× Q 翻訳類語辞典

というより  

actually の訳語→ 〜さえ といっても とでも言うしかない はず も〜ですもん ああ見えても あのね ありありと ありていにいうと ありていにいえば いえ〜でしてね いえいえ いったい おそらく かえって かっこうの これで却って これはひとつ こんな ごもっとも さえ さよう しかし しかも じっさいの話 じつをいうと じゃう そういえば その実 そりゃ それどころか それも それより それを言うなら たしかに たんに だから ちなみに ちゃんと つい とにかく とりたてて どうして どうも どうもうまく どちらかといえば なるほど なんと なんとなく はっきり はっきりと ばっかり ほんというと ほんというとね ほんとうに ほんとうのことをいうと ほんとのことをいうと ほんとのところ まぎれのない まざまざと まじめに まったく まで まるで むしろ もっとも もっともこの場合 もっともそのときは やはり ようなことは よくよく よく見ると 案外に 何しろ 果たして 気のせいか 却って 欠かさず 結果的には 現に 言っときますけどね 事実上 実に 実のところ 実をいうと 実際に 実際には 実際の話 実物は 心から 真剣に 正確にいうと 正直 正直なところ 正直な話 声をたてて 内心 寧ろ 肌で 文字どおり 文字通り 変わりないか 忘れずに 本格的に 本気で 本当のところは 満足に 明確に 面と向かって 率直にいって 率直に申し上げて

indeed の訳語→ 〜と云えるほどである なもんか! ありていにいって いかにも いな いや いやはや いやむしろ こそ ことに これこそ これはこれは じっさい じっさいに じつの話 すっかり そうか そうだ そうなったらそうなったで その言葉どおり そりゃそうだ それこそ できるとも とりあえず どうか どうせ どころか なにはあれ のだ ばかに ひいては ひどく ほとんど まぎれもない まさしく まさしくそのとおり まさに また まったくのところ まったくもって もう もちろん ものだ やっぱり れっきとした 案の定 果たせるかな 覚悟 更にまた 思ったとおり 事実 実は 甚だ 早い話が 打ち明けた話 第一 兎も角 如何にも

or の訳語→ 〜いようと したら最後 だの〜だの であれ〜であれ なり、〜なり いくら いや、そうではなくて いや、それとも おまけに から こと さもなくば さもなければ さらには しからずんば じゃないと すくなくとも それとも それともなにか それにまた たり だの つまりだね でないと でなきゃ でなければ でなければ〜か というか ということは とか ないし にせよ はたまた ほかにも 悪くすれば 案外 時としては 少なくとも 場合によっては 駄目だというなら 土地の言葉で〜という

rather の訳語→ 〜が先だ とも思える ほうがいい ほうがまだましだ あまり あんまり いいかげん いくらか いささか いっそ いっそ〜したい いつになく かなり かわりに けっこう このさい ごく さすがに さぞ すこし ずいぶん それはもう それよりか ただ だったら ちょっと ちょっとした つとめて ではなく というよりは ともすれば とんだ どことなく どちらかというと なかなか なかなかの なかば なくって なんだか なんて なんとはなしに はなはだ ほとほと まあ まずまずの まだまだ めっきり やや ややともすると より正確には わざと わずかに わりあい わりに 依然 何だか 何の 感じの 気味 極めて 近い 結構 思いのほか 小さな 少々 少しばかり〜 頗る 心持ち 随分 多少 避け 妙に

そのほかの「とい」で始まる語句・表現

といい という という〜 という〜から ということができる ということである ということであれば ということになって、やっと ということになっている ということになる というと というところ というところだろうが というなら というのに というのは というのは〜からである というのも というもの というものだ というやつだ というような意味のこと というわけで という事実 という人物 という例もある という姿で という態度で という手もある という気になる という気持ちから という気持ちがある という気持ちを持っている という気持に襲われる という訳なのだ という趣味がある といえそうである といったあんばいだ といったところ といったほうがいいかもしれない といったものすら といったような といった名で といって といっても といってもいいほどだ といってもよいほど といっても実際は〜だ といってよい といって押しきる


ツイート