× Q 翻訳訳語辞典
自分   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
him
   
自分にはなんの意味も持たないかのような、無造作な言葉だった: The words were casual, as if they carried no significance for him マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 91
onelself
   
まちがいをなんでも自分でただす: fix everything oneself クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 43
oneself
   
自分の中に閉じ籠もる: wrap up in oneself オブライエン著 村上春樹訳 『ニュークリア・エイジ』(The Nuclear Age ) p. 142
own
   
自分と似た経歴の主: people who have had experiences like one’s own クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 14
present
   
自分にかえる: one’s thoughts return to the present 川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 70
self
   
子供の頃の自分: childhood self 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 156
you
   

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

自分は一介の兵士だという思いがある: consider oneself a soldier first
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 33
自分をおとしめる: abase oneself
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 20
人は自分の持っている才能を出来るだけ働かせなくては嘘だ: it’s a crime not to make the best use of whatever ability one has
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 132
将来の世代が自分のニーズを満たす能力を損なうことなく現在のニーズをみたす: meet the needs of the present without compromising the ability of future generations to meet their own needs
ステファン・シュミットハイニー著 BCSD訳 『チェンジング・コース』(Changing Course ) p. 9
それを実証する力が自分に備わっていない筈はない: why shouldn’t one have the ability to prove it?
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 142
これはいったい何だと自分の耳を疑いながら、黙って話を聞く: listen, hardly able to believe one’s ears
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 298
自分と年齢があまり違わない女性: a woman about one’s own age
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 364
照明の効果を信じ、自分でも似たような細工をしている: be not above employing a little strategic lighting oneself
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 61
〜に自分を完璧に同一化させる: an absolute identification of ...
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 84
自分が誰なのかはわからない: have absolutely no idea who one be
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 7
自分の仕事にかまけている: be absorbed in one’s own work
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 52
〜する自分の姿を想像する: absorb the thoughts of ...
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 269
自分らの瑣事に汲々とする: sb’s absorption in sb’s own petty affairs
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 19
自分でもおかしいと思う: realise one’s own absurdity
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 399
自分で自分の埒のなさを笑う: laugh at one’s own absurdity
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 34
自分の懐に入ろうとする(人を)抱き締める: accept the love of sb
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 19
〜を自分のものと認めざるをえない: have to accept sth as a part of oneself
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 273
自分は魅力がない女だ、とひけ目を持っている: accept one’s plain looks
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 50
〜を自分の手持ちの記憶にはめ込む: accommodate ... to the landscape of one’s own memory
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 97
(自分の)思いを抱いて歩き去ってゆく: walk off, accompanied by one’s own thoughts
オースター著 柴田元幸訳 『幽霊たち』(The New York Trilogy ) p. 84
自分たちのしでかしたこと: what we had accomplished
(人が)なにかを達成すると、その分、自分の影が薄くなると思う: take any accomplishment on sb’s parts as a diminishment of oneself
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 289
(人が)自分から行くようになる: go back of one’s own accord
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 172
自分の自由意志で人生を生きている: live one’s life in accordance with one’s own free will
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 381
自分の地に合った服装だ: be dressing in accordance with one’s own net worth
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 158
問わず語りに自分の生い立ちの貧しさを語る: volunteer an account of the hardship one have known
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 40
自分の口座: a private account for oneself
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 426
自分の当座預金に金を振り込む: mail the money into one’s checking account
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 119
自分の欲望を達する: achieve one’s own ends
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 26
それぞれに自分の帰属集団を納得させる: achieve consensus on group identity
自分以外に世界のある事を悟る: learn to acknowledge the existence of a world other than one’s own
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 201
まるで自分で〜をいかんともしがたいと言っているようだ: say, as if acknowledging that one have no control over ...
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 76
〜に関する知識を自分のものにする: acquire the knowledge of ...
井上靖著 ピコン訳 『姨捨』(The Izu Dancer and Other Stories ) p. 10
〜という不安を自分のものにする: acquire the fear lest ...
O・ヘンリ著 大津栄一郎訳 『オー・ヘンリー傑作選』(41 Stories ) p. 197
自分の縄張りからは一歩も外に出ない: be rarely across an organization
コネラン著 仁平和夫訳 『ディズニー7つの法則』(Inside the Magic Kingdom ) p. 123
どうしても自分たちだけの力でやらなければならないこと: an act of independence that one has to do on one’s own
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 395
自分自身の立居振舞にたいして、極端に審美的な眼を持つ: be careful enough to make one’s actions look nice
吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 205
自分のやること: one’s activities
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 87
〜している自分の姿をありありと思い描くことができる: can actually see oneself doing ...
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 92
どうも自分たちのしたことがあまりいいことでもなかったようだ: actually have done something less than laudable
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 20
自分は〜だと思いなす: actually believe oneself ...
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 422
自分の好みや都合に合わせて継ぎ接ぎして、〜に仕立てる: add sth to what sb wish and need and stitch it together into ...
さらに自分の考えを述べた: offered an additional thought
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 34
自分の名前と住所をいう: leave one’s name and address
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 177
自分に想いを寄せている人間がいる: get a secret admirer
ベイカー著 岸本佐知子訳 『もしもし』(Vox ) p. 14
(人に)自分の失態の大きさ加減を教えることになる: entail admitting to sb the dimensions of one’s failure
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 214
自分がフランスへスパイとしてきたことをすぐに告白し、: She admitted immediately that she had come to France as a spay,
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 30
自分でもわかっているのだ: I admit
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 28
自分を叱る: admonish oneself aloud
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 349
自分を叱咤する: admonish oneself
フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 53
自分たちの遊び: one’s adventure
マイケル・オンダーチェ著 土屋政雄訳 『イギリス人の患者』(The English Patient ) p. 215
自分を売りこむ: advertise oneself
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 158
自分の信念にいかに反するものであるかと、ことさらな反対意見を述べる: tick off objections, devil’s advocate against one’s own cause
エルロイ著 二宮磬訳 『ビッグ・ノーウェア』(The Big Nowhere ) p. 36
自分専用の電話を引く金がない: cannot afford a telephone of one’s own
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 227
自分があとで調べられることを十分に警戒している: be afraid of an investigation
松本清張著 ブルム訳 『点と線』(Points and Lines ) p. 198
トゥーツ大佐が自分の戦歴を得々と語り終えるのを待って、わたしはたずねた: I asked client, after he had given a gaudy review of his war record
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 139
色々の弁護を自分の胸で拵える: think of one excuse after another
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 251
ようやくまた自分の心を人に与えかける: start giving one’s heart away again
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 76
自分を善い人間だなんてみなすことは二度とあるまい: will never again feel like a good person
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 490
早急に自分を取戻す: oneself again
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 122
自分の意に沿わないことをやる: do something against one’s interests
カーヴァー著 村上春樹訳 『夜になると鮭は…』(Will You Please Be Quiet? ) p. 48
〜が〜するのを自分の肩の上で感じる: feel ... doing against one’s shoulder
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 153
劇評家はぐるになって自分を眼のかたきにしている: all the dramatic critics are in a conspiracy against sb
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 82
Aは自分の(物)を賭けて、Bは(物を)かける: A put up sth against B’s sth
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 240
年齢とともにすごく自分勝手になっている: be getting very selfish in one’s old ages
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 349
自分なりの行動律をもつ: have one’s own agenda
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 300
とうに自分のぶんのパンを食べてしまった: have finished one’s bread some time ago
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 483
(人は)あいづちを打って、自分の車に向かった: sb agreed, heading off to his car
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 164
自分のほうがきちんとしてるなと威張ってみたくなる: begin to give oneself virtuous airs
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 134
自分のしたことにちょっぴりあわてる: be a little alarmed at what one have done
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 27
自分の(物の)量にも我ながら呆れる: one’s capacity for sth alarm one
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 198
目を離すんじゃないぞと自分に言い聞かせる: tell oneself to stay alert
オースター著 柴田元幸訳 『幽霊たち』(The New York Trilogy ) p. 30
自分の感情の間尺を合わせようとあせる: struggle to align one’s feeling
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 148
自分の感情の間尺を合わせようとあせる: be struggling to align one’s feelings
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 148
自分だけが世の中の不幸を一人でしょっている: carry on one’s own back the misfortune of all mankind
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 194
さては自分のことなどではないのだ: this event is not for one at all
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 322
自分の頭で考える奴: the ones who figure it out all by themselves
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 348
それは自分の思うつぼである: that is all sb have wanted
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 271
自分たちとはこれっぽっちも関係のない: have not been involved in any way at all
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 294
たとえこの一年、いくら自分の人生が不運つづきだったにしても: for all the reverses one’s life have taken in the past year
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 77
自分の年齢と分別を忘れて: for all one’s gray years and sage experience
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 58
なによりも逆上するのは、自分が恐怖をおぼえていることだ: be angriest of all at oneself, for being scared
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 157
自分以外の人間にのみ与えられた感情: an emotion allotted to others
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 138
自分でペースを決められる: allow one to set the pace
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 22
それは自分の本心ではないかと信じそうになった: almost thought one meant it
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 26
なにか自分のことのように嬉しそうに: almost as if one were boasting about oneself
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 40
頭の中は自分の想いで一杯である: be alone in one’s thoughts
オースター著 柴田元幸訳 『幽霊たち』(The New York Trilogy ) p. 59
自然と自分だけ: to be alone with nature
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 104
自分だけという思いをしている: feel alone
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 104
自分で出て来る: come alone
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 122
おまえさんは自分の仕事をしろ: just run along
ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 30
彼女は声に出して自分にいいきかせた: she told herself aloud
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 190
自分だって〜するんだ: sb also do
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 59
あの人がかねて自分の小説に使おうとしているスタイル: The style he was always wanting for his novel
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 148
アンはつね日ごろ、自分と同じ型の人物をさがしだす手をゆるめなかった: Anne had always a weather eye open for kindred spirits
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 12
そうした抑圧感を終始自分の中だけに秘めておく: have that suppression always shut up within one
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 175
自分の豪胆さについて、常日頃見栄を競っている: be always trying to outdo each other in displays of bravery
三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 97
自分にくどくどと念を押す人間といったら、(人)しか思い浮かばない: only sb one can think of who is always reminding one of things
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 355
ツイート
クラウドファンディング実施中! 『翻訳訳語辞典』拡充のご支援を!