× Q 翻訳訳語辞典
こいつ   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
bastard
   
<例文なし> ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 196
he
   
<例文なし> ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 236
him
   
でもさ、こいつと俺ちゃんと行儀よくしてっからさ、なあカーキ: But me and him, we going to be fine, Khaki カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 199
she
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 196
that
   
こいつは相当なもんだ: Isn't that something? ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 222

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

こいつ: this baby
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 238
こいつは頑としてちがう: There is an absolute distinction
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 77
このさわぎ全体の張本人は、こいつとしか思えない: consider sb as the cause of all the mischief
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 190
こいつは上等だ: that’s all I need
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 243
こいつはどうも(人)らしくない荒っぽさだ: it’s all a bit rough for sb
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 110
〜するのがいいものかどうか、こいつは考えもんだ: I don’t know we should do ... at all
カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 134
手出しをしようものならどいつもこいつも吹っとばしてしまうぞ: blow all hands up if one were in any ways molested
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 131
よおしよおし、こいつはいけるぞう: Attaboy! Attaboy! Here we go!
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 112
こいつを振り払うことは、とうていだめだと知ったので: finding it useless to attempt shaking the creature off
E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 36
なんともこいつはひどい話だと思う: can not believe it
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 50
この男、コーチェルだが−−おれはこいつの行方もさがしている: This bird Koechell--I been looking for him
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 244
うおおおおおっ、こいつううううっ!: ooooh you biiiitch!
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 320
だけどな、ジョン、おれはいまこいつのヴァリエーションを考案中なんだ: But I'm working on a variation, John
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 244
なんだ、やっぱりこいつはお菓子だ: "What a swindle!" he said to himself. "It's candy!
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 87
こいつはよくよく慎重に、よくよくうまくやらなくてはならない: know that one have to play this one very carefully and very smart
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 178
どいつもこいつも食わせ者ばかりです: Just a lot of bloody chancers, sir
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 33
こいつにはもう魅力がない: no whiz left in the cheese
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 122
こいつは、幽霊屋敷もいいとこだ: this house is the next thing to being condemned
レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 86
こいつは、おれとしたことが: of course. I’m sorry
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安晦日蕎麦』(Master Assassin ) p. 229
どいつもこいつも: those crooks
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 239
こいつあ驚いた: I’ll be damned
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 187
こいつあ、えれえ日だな: quite a day for you
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 374
こいつはちがう: there is distinction here
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 77
こいつは捨てておけねえぜ: we’ll have to do something about this
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 256
(人の)話では、こいつが命取りになった刺し傷だそうだ: sb say that’s the poke that done it
ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 48
こいつは思いのほか面白いアイディアだ: really, the idea pleases me enormously
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ひらいたトランプ』(Cards on the Table ) p. 16
日曜日だというんで、どいつもこいつもめかしこんでるもんだから、なおいけない: Everybody was all dressed up, because it was Sunday, and that made it worse
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 180
どいつもこいつももたもたしている: hold everyone up
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 398
どいつもこいつも金で買えるやつばかりだ: everyone is for sale
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 119
こいつはお見それしたね: you could have fooled me
リーマン著 池央耿訳 『黒海奇襲作戦』(Torpedo Run ) p. 218
こいつは弱った!: Good God!
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 28
どいつもこいつも: goddamn you all
カーヴァー著 村上春樹訳 『夜になると鮭は…』(Will You Please Be Quiet? ) p. 121
こいつは上出来だ: jolly good show
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 239
こいつは、まずまちがいなく、〜になるはずだ: it would be a pretty good guess that ...
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 250
こいつは驚き: my gracious
ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 94
こいつはやべえな、と思いながら: knowing one have a problem on one’s hands
レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 236
どうせこいつらは悪なんだ: They were hoods, weren't they?
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 515
こいつ、商人はだしの駆けひきしやがる: This ia a horse trader
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 114
(人)というのは、こいつは、大したものだとおもう: be impressed with sb
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 260
こいつはおそろしく狭い世界に住んでいるやつなのだ: He was a person whose universe was very small indeed
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 588
こいつらの騒ぎに気がつく: notice the way them dogs kicked up
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 13
こいつはおどろきだ: it’s a kick in the pants
ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 49
こいつら何様のつもりなんだろ: so they know so much
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 182
こいつを見ると僕は、背筋が寒くなったもんだけど、でもきらいじゃなかったな: He gave me the creeps, but I liked him anyway
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 187
こいつはまさに悪夢だ: have something like a terrible nightmare
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 226
こいつはぞっとしない図だ: do not like this vision
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 219
こいつはどうだ: just look at that
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『注文の多い料理店』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 37
あんた、自分じゃかしこいつもりらしいが: you think such a lot of yourself
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 533
どいつもこいつも〜ばかりだ: just a lot of bloody ...
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 33
こいつは〜の手におえん: can’t manage this one a bit
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 27
こいつはちょいと使いこなせん: can’t manage this one a bit
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 28
どいつもこいつも: so many people
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 96
こいつら、おとなしくしてなかったのか: Did they misbehave?
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 197
こいつはとうていおれの出る幕じゃない: I don’t need this
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 355
こいつは、六四年型の、ラグトップの、真っ赤なシェヴィ・シュヴェルだ: That's 1964 nigger-red, rag-top Chevy Chevelle
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 241
こいつはろくなことにならないぞ: bad omens
オブライエン著 村上春樹訳 『ニュークリア・エイジ』(The Nuclear Age ) p. 83
各国ともにこいつはいかんというので: various countries panic and ...
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 230
こいつは一本取られたかもしれない: the point was well taken
コネラン著 仁平和夫訳 『ディズニー7つの法則』(Inside the Magic Kingdom ) p. 113
(人に)とっちゃ、こいつはなかなか手あついご歓迎ですね: this is a pretty warm reception for sb
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 273
こいつは少々、念の入ったものだ: this really is something a little recherche
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 136
おや、こいつはたいしたもんですぜ: my word, this is really something!
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 92
こいつはサンドペーパーをかけて塗りなおさなければいけないな: The steps need to be sanded off and then repainted
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 12
ツイート
クラウドファンディング実施中! 『翻訳訳語辞典』拡充のご支援を!