景な
   
dreary outfit: 殺風景な衣裳 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 127
陳腐な
   
the dreary patterns: 陳腐な模様 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 97

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

the most dreary cliches imaginable: おそろしくありきたりの言葉
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 188
a bleak, dreary future: おぞましい未来
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 130
a bare, dreary yard: むきだしの薄暗い裏庭
オー・ヘンリ著 飯島淳秀訳 『オー・ヘンリー傑作集』(41 Stories ) p. 167
be inexpressibly dreary: 形容を絶する物淋しい眺めだ
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『来訪者』(Switch Bitch ) p. 26
after long and lonely spurring over dreary roads: 荒涼とした街道を、彼らだけで果てしなく馬を駆っていると
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 121
ツイート