× Q 翻訳訳語辞典
  訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
foreign
   
〜の理解の外にある: be foreign to one’s way of thinking 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 132
night
   
外は寒い: the night is bitter セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 60
one
   
その近所に私ら二人より外にない: there seems to be no one near us 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 12
out
   
もう一度窓の外をのぞいてみる: take another peek out the window スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 178
outdoor
   
外が氷点下のときでも: even outdoors in sub-zero weather プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 278
outer
   
内と外を区別する目安: gauge for distinguishing between inner and outer 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 38
outside
   
外光: the light outside ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 366
outward
   
外見をつくろう: tend one’s outward appearance ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 118
street
   
外へ出る: into the street ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 506
world
   
玄関ドアが開かれると、外はきらめいていた: the hall-door is opened upon a glimmering world セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 44

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

意外な気がする: be taken aback
吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 9
ちょっと意外である: be somewhat taken aback
北杜夫著 マッカーシー訳 『どくとるマンボウ航海記』(Doctor Manbo at Sea ) p. 17
〜するより外に道がない: be about the only way that ...
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 160
ふさわしい憧憬者をさがし求めて戸外をうろつく: be abroad seeking worthy wooers
オー・ヘンリ著 飯島淳秀訳 『オー・ヘンリー傑作集』(41 Stories ) p. 131
海外に高飛びする: travel abroad
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 20
外遊: stay abroad
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 210
無許可外出する: go absent without leave
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 93
治外法権下にある: absolutely immune
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 230
一つの例外もなく荒唐無稽だ: be invariably absurd
カズオ・イシグロ著 土屋政雄訳 『日の名残り』(The Remains of the Day ) p. 240
偉業によって海外にもその名が知れ渡る: be recognized abroad for one’s accomplishments
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 114
物体を高速で投げて的を外さないという技: throwing hard with accuracy
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 123
外交官ども: accursed diplomats
ル・カレ著 村上博基訳 『リトル・ドラマー・ガール』(The Little Drummer Girl ) p. 15
自分以外に世界のある事を悟る: learn to acknowledge the existence of a world other than one’s own
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 201
(人)以外の者には見向きもしない: acknowledge nobody but sb
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 199
自分の縄張りからは一歩も外に出ない: be rarely across an organization
コネラン著 仁平和夫訳 『ディズニー7つの法則』(Inside the Magic Kingdom ) p. 123
意志力で外向性を養い、ファイトを外に出すよう鍛練する: teach oneself to be outgoing and enthusiastic by an act of will
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 293
課外活動:activity
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 124
野外行動グループ: Field Activities Group
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 129
案外に手の届くところにある: be actually very much within reach
土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 55
〜以外に: in addition to ...
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 186
案外こういう指先のほうが、本当は器用なのかもしれない: These fingers might in fact be surprisingly adept
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 130
これこそ外国旅行の醍醐味: all the advantages of foreign travel
ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 316
こんなに良い気候ですもの、外に出ないという法はありません: we ought to take advantage of this good weather
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 312
根も葉もない海外雄飛の夢: impossible dreams of great adventure across the seas
三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 19
外聞が悪い: be bad advertising
ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 59
案外人なつこく笑う: laugh with unexpected affability
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 14
高度の外交問題にまつわるほやほやのゴシップ: the freshest high-grade foreign affairs gossip
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 29
それは意外な成りゆきだった: this is a very unexpected turn of affairs
意外な成り行きだ: a very unexpected turn of affairs
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 32
外郭団体:affiliate
辞遊人辞書
〜など論外だ: cannot afford ...
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 44
外気に当てるのはよくないと思う: be afraid to take sb out of the air
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 125
それ以外に電話をかけるあてはなかった: After them, there was no one to call
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 203
世間の道徳から外れた非常識さが、長い(人との)不自然な生活の中で身についている: have lost all awareness of such conventional considerations after one’s life with sb
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 141
この件については二度と口外するな: let’s never hear about this again
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 329
意外にも: against all odds
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 217
ドアを閉じて外の熱気を遮る: close the doors against the heat
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 225
家の外側で何かをこする: scrape against the side of the house
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 259
問題外: be not on the agenda
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 20
新生アメリカの外交官: the agent of the new American states
凄みのある外見をさらに強烈なものにする: one’s aggressive appearance is further enhanced by ...
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 11
挑発的な屋外看板: aggressive billboards
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 208
道に外れたことをする: turn agin one’s dooty
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 120
的を外す: miss one’s aim
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 439
ふらふらと〜の外に出ようとする: go aimlessly out of ...
井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 62
すこしはマシな気分になるかと考え、アランは夕暮れどきの外気を胸いっぱいに吸いこんだ: He breathed deeply of the early-evening air, hoping it would help
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 75
外気はうずまきながら襲いかかる: air swirls at sb
ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 6
もぞもぞ外に出る: push itself into the open air
フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 64
ちっとも戸外の寒さなんぞ気にかけず: indifferent to the cold outside air
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 44
外野へフライを上げる: get the ball in the air
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 261
外出:airing
辞遊人辞書
戸外運動:airing
辞遊人辞書
人間疎外: alienation of man
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 180
いかなる外交筋からの抗議: all the diplomatic protests in the world
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 449
外交口上書のあたたか味そっくりこめて: with all the warmth of a diplomatic note verbale
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 396
〜について例外なくいう: say that of all of ...
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 55
外見丈夫そうな: to all appearances in the best of health
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 22
窓の外側を、すみっこまでぜんぶ: the window all over out side
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 18
京都の郊外を次々と(人に)引張り廻される: take me all over the suburbs of Kyoto
井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 51
四方八方から押しつぶされたような外観を呈している: seem crushed and flattened on all sides
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 121
一向外部へ通じていない: be not known at all in the outside world
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 188
いい外科医ではない: be not all that good a surgeon
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 487
買物以外のことをしてたんじゃないのか: are you sure business is all they are doing?
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 142
大きな失望以外の何ものでもない: all have to be a terrible disappointment
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 356
案外: after all
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 74
存外: after all
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 57
貴重な外貨を振り分ける際の指標: guide to the allocation of scarce foreign exchange
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 56
自分以外の人間にのみ与えられた感情: an emotion allotted to others
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 138
〜をそうおいそれと外へは持ち出せないはずです: you are not allowed to check sth out that way
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 445
口外できない: be not allowed to say
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 390
滅多に外へ出してもらえない: almost never allow to play outside
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 49
まず例外なく: almost always
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 80
ほとんど例外なく〜で: be almost always ...
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ケインとアベル』(Kane and Abel ) p. 86
例外なく:always
カズオ・イシグロ著 土屋政雄訳 『日の名残り』(The Remains of the Day ) p. 187
別に意外とも思わない: be not amazed
カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 124
意外にも: to one’s amazement
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 50
案外と外見を気にするものだ: put an amazing amount of stock in one’s physical appearance
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 65
意外にも、元日だというのに本人が出た: Amazingly, he answered his phone on New Year's Day
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 39
意外にも: amazingly enough
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 170
灰色の外板を張った昔ながらのドック: an ancient gray-planked dock
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 65
年老いた外人: very ancient foreigner
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 13
(人は)外の(人と)共に: one and sb others
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 43
号外の鈴の音の高鳴る: cause much ringing of the handbells that announce special editions of newspapers
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 406
予想外の決定: surprise announcement
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 35
〜は意外に大きい〜のいびきに脅えてしまった: sb1’s unexpectedly loud snoring has annoyed sb2
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 154
またもや言外の含みを悟りそこねる: miss another signal
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 24
もうひとつ意外なことを言う: make another unexpected comment
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 197
それ以外に手はない: do not have another card to play
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 231
外国語は相当いくつも知っている: know any number of languages
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 202
〜以外の人間だったら: anybody else except ...
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 35
(それを)口外しないようにと口止めされる: tell not to mention it to anyone
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 55
案外〜かもしれない: possibly ... anyway
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 295
ツイート