× Q 翻訳訳語辞典
である   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
afford
   
〜と対照的である: afford a strong contrast with sb 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 47
become
   
〜も今は昔である: have become a part of one’s past 川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 97
come
   
新聞が掲載できるポルノすれすれのものである: come as close to the pornographic as anything the media could publish クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 221
derive
   
本来同根である: derive originally from the same root 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 148
imply
   
〜である: imply sth 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 88
lay
   
安全とは〜である: safety lay in doing クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 45
provide
   
〜を示す顕著な例である: provide a striking example of sth ステファン・シュミットハイニー著 BCSD訳 『チェンジング・コース』(Changing Course ) p. 8
remain
   
〜の中でも最高の難題である: remain the biggest single difficulty within ... ステファン・シュミットハイニー著 BCSD訳 『チェンジング・コース』(Changing Course ) p. 12

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

何故なら糞尿は大地の象徴であるから: : excrement is a symbol for the earth
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 10
甲虫の仲間: a beetle
ちょっと意外である: be somewhat taken aback
北杜夫著 マッカーシー訳 『どくとるマンボウ航海記』(Doctor Manbo at Sea ) p. 17
照れくさそうである: seem abashed
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 184
〜するのにより適任者である: sb is better able than most to do ...
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『暗殺者を愛した女』(Charlie Muffin-San ) p. 11
空気はまったくの無風状態である: the air is abnormally still
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 207
聖典は知恵の泉である: holy books abound
〜は今なお子供の領分である: sth be about the child of now
システムに接続している回線はかれこれ五○○本である: There's about five hundred lines entering the system
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 38
ざっと二分間の人口動態である: That's about two minutes' worth of life and death
今から語るのは、実を言えばかなりみっともない話である: this is not a proud story that sb is about to relate
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 549
そろそろ〜しようかと相談している気配である: they are about to ...
崩壊寸前である: be about to fall
デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 96
どんなにか官能を満たす日々であることだろう: be a period of absolute sensual fulfillment
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 71
一切厳禁である: be absolutely forbidden
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『狙撃』(Run Around ) p. 58
それは今までの何ケ月かをみんな出鱈目だと考えればよいのである: All I had to do was to regard all the past few months as absurd;
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 175
〜であるとわりきる: accept sth as it stands, as sth
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 3
Aには、Bがつきものである: accompanying A is B
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 88
ところで、恐怖にはもう一つの本能がつきものである: but fear is accompanied by another instinct
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 85
作法通りである: all according to correct manners
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 205
〜であるから:accordingly
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 298
〜が〜を流行させた理由である: account for the enormous vogue for ...
土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 109
驚くほど正確であること: surprising accuracy
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 268
〜というのが正確である: be accurately described as ...
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 268
まるで咎めるような口吻である: be almost an accusation
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の探索』(Dragonquest ) p. 168
(人の)常套手段である恐怖: the fear to which sb is accustomed
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『狙撃』(Run Around ) p. 73
事実はそううまくは運ばなかったようである: this was not to be achieved so easily
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 97
法律は人間の行為を規制するものである: the law governs acts
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 279
〜は、要は自信である: ... be all acts of faith
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 262
精神に異常をきたしたとの噂まである: there have been actual rumors of insanity
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 174
(物)といっても〜である: sth be actually ...
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 42
〜が十分に信頼できるものであることを思い知る: begin actually to have confidence in ...
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 13
〜が〜にとっては〜の表われである: ... is actually an expression of ...
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 26
〜であることをひしひしと感じさせる: remind sb too acutely that ...
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の歌』(Dragonsong ) p. 67
〜であることは間違いない: be adamant that ...
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『狙撃』(Run Around ) p. 123
〜にはうってつけのものである: be admirably adapted to ...
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 86
人形の指にはボールソケットを導入すべきである: ball joints should be added to the fingers of dolls
ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 28
言ふまでもなくこれは憂さ晴らしである: need hardly add that one is simply letting off steam
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 77
専門家たちの間で問題になるのは、十九世紀も漸く末になった頃である: be not addressed by specialists until the nineteenth century
土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 108
このあっぱれなる雇い人に対して、ある種の誹謗の加えられるべきことは覚悟のうえである: be prepared to hear some disparagement attempted of this admirable servant
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 116
残念ながら〜である: admire with regret that ...
井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 36
〜であることを人には決していわない: never admit to anyone that ...
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 172
〜であることはいなめないが:admittedly
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 87
連邦検察局の検事補たちは財務調査官としても有能であることが多い: The Assistant US Attorneys were often adroit financial investigators
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 181
いかなる金額でも御用命次第即刻御都合致します、というのがその趣意である: offering to advance any sum of money at moment’s notice
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 140
自分の信念にいかに反するものであるかと、ことさらな反対意見を述べる: tick off objections, devil’s advocate against one’s own cause
エルロイ著 二宮磬訳 『ビッグ・ノーウェア』(The Big Nowhere ) p. 36
そんなことは許されないことである: cannot afford to do
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 174
せっかくここまで来たのであるから: after coming all this way
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 106
久しぶりに体を動かすことができてやれやれである: be relieved to be moving again
オースター著 柴田元幸訳 『幽霊たち』(The New York Trilogy ) p. 29
再び論ずるはずである: will naturally crop up again in ...
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 37
はにかみ盛りである: be at a shy age
川端康成著 サイデンステッカー訳 『伊豆の踊り子』(The Izu Dancer ) p. 80
〜であることはいなめない: agree that ...
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『風の十二方位』(Wind's Twelve Quarters ) p. 292
〜と完全に照合済みである: have found to agree perfectly with ...
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 157
裕福であることに越したことはない: it is very agreeable to be rich
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 247
ことあるごとに人の気を惹こうと懸命である: take every opportunity to make oneself as agreeable as possible
メイル著 小梨直訳 『南仏プロヴァンスの木陰から』(Toujours Provence ) p. 177
(人に)向かって至極同感であるような様子を見せる: pretend to be wholehearted agreement with sb’s views
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 195
何か気分が乗ってきたときにする、(人の)癖である: be a characteristic gesture when sb is especially alert
松本清張著 ブルム訳 『点と線』(Points and Lines ) p. 113
〜には無縁のものである: be alien to sb
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 445
いかなる自制も無力である: all sb’s self-control helps sb
井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 46
これはみんな人から聞いた話である: all this I was told
スウィフト著 中野好夫訳 『ガリヴァ旅行記』(Gulliver's Travels ) p. 25
〜は誰の目にも明らかである: all can see ...
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 124
万人が万人にとって敵である世: world where all men are each other’s enemies
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 97
このゲセン人はましてや王である: this Gethenian is, after all, a king
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『風の十二方位』(Wind's Twelve Quarters ) p. 164
〜はどこもみな同じである: the same is true for all ...
それは自分の思うつぼである: that is all sb have wanted
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 271
〜するのは、誰にとっても、とりわけ(人には)不可能である: no one, least of all sb, can do
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 158
何事につけ極めて用意周到である: meticulous in all else
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 19
事は明々白々である: it is all so clear
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 394
〜ならけっこうなことである: if ..., all the better
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 273
〜であるはずの: for all ...
カズオ・イシグロ著 土屋政雄訳 『日の名残り』(The Remains of the Day ) p. 53
不確かの最たるものである: be the most uncertain of all
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 408
痩身の繊細な感じのイエギとは好対照である: be an odd match with sb all delicacy and bone
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 107
諸手をあげて賛成である: be all in favor of ...
三島由紀夫著 サウンダーズ、シーグル訳 『暁の寺』(The Temple of Dawn ) p. 225
まさに諸刃の剣である: as with all swords, that one cut in two directions
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 220
〜であることに変りない: all the same
ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 223
ひたすら丁寧に〜するのが仕事である: all sb have to do is ... as well as sb can
〜できればそれで充分である: all one want is ...
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 133
(人の)返事は(〜の)一点張りである: all one ever offer is sth
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『女ざかり』(A Mature Woman ) p. 155
ほとんど〜せんばかりである: all but do
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 158
筈なのである: after all
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 12
まずは生き延びることがすべてに先立つ仕事である: survival is an all-encompassing game
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 273
そんな心配は杞憂であることが分かる: one’s fears is allayed
有吉佐和子著 タハラ訳 『恍惚の人』(The Twilight Years ) p. 187
残念ながら〜である: must allow ...
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 79
〜も同然である:almost
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 258
ほとんど〜せんばかりである:almost
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 151
〜はほぼ一月がかりである: ..’s term lasts almost a full month
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 109
〜といってもいいくらいである: we could almost say that ...
土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 21
〜しそうである: be almost do
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 123
頭の中は自分の想いで一杯である: be alone in one’s thoughts
オースター著 柴田元幸訳 『幽霊たち』(The New York Trilogy ) p. 59
内心は孤立無援なのである: inside one be alone and helpless
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 28
ふたりきりである: they are alone
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 416
もう一足とびに夕暮れがきたかのようで、古い田舎の屋敷のティー・タイムという印象である: It could have been dusk already: tea-time in an old country house
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 122
いくらそれが〜であるとはいえ: although it is ...
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 43
そう思いはしたものの、そんなことが不可能であるのはいうまでもない: think, although that, of course, is impossible
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 246
〜事に、常々、御不審の筈である: must always have wondered why ...
井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 39
〜を眺め渡すのが常である: always, as sb looks out across ...
井上靖著 ピコン訳 『姨捨』(The Izu Dancer and Other Stories ) p. 13
(人の)表情は相変らず物憂げである: sb’s habitual melancholy expression is as always
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 25
ツイート