× Q 翻訳訳語辞典
curiously   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
いぶかしげな目で
   
watch sb curiously: いぶかしげな目で(人を)見つめる ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 243
いぶかしむ顔で
   
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 257
いぶかるような
   
look curiously at sb: いぶかるような視線をなげかけてくる 安部公房著 サンダース訳 『砂の女』(The Woman in the Dunes ) p. 9
けげんそうに
   
He glanced up curiously on Marshall's return: マーシャルがもどると、彼はけげんそうに目をあげた マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 106
けげんな顔で
   
Nicholls looked at him curiously: ニコルスはけげんな顔で相手をみつめた マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 128
さぐるように
   
look about room curiously: さぐるように部屋を見廻す オー・ヘンリ著 飯島淳秀訳 『オー・ヘンリー傑作集』(41 Stories ) p. 22
じろじろと
   
look curiously at ...: じろじろと眺める レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 299
なにかもの問いたげに
   
these oval heavy-lidded eyes seems to look curiously at sb: この卵型をした重たげな瞼(まぶた)の眼は、なにかもの問いたげにこちらを見ているではないか ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 210
ひどく
   
be curiously crowded together: ひどくごちゃごちゃしている フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 441
ひょんなことから
   
The name had attached itself to him curiously: ひょんなことからそう呼ばれるようになった マイケル・オンダーチェ著 土屋政雄訳 『イギリス人の患者』(The English Patient ) p. 87
へんな
   
feel curiously fatigued, perplexed: へんな疲労と困惑がある 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 22
まじまじと
   
look at ... curiously: 〜をまじまじと見る フリーマントル著 稲葉明雄訳 『狙撃』(Run Around ) p. 23
もの珍しげに
   
<例文なし> メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 104
もの問いたげに
   
look frankly and curiously into one’s eyes: まっすぐに、そしてもの問いたげに(人の)眼をのぞきこむ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 213

意外にも
   
<例文なし> メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 190
異様なまでに
   
a curiously thin and elongated wrist: 異様なまでに細長い手首 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 183
何をしているのだろうと思って
   
<例文なし> 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 13
眼をまるくして
   
regard ... curiously: 眼をまるくして〜を見る フリーマントル著 稲葉明雄訳 『狙撃』(Run Around ) p. 397
興味深い
   
<例文なし> ハルバースタム著 浅野輔訳 『ベスト&ブライテスト』(The Best and The Brightest ) p. 71
興味津々で
   
<例文なし> レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 199
物問いたげに
   
study sb curiously: 物問いたげに(人の)顔を見上げる リーマン著 池央耿訳 『黒海奇襲作戦』(Torpedo Run ) p. 45
妙な
   
a curiously embalmed taste: 防腐剤のような妙な味 ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 85
妙に
   
The shattered bridge was curiously empty now, the men felt strangely alone: むざんに破壊された艦橋は、いまは妙にがらんとして、男たちは妙に孤独な感じをいだいた マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 255
Ralston's voice was quiet, curiously strained: ラルストンの声はものしずかだが、妙に張りつめたところがあった マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 313
in a curiously formal but sincere manner: 妙にあらたまって真剣なおももちで グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 83
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 226

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

curiously strangely, ...: ふしぎなことに
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 121
curiously enough: なぜか
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 128
stare curiously at sb: (人を)けげんそうな目で見つめる
ハメット著 小鷹信光訳 『影なき男』(The Thin Man ) p. 131
curiously antique penmanship: 奇妙に時代がかった筆跡
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 236
The end was swift, curiously unspectacular: 終焉は速やかで、妙にあっけなかった
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 322
intrude curiously into one’s private thoughts: (人の)内面へ探りを入れてくる
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 323
yet sb be curiously listless: とはいえ、少女は妙に張りがない
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 73
there is a curiously young look about sb: 変に子供っぽく見える
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 35
say in such a curiously muffled tone: 妙にくぐもった声音で言う
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『白い竜』(The White Dragon ) p. 464
curiously soft and puffy: へんにぷよぷよした
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 76
ツイート