× Q 翻訳訳語辞典
Sensei   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

persist in addressing sb as “Sensei”: (人を)先生々々と呼び掛ける
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 13
admiringly refer sb as “Sensei”: 先生々々と(人を)尊敬する
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 132
Also, I had no notion of what Sensei meant by "guilt.": いずれにしても先生のいう罪悪という意味は朦朧としていてよく解からなかった
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 37
As I have already said, Sensei was always quiet: 今いった通り先生は始終静かであった
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 19
As soon as Sensei appeared he began to laugh: 先生は座敷に出るや否や笑い出した
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 22
Sensei was looking at the garden, calmly smoking a cigarette: 先生は庭の方を向いて、澄まして烟草を吹かしていた
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 88
Sensei had kindly written, I decided, in reply to my letter: 先生はただ親切ずくで、返事を書いてくれたんだと私は思った
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 60
I then saw that Sensei was grinning, and I suddenly became embarrassed: しかしにやにや笑っている先生の顔を見た時、私は急に極りが悪くなった
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 13
Sensei's wife hesitated: 奥さんは其処で口籠った
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 91
Indeed, Sensei was a very tidy person: こういわれて見ると、なるほど先生は潔癖であった
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 84
I wrote to Sensei thanking him for the loan: 私は先生に手紙を書いて恩借の礼を述べた
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 59
Being rather careless myself, Sensei's tidiness often attracted my attention: 無頓着な私には、先生のそういう特色が折々著しく眼に留まった
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 84
I valued Sensei's opinions more than I did those of my professors: 教授の意見よりも先生の思想の方が有難いのであった
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 38
Sensei was silent for a while, then said,: 先生は何とも答えなかった。しばらくしてから、
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 20
Then suddenly I cried out aloud, "Sensei!": そうして出抜けに「先生」と大きな声を掛けた
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 16
Sensei then changed the subject: すると先生がまた問題を他へ移した
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 72
I shall therefore refer to him simply as "Sensei," and not by his real name: だから比所でもただ先生と書くだけで本名は打ち明けない
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 7
True, Sensei as I saw him, was primarily a thinker: 私の眼に映ずる先生はたしかに思想家であった
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 41
Of course, I did wonder how Sensei managed to live in idleness: 先生と知合になった始め、私は先生がどうして遊んでいられるかを疑ぐった
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 71
Tweet