× Q 翻訳訳語辞典
相手   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
antagonist
    辞遊人辞書
companion
   
食事相手: a dinner companion トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 351
company
   
はやすぎようとすぎまいと、たまには相手が必要だった: Too soon or not, she needed company sometimes クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 477
customer
   
手ごわい相手: tough customers トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 146
enemy
   
<例文なし> ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 69
everybody
   
相手により使い分ける声の持ち主だ: have voices for everybody ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 259
face
   
よく知っている相手: a familiar face トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 24
friend
   
待ち合わせの相手: the friend one have been waiting for 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 19
grip
   
世間の人のお相手をする: come to grips with the world ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 496
he
   
<例文なし> ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 237
him
   
スマイリーは相手にろくに視線もくれずにいった: Smiley suggested, with barely a glance at him ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 460
interest
   
天から相手にされない: be not of any interest メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 94
man
   
相手を何年もつけねらい、最後の突きの瞬間まで泳がせておく: He may court a man for years, fattening him for the pass ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 448
one
   
〜は、気安くは冷やかしにくい相手であることを教える: sth tell people that sb is not one to be trifled with クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 370
other
   
相手方: the other side トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 134
partner
   
相手をする: be one’s partner 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 72
party
   
相手が出る: the party answers カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 157
people
   
眼に見えない相手にむかって話しかける: talk to people who aren’t there スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 294
person
   
毎度相手がよくない: it’s never the right person クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 442
quarry
   
相手: one’s quarry フリーマントル著 稲葉明雄訳 『狙撃』(Run Around ) p. 100
she
   
<例文なし> デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 23
someone
   
初対面の相手: someone whom I am visiting for the first time 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 1
they
   
相手は生産者の依頼で売っているやつかもしれんし投機家かもしれんが、: Maybe they're selling for farmers, maybe speculators トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 68
victim
   
その相手には: as a victim アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 389

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

相手: the caller
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 125
相手: the prospective husband
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 88
相手: the other man
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 26
相手: the other
アシモフ著 小尾芙佐訳 『われはロボット』(I, Robot ) p. 89
相手: one’s victim
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 442
相手に気づかれるのも忘れて〜する: abandon one’s fear of discovery and do
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 203
相手が得られない: be not able to fall in love
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 35
相手の名を口にしかける: be about to use sb’s name
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 203
相手にされない: be not accepted
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 79
相手がした手から出る: accept sb’s condescension
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 288
次に出会うほどほどの相手: next reasonably acceptable person who comes along
フィシャー著 吉田利子訳 『愛はなぜ終るのか』(Anatomy of Love ) p. 44
責任を負うべき相手は(人)だ: be accountable to sb
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 379
ふたりが熱心に相手の言葉に耳をかたむけだす: each begins to listen actively to the other
フィシャー著 吉田利子訳 『愛はなぜ終るのか』(Anatomy of Love ) p. 22
ことさら冷淡な表情を浮かべている店員相手に駆引きする: address the elaborately disinterested sales clerk
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 191
競争優位を勝ち取るために、日米欧はたがいに相手のほうこそ譲歩すべきだと言い合うだろう: In jockeying for competitive advantage, they will force each other to adjust
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 29
(人は)欲求を満たしてくれる申し分のない相手だ: sb fill the bill admirably
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 160
任務を帯びた工作員が相手方に合図を送るというのはありえないことだし: Agents on assignment don't send notes to adversaries
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 147
この相手: my adversary
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 176
〜を相手にへんなまねをする: have affair with ...
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 205
行き当たりばったりの相手と遊ぶ: be involved in casual affairs
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 386
この相手なら気障にならないはずなので: assuming it wouldn’t sound all that affected in this kind of company
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 92
なにしろ相手が(人)だったからだ: because, after all, it was sb
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 209
〜が相手のオープン戦: a preseason game against ...
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 188
〜を相手どった戦争: warlette against ...
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 85
〜相手に:against
ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 135
相手の力を逆手にとって利用する: use sb’s force against sb
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 268
〜を相手取って: against sth
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 31
相手を驚かせたくはない: He did not want to alarm him
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 127
相手の小さな目玉がぎろりと剥かれる: sb’s little eyes swivel in alarm
ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 175
相手に余計な警戒心を起こさせることはない: there is no sense alerting sb to anything
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 374
相手の言う値でそっくり(物を)買い取る: buy all sth at whatever price sb demands
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 20
(人の)悪名を相手に苦闘しなくてはならない: all around one one have sb’s notoriety to contend with
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 521
捨てぜりふは相手に吐かせるな: always get the last word
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 171
度肝を抜かれた(人は)まじまじと相手を見ながら答える: answer, gazing at sb in amazement
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 129
職業上の経験からいうと、厄介な相手だ: be among the terrors of one’s professional life
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 360
相手との駆け引きを楽しんでいる様子: remarkable open amusement at ones’ maneuvering
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 197
相手は、眼をすがめてそれを見ていたが、やおら口笛を吹いた: The other cocked an eye at them and whistled
アシモフ著 小尾芙佐訳 『われはロボット』(I, Robot ) p. 89
新しい女性の相手: companion of another woman
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 132
相手の:another
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 10
遊び相手: be another guy
ライス著 小鷹信光訳 『死体は散歩する』(The Corpse Steps Out ) p. 177
相手を侮辱しても問題は解決しない: mayhem is not the answer
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 94
競争相手:antagonist
辞遊人辞書
内心ははらはらして相手をみつめる: watch sb a little anxiously
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 106
天から相手にされない: be not of eny interest
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 94
誰も相手にしない: no one takes sb seriously any more
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 205
相手かまわずすがりつきたいくらいみじめな気分だ: feel so desperate that one is ready to ask help of any one
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 28
相手かまわずあたりちらしたい気分で: ready to find fault with anybody
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 180
相手がだれでもぶっぱなしてやる: I‘ll shoot ’anybody’
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 118
しゃべり甲斐のある相手があればな: when there’s anybody worth talking to
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 36
相手によりけりだけどね: when there’s anybody worth talking to
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 33
どのみち、この相手に向くほどの浅深信管調定は無理でしょう: Doubt whether we could get a shallow enough setting anyway
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 46
相手に〜させると見せて、実は: while appearing to allow sth to the other man
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 26
中佐の茶色の目はけわしく、相手を見さだめ、表には出さぬ多くのものを秘めていた: The colonel's brown eyes were hard and appraising and held a lot in reserve
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 191
議論の相手は(人)だ: argue with sb
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 281
(人が)相手じゃ、とても歯が立たない: can’t argue with sb
ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 185
相手を屈服させる: win an argument
有吉佐和子著 タハラ訳 『紀ノ川』(The River Ki ) p. 14
相手が〜となると: as for sth
いっしょに行かないかと誘いかける相手も思いつかない: do not know whom to ask to go with one
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 128
尋問し、相手をおどおどさせる: ask questions and make you squirm
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 95
そう簡単な相手じゃない: how hard one’s ass is
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 119
連帯した相手を見れば、にわかにうさん臭いものに変わってしまう: be blown through guilt by association
エルロイ著 二宮磬訳 『ビッグ・ノーウェア』(The Big Nowhere ) p. 174
相談相手と励ましを必要とする: need assurance and counseling
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 128
全然相手にしない: no one pays attention
ライス著 小鷹信光訳 『死体は散歩する』(The Corpse Steps Out ) p. 166
(人の)悲しみを生んだ相手: the author of sb’s grief
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 435
お相手する:available
オースター著 柴田元幸訳 『鍵のかかった部屋』(The New York Trilogy ) p. 36
(人の)ような前歴ある者を相手にする: back a horse with sb’s record
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 373
敵にまわすと恐ろしい相手: a bad enemy for a man to have
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 114
つりあいのとれる相手: balance off the other
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 190
相手の急所を狙う: go for the balls
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 311
予想以上に手ごわい相手: more than one have bargained for
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 232
(人)よりはるかにこすからい取引相手だ: bargain a damn sight better than ...
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ケインとアベル』(Kane and Abel ) p. 276
このいやな相手は得体が知れている: a known bastard
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 408
わかる相手じゃあねえ: those bastards won’t listen
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 192
相手の口を封じるようにつけ加える: add before sb can speak
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『カリブ海の秘密』(A Caribbean Mystery ) p. 129
(人が)相手では、良識ある沈黙というのは通用しない: benign silence have never worked with sb
フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 26
〜でだまされる相手ではない: be not fooling sb a bit
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 48
無表情に相手を見返している: look in sb’s eyes with a blank expression
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 482
相手の理屈を完全にやっつけ: blocking any last gap that might remain in one’s defences
シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 81
こんな相手ぶっ飛ばしちまえ: find some way to blow this one
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 128
相手の裏の裏をかく: create double bluffs
マイケル・オンダーチェ著 土屋政雄訳 『イギリス人の患者』(The English Patient ) p. 246
相手に気兼ねなく自分の思った通りを遠慮せずに口にする: be bluntly truthful
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 223
(人の)治療相手は、それこそあらゆる身分階層の人間、囚人もいれば、自由な市民もいる、〜といったぐあいだ: whose business is with all degrees of mankind, bond and free, ...
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 160
気に入らない相手を退屈死にさせてやろうと考える: try to kill one’s enemies with boredom
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 276
(人を)相手にしない: don’t bother oneself with sb
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 56
(人を)相手にする: bother with sb
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 112
彼女がドアをあけると、彼は乱暴に相手を押しのけてなかに入りこんだ: He pushed his way past her brusquely as she opened the door
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロスノフスキ家の娘』(The Prodigal Daughter ) p. 240
空き缶を相手にライフルを射つ: fire one’s rifle at tin cans
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 211
(ひとの)相手が勤まる: can keep up with sb
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 18
自分を罠にかけた相手: one’s captors
エルロイ著 二宮磬訳 『ビッグ・ノーウェア』(The Big Nowhere ) p. 114
相手をする: take care of sb
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 224
油断せずにじっと相手をうかがう: never relax its careful and steady watch on the other
芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 34
相手はどこかのれっきとした会社の使い走りとして見てくれるだろう: He would easily pass as a carrier for some distinguished firm
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 11
ツイート