× Q 翻訳訳語辞典
いつもの   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
accustomed
   
いつもの酔った足どりで: with one’s accustomed drunken gait クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 504
always
   
いつもの疑問が頭にうかぶ: wonder what one always do トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 176
customary
   
いつもの億劫そうなところが抜けてからだがこわばる: shed one’s customary lassitude and stiffen ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 198
familiar
   
(人の)いつものおだやかなやり方で: in one’s gentle, familiar way トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 135
normal
   
いつもの退出時間: normal departure time クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 508
normally
   
いつもの礼儀正しい口調: one’s normally courteous tone of voice 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 234
old
   
いつもの癖: old habit 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 192
one’s
   
いつもの元気な足どりでツカツカと入ってくる: come ambling by in one’s sturdy fashion トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 200
perennial
   
いつもの春の大学の風景: perrenial college campus in spring 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 188
reserved
   
いつもの場所: reserved spot デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 329
same
   
兄さんの、いつもの、きつい自信や: That's your same stubborn confidence 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 205
usual
   
いつもの冴えない表情で: with one’s usual abject look トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 328
usually
   
いつもの(人)ってすごくくすんでるじゃない?: how sallow sb usually is? スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 142

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

〜といういつもの印象に輪をかけた〜: add to the usual impression of ...
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 219
〜の声にいつもの甘い響きが滲む: ask in one’s usual affectionate tone
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 130
いつもの顔をして: looking all innocent
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 198
いつものことで、二人の話は噛み合わない: It was always a difficult conversation
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 143
いつものことながらリフキンは彼らの気持をつかんでいた: Rifkin was always in control
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 101
会話はいつものように断片的だ: with sb, conversations always tend to be fragmented
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 166
いつものでんで: the way one always did
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 34
いつものことながら: as always
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 148
いつもの道を通って: always taking the same route
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 80
いつもの時間に: always at the same time
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 429
いつものように予約の電話をする: call to make one’s usual appointment
いつものはなしを蒸し返している: have been having the same old argument
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 10
だから今日の午後、委員会から呼び出しをうけたとき、いつものことながら最悪の事態を覚悟して出頭したのだ: Arriving this afternoon, I steadied myself, as ever, for the worst
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 13
いつものことながら: as usual
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 194
いつものことながら: as ever
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 13
(人の)いつもの威嚇的な雰囲気のなかに: in the radiance of sb’s usual aura of menace
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 243
道中いつものひどい声で、いつもの馬鹿げた歌を延々と歌い続ける: sing silly songs in one’s awful voice the whole way
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 280
いつもの自分にもどって: be back to being oneself
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 260
いつものいやらしいブラウン・シガレット: one’s beastly brown cigarettes
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 392
いつもの通りだ: be just as before
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 250
いつもの仰々しい身振り: one’s usually boisterous style
マキューアン著 宮脇孝雄訳 『異邦人たちの慰め』(The Comfort of Strangers ) p. 126
いつものように気恥ずかしそうに笑い、顔をくしゃっとさせる: smile that shy, broken smile of one’s
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 288
いつもの(人)とは似ても似つかぬ気の変りかたを見せて: with a rapidity of transition very foreign to sb’s usual character
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 50
いつものように、ひんやりするものを感じる: feel the usual chill
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 121
これがチェイニーのいつものやり方だ: it was classic Cheney
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 55
いつものように予定がたて込む: sb’s schedule is as cluttered as ever
ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 247
いつもの暖かく元気そうな目つきでスターンをまじまじと見て、体をぐっとのりだした: He considered Stern with his pleasant, rosy look and huddled closer
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 216
いつもの街角: usual corner
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 171
いつものようにじょさいなくむかえる: welcome sb with the easy courtesy for which one is remarkable
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 97
いつもの僕なら、女の子に向かって、そんな下品なことは絶対に言いやしないんだ: Usually I never say crude thing like that to girls
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 207
いつもの内部争い: usual departmental rivalries
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 218
いつもの怒りを爆発させる: do one’s usual raging
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 98
いつもの間延びした口調で: in one’s familiar slow drawl
マイケル・オンダーチェ著 土屋政雄訳 『イギリス人の患者』(The English Patient ) p. 55
いつもの孤独感が心をえぐる: have the usual drilling sense of isolation
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 319
これはいつものことだ: what else was new?
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 253
いつもの手を使う: employ one’s usual techniques
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 55
いつものそんな騒ぎのあとで: following one of these episodes
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 181
いつもの仮面劇: the usual false faces
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 22
いつものことながら、記者団の質問は月並みだった: As always, the questions were familiar
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 148
〜でよかったといういつもの安堵が胸をかすめる: feel the usual moment of private gratitude that ...
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 71
イギリス側はいつもの御しがたい、能弁すぎるメンバーをそろえていた: The British had fielded their usual intractable, over-fluent team
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 269
いつもの辛抱強さと用心深さを投げすてる: fling one’s customary patience and caution to the wind
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 55
いつもの鼻につくお世辞をふりまく: give sb the usual fulsome stuff
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 214
そんな彼を、アニーはいつものやりかたでやんわりと説き伏せたのだった: And how Annie had overruled him in her gentle way
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 74
いつもの癖で: out of habit
バフェット著 芝山幹郎訳 『ジョー・マーチャントはどこにいる?』(Where is Joe Merchant? ) p. 200
(人の)手さばきにはいつもの冴えが見られない: sb’s hands do not seem to be working with their usual skill
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 165
またいつもの方角に向かっている: be headed where one always headed
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 220
(人の)いつもの態度は、「ヘイ、マン!」的ヒッピーのそれだ: sb’s usual manner is of some hey-man hipster
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 288
小説家のいつもの癖で素早く〜する: one’s writer’s instinct impels sb, as always, to do
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 225
いつもの余念ないその様子は、少しも変るではない: it is with no infraction of sb’s usual preoccupied air
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 325
いつもの臆病さを捨てた調子で(人の)肩を持つ: join in without one’s usual timidity
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『死が最後にやってくる』(Death Comes as the End ) p. 245
仕事の都合で帰りが不規則なのは、いつものことだ: sb’s work obliges sb to keep irregular hours
松本清張著 ブルム訳 『点と線』(Points and Lines ) p. 37
いつものように: as one have known it will be
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 18
いつものとおり真っ白なシャツと下着で: in one’s usual white linen
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 30
いつもの男の似ず饒舌になって: uncharacteristically manic
マイケル・オンダーチェ著 土屋政雄訳 『イギリス人の患者』(The English Patient ) p. 153
行きつけの不景気な居酒屋でいつもの通りの不景気な食事を済ます: take one’s melancholy dinner in one’s usual melancholy tavern
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 22
どことなくためらいがちないつもの雰囲気を漂わせながら: with one’s usual air of mild hesitation
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 195
いつものことながら:naturally
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 83
いつもの夜勤のエレベーター・ボーイ: the regular night elevator boy
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 243
いつものとおり一万フラン引き出す: draw one’s normal ten thousand
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 427
いつもの(人)なら:normally
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 271
いつもの抑制を保つ: observe one’s usual reserve
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 139
いつものように: as of old
ドイル著 大久保康雄訳 『シャーロック・ホームズの冒険』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 26
ツイート