× Q 翻訳訳語辞典
来る   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
appear
   
来られない: can not appear トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 134
arrival
   
(人の)返事が来るのを苦にする: wait anxiously for the arrival of sb’s reply 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 132
arrive
   
一定の時刻に超然として来る: arrive punctually at the usual hour and be aloof 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 11
back
   
また来るよ: we will be back 小田実著 ウィタカー訳 『広島』(The Bomb ) p. 19
become
   
狡猾な策略家として(人の)眼に映じて来る: become a cunning schemer in one’s eyes 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 177
bring
   
手拭いをしぼって来る: bring sb a damp towel 川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 42
come
   
来てくれ: you must come トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 12
go
   
顔を洗って来る: go and wash one’s hand 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 97
grow
   
日が詰まって来る: the days grow shorter 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 43
hit
   
<例文なし> デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 127
reach
   
比較的広々した所へ来る: finally reach the quieter and deeper part of the sea 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 10
stop
   
( 場所) へ来る: stop at ... 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 216
visit
   
(人の)ところへくる: visit sb 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 22
walk
   
門口を出て、二、三町来る: walk a few hundred yards beyond the gate 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 77
warn
   
〜が来るって天気予報があった: a weather report came warning about ... 小松左京著 ギャラガー訳 『日本沈没』(Japan Sinks ) p. 46

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

来る: come by
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 23
人は自分の持っている才能を出来るだけ働かせなくては嘘だ: it’s a crime not to make the best use of whatever ability one has
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 132
〜の件で督励に来る: come to press sb to do something about ...
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 296
さっさと部屋に引返して来る: abruptly return to a room
安部公房著 サンダース訳 『砂の女』(The Woman in the Dunes ) p. 41
〜で一つにまとまって満足し我慢出来る: be united in its willingness to accept ...
阿川弘之著 ジョン・ベスター訳 『山本五十六』(The Reluctant Admiral ) p. 50
〜について出来るだけありのまま記述する: write as accurately as possible ...
遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 61
後は獲物が来るのを待つばかりだ: ready for action
おまけに杉は、とにかく、南から来る強い風を防いでいるのでした: What was more, the trees actually protected it from the strong south winds
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『虔十公園林』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 13
お目当ては〜に来る女の子たちだ: actually go there to meet girls
小田実著 ウィタカー訳 『広島』(The Bomb ) p. 10
〜の間際まで進んで来る: advance to the point where ...
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 129
来る年の幸多きことを祈ってくれる〜: sth of affection
どんどん来る: all come
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 29
なおさら不憫が増して来る: make ... seem all the more pathetic
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 130
〜からわざわざやって来る: come all the way from ...
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 187
〜からわざわざ来る: come all the way from ...
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 162
〜がうようよやって来る: be going to be all over there
ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 62
(人のところへ)求めないときに、たまに、向うから勝手に来る: be allowed to come to sb rare, welcome, unsought
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『風の十二方位』(Wind's Twelve Quarters ) p. 152
来る日も帰る日も、めったなことで予定を狂わせない: have almost never varied the dates of one’s coming and going
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 56
自分で出て来る: come alone
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 122
水から上がって来る: have already had one’s swim
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 9
(人が)頭に来そうなことなら、何だって片端からやる: go as far as one can to make sb angry
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 426
最後の一撃が来る: death is but another step away
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 129
誰も出て来ないから: but her phone didn’t answer
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 211
嵐が来ると、強さの程度に関係なく: in any kind of storm
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 92
そこに(人が)やってくる: and then sb appears
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 20
ついに出て来ない: fail to appear to greet one’s master
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 54
返事をして出て来る奥さんの様子も甚だ素直であった: And her manner, when she appeared, seemed always willing and obedient
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 25
すると奥さんらしい人が代って出て来た: A lady then appeared, whom I took to be the mistress of the house
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 15
結末が、はっきりした形をとって、こちらにやって来つつある: end is definitely approaching
井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 47
どんどん早足でやって来る: approaching on foot
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 80
〜の例などを引き合いに持って来る: in the course of one’s argument refer to ...
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 199
団体旅行グループに入って来る: arrange to be with a group
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 105
やって来る:arrive
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 201
兄が帰って来た時、父は寐ながら新聞を読んでいた: My father was reading the newspaper in bed when my elder brother arrived
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 124
とにかく、手もとに来る: It just arrives
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 229
〜するくらいのことは出来るようになる: have arrived at the point of being able to do
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 14
(人を)頼って来る: arrive in search of sb
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 190
〜が恨めしくなって来る: feel ashamed of oneself for ...
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 50
〜を依頼して来る: ask me to do
井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 8
(人の)ことで見舞に来る: come to ask after sb
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 199
(場所に)来るよう連絡を受ける: be asked to report to ...
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 277
依頼が来る: be asked
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 5
いらいらして来る: give sb a pain in the ass
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 132
頭に来る: get some wild hair up one’s ass
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 146
〜を聞きつけて、何ごとかとやって来る: be attracted to the scene by the sound of ...
また来る: come back
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 224
引き返して来ると: on the way back
川端康成著 サイデンステッカー訳 『伊豆の踊り子』(The Izu Dancer ) p. 75
血相を変え、着のみ着のままで、家出して来る: flee to sb in despair with only the clothes on one’s back
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 186
こんな山奥へ来る: come such a long way back here in the mountain
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 185
〜の依って来るところ: the background of ...
春が来る: it is spring
井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 19
〜が来るまで〜したためしがない: no one had ever done ... before sb came
小田実著 ウィタカー訳 『広島』(The Bomb ) p. 16
人間がレーキを持ってやって来る以前: before rakes and people
次第に光を失って来る: begin slowly to lose one’s brightness
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 76
じっとり湿りを持って来る: begin to feel soggy
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 156
早すぎたけれども〜の蔭から馳け出して来る: come out prematurely from behind ...
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 82
消化不良から来る頭痛を抱え: with a bilious headache
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 192
臭気と湿度の高い風が渡って来る: a dank, malodorous breeze comes blowing across ...
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 168
(人は)ここへ来ることをちっともいやがらない: this place do not bother sb
ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 87
〜に割りこんで来る: come bounding into ...
クラムリー著 小鷹信光訳 『酔いどれの誇り』(The Wrong Case ) p. 53
脳裏に流れ出て来る: course through sb’s brain
井上靖著 ピコン訳 『姨捨』(The Izu Dancer and Other Stories ) p. 17
胸にぐっと来るものがある: emotion wells up unbidden in one’s breast
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 193
出来るだけ簡略な言葉で〜という旨を付け加える: explain as briefly as possible that ...
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 126
〜から出して来る: bring out from ...
川端康成著 サイデンステッカー訳 『雪国』(Snow Country ) p. 40
マイナーリーグから上がって来る: be bring up from the minors
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 75
気まぐれに、(人が)〜しに来る: a whim will bring sb doing
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 54
電話をしらせに来る: go to call sb to the telephone
ライス著 小鷹信光訳 『死体は散歩する』(The Corpse Steps Out ) p. 48
容易に出来る所作: can quite easily do
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 138
出来るときにしとかないとね: when the going’s good, I want to do what I can
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 214
出来るだけ話を(人に)仕掛けて見る: try to carry on a conversation with sb
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 205
ありふれた内容のことばでも(人が)言うとずっしり来る: I feel heavy as I listen to sb talk with such casualness
吉本ばなな著 ワスデン訳 『アムリタ』(Amrita ) p. 118
〜しているところへ〜がやって来る: sb catch one ~ing
ここかしこの隠れ家から(人を)目がけて攻めかけて来る: issue from hidden dens to the common centre
E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 10
〜することが出来るようになる: have a chance to do
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 42
(人に)会いに来る: have one’s little chat with sb
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 18
〜が(人の)胸にわいて来る: ... foment in sb’s chest
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 101
子供を引き取りに来る: want to come and claim one’s child
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 146
よいしょと前の席に来る: climb over to join sb on the front
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 189
また〜が巡って来る: once again sth come to sb
〜という事実を受け止めざるを得ないときが来る: have it come to one that ...
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 180
(人の)そばへ寄って来る: come up to sb
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 314
そばに来る: come up
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 185
あたふたやって来る: come rushing along
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 304
〜にかけ寄って来る: come running toward ...
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 151
つかつかと歩み寄って来る: come right at sb
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 140
うちへ遊びに来る: come over to the house
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 116
(どこかへ)来る: come on down to sth
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 114
仕返しに来る: come back intent on fighting
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 220
ツイート