× Q 翻訳訳語辞典
一番   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
anything
   
一番面倒が起るのは〜の問題だ: cause more trouble than anything else 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 73
bliss
   
especially
   
一番興味をもつ: especially like コネラン著 仁平和夫訳 『ディズニー7つの法則』(Inside the Magic Kingdom ) p. 177
first
   
翌朝一番: first thing next morning スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 171
great
   
平凡であることが人間にとって一番、幸福なのだ: the ordinary can give one the greatest happiness 遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 21
most
   
一番挫折感を味わうところ: the most frustrating part クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 326
real
   
〜が一番痛い: be the real threat ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 350
really
   
一番気楽だ: be really carefree 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 81
very
   
一番後ろの席に: in the very back row 芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 26

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

一番砲塔: ‘A’ turret
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 147
一番の目玉は: above all
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 351
ここ一番というときに: in a moment of absolute crisis
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『暗殺者を愛した女』(Charlie Muffin-San ) p. 57
どういう時にどういう態度に出たら一番良いかそのテクニックを充分会得している: be an adept in the art of how exactly to make the proper approach
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『葬儀を終えて』(After the Funeral ) p. 115
〜やいなや、開口一番〜という: right after ..., sb say ...
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 59
生涯で一番気楽かも知れない: will never again in one’s life be so free from responsibility
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 81
空の旅で一番辛いこと: the worst part of air travel
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 146
いつも(人に)一番のいやがらせになる: never fail to annoy sb
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 429
(人には)〜が一番のたのしみなんだ: look forward to sth more than anything
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 88
一番乗り: be first to arrive
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 315
どういう時にどういう態度に出たら一番良いかそのテクニックを充分会得している: be an adept in the art of how exactly to do make the proper approach
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『葬儀を終えて』(After the Funeral ) p. 115
一番いいものを形にする: assemble the best
出来合いの一番安いのを買って間に合わす: buy the cheapest sth available
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 99
一番いい防御率: the lowest earned-run average
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 118
最悪の場合を覚悟するのが一番だ: it is best to be prepared for the worst
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 64
腹を立てないのが一番の薬: keeping calm is the best medicine
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 15
〜するのに一番効果的な時間を考える: determine the best time to do
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 117
(人が)持っている一番高い服、〜のスーツ: sb’s best ... dress
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 120
ダークホースの一番手: best outside bet
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 143
刺身は鮪が一番なんだ: tuna makes the best sashimi
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 234
何といってもこの〜が一番だ: best sth in the world
一番の親友: best friend
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 253
〜が一番得意: be best in ...
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 248
一番のなやみ: the most difficult feature of the case
松本清張著 ブルム訳 『点と線』(Points and Lines ) p. 204
この点で一番犠牲になる: in this cause
サリンジャー著 野崎孝訳 『フラニーとゾーイー』(Franny and Zooey ) p. 65
この浄らかな壁の内側で口にされた中で一番下品なリメリック: the vulgarest limericks ever recited within these chaste walls
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 20
一番かんじんのことをなおざりにしている: have neglected a crucial concern
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 181
開口一番がこれではあんまりぞっとしない: this is not an encouraging opening for a conversation
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 62
具体的な例を挙げた方が、(物事は)一番わかりいいだろう: an example will best convey the idea of sth
一番いい方法: best possible course
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 430
うわずった声は、すでに一番砲塔の轟然たる砲声にかき消されていた: his jerky voice lost in the crash of the guns of ‘A’ turret
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 247
町一番の酪農家: the town’s most prosperous dairy farmer
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 190
人が一番困っているとき: the darkest possible moment
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 67
半生の中で一番昏い、蔬廃的な精神状態におちこんでいる: have been in the gloomiest, most despondent psychological state of one’s life
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 164
一番厄介なタイプ: the most difficult kind of case
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 306
一番の難関: the most difficult obstacle
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 223
一番いやなことをする: do the most disagreeable things
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 59
そんなもので向こうで金を使うのが一番つまらんぞ: no experience is more disheartening than to have to use sb’s money on such things overseas
北杜夫著 マッカーシー訳 『どくとるマンボウ航海記』(Doctor Manbo at Sea ) p. 12
一番乗りの車が到着する: the first car drive up
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 280
(人と)(人が)おたがいにそれぞれ一番の秘密を打ち明けあう: sb and sb tell each other their best guarded secrets
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 70
朝一番にやってきて、まだ温もりのある香ばしいパンを届けてくれる: come early with fragrant still warm bread
ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 55
〜するにはそれが一番手っとりばやいらくな方法だ: it is the shortest and easiest way of doing ...
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 42
一番上の兄: sb’s eldest brother
一番上の姉: sb’s eldest sister
サリンジャー著 野崎孝訳 『フラニーとゾーイー』(Franny and Zooey ) p. 61
一番言ってもらいたくないことを、はっきりと口に出す: say out loud exactly what sb does not want to hear
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 47
世界で一番退屈な〜: the least exciting ... in the universe
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 326
一番身近に感じられる: feel sb most in touch
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 364
勝呂は自分の一番、探りたいことに夫人がやっと触れたのを感じた: She had finally touched on the topic he most wanted to pursue with her
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 104
一番しまいの頁まで順順に開けて見る: finally one reach the last page
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 140
いま(人を)一番強くとらえている何かをつかむ: find out exactly what sb is interested in
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 119
(人の)一番に守るべき節義: one’s first loyalty
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 298
一番のりの:first
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 284
一番先に:first
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 52
いの一番に〜をしよう: will do sth first thing
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 180
(人は)開口一番〜と言う: the first thing sb said is ...
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 198
開口一番、〜を尋ねる: one’s first question is ...
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 293
朝一番に: first thing in the morning
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 307
一番乗りをする: be there first
アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 388
開口一番(人が)きく: be sb’s first words
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 167
一番奥の:furthermost
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 42
〜まで、ここで待つのが一番だ: be going to stay here until ...
ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 196
一番の問題は、: the greatest problem is that ...
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 128
一番の味方は〜だ: ... is one’s greatest ally
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 292
目を覚まして朝一番に(人が)歌を歌う: greet the day in song
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『別れのシナリオ』(Death Mask ) p. 36
(人が)一番苦手にしているのは〜だ: the hardest part for sb is sth
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 191
一番後ろの:hindmost
辞遊人辞書
一番打者(リードオフ・マン): a lead-off hitter
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 322
いま一番の売れ筋: our hottest selling item
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 264
一番ものものしい部屋: the most imposing rooms
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 138
一番奥の:innermost
辞遊人辞書
ツイート