× Q 翻訳訳語辞典
fascinated   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
すっかり心を奪われた
   
seem fascinated by ...: 〜にすっかり心を奪われているようだ プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 177

興味津々で
   
All the same, the FBI, CIA, OSI, and NSA were fascinated: それでいながら、FBI、CIA、OSI、NSAはいずれも興味津々である ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 17
熱い
   
be subjected to a fascinated examination: 熱い視線にさらされる レンデル著 小尾芙佐訳 『引き攣る肉』(Live Flesh ) p. 186
呆っ気にとられた
   
watch sb, fascinated: 呆っ気にとられた リーマン著 池央耿訳 『黒海奇襲作戦』(Torpedo Run ) p. 202
呆然と、われを忘れて
   
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 321
無我夢中
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 174
茫然と
   
fascinated sb watch ...: 〜を、茫然と目で追う リーマン著 池央耿訳 『黒海奇襲作戦』(Torpedo Run ) p. 19

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

watch sb, fascinated by sb’s behaviour: 興味津々で(人の)様子をうかがう
リーマン著 池央耿訳 『黒海奇襲作戦』(Torpedo Run ) p. 50
be fascinated by the fact that ...: 〜がなんだかちょっと面白い
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 158
be fascinated by ...: 〜に興味津々な
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロスノフスキ家の娘』(The Prodigal Daughter ) p. 173
It partly scared me and it partly fascinated me: いささかぎょっとしたけど、同時にいささか得意でもあったな
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 73
be apparently fascinated by ...: 見惚れるともなく見惚れる
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 95
be fascinated by the beauty of ...: 〜を見とれて
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 170
become fascinated by ...: 〜について津々たる興味を抱く
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 151
sb’s round eager eyes are fascinated: そのまるい目は熱を帯び、魅せられた様子だ
シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 83
be especially fascinated by what sb can tell about ...: 聞かせてやると大喜びする話がある
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 168
be fascinated with ...: 〜に心酔している
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 302
fascinated by the figure on the heap of stones: 妙に強く石の上の男に興味をひかれる
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 84
recall how he was fascinated to hear that ...: 〜ということを知って、いたく感嘆したのを思い出す
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 25
one be fascinated by ...: 〜は(人を)夢中にさせる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 401
be fascinated with ...: 〜におおいに興味がある
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 268
be fascinated with ...: 〜に興味をもつ
エルロイ著 二宮磬訳 『ビッグ・ノーウェア』(The Big Nowhere ) p. 205
be fascinated to do: 〜できることに胸を踊らせる
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 249
be fascinated by this image of sth: 〜が提供する影像に非常な魅力を感じる
リンドバーグ夫人著 吉田健一訳 『海からの贈物』(Gift from the Sea ) p. 87
be fascinated by sth: (物に)すっかり惚れ込む
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 274
be fascinated by sb’s words: (人の)言葉に聞きほれている
遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 53
be fascinated by ...: 〜におおいに関心を示す
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 199
be fascinated by ...: 〜にこっている
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 210
be fascinated by ...: 〜にすっかり見とれてしまう
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 140
be fascinated by ...: 〜に気をとられる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 30
be fascinated by ...: 〜に興味を引かれる
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 46
be fascinated by ...: 〜に呆然と気をのまれる
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 129
be fascinated by ...: 〜に満足を覚える
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 44
be fascinated by ...: 〜を興味深く眺める
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 108
be fascinated by ...: 惹きこまれて見ている
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 415
be fascinated at oneself: 自分自身に目を見張る思いがする
マイケル・オンダーチェ著 土屋政雄訳 『イギリス人の患者』(The English Patient ) p. 289
be fascinated: がぜん興味が沸いてくる
メイル著 小梨直訳 『南仏プロヴァンスの木陰から』(Toujours Provence ) p. 31
be fascinated: ボーッとしてしまう
ハメット著 小鷹信光訳 『影なき男』(The Thin Man ) p. 64
be fascinated: 呆気にとられる
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 426
be fascinated: 面白そうだ
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 62
be fascinated: 目を輝かせる
コネラン著 仁平和夫訳 『ディズニー7つの法則』(Inside the Magic Kingdom ) p. 47
be fascinated and frightened by their independence: かれらの団結に魅惑され、脅威を感じた
ル・グィン著 浅倉久志訳 『風の十二方位・九つのいのち』(Wind's Twelve Quarters ) p. 211
seem fascinated with ...: 〜に魅せられているふしがある
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 402
I was thus suspicious but fascinated by the well-ordered links of his chain: そんなふうに怪しみながらも、私はやはり整然としたその鎖のつなぎ目に、すっかり見とれてしまっていたようだ
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 140
ツイート