× Q 翻訳訳語辞典
ominously   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
いやな
   
write ominously: いやなことを書く ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 204
おそろしく
   
press down ominously: おそろしく迫って来る 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 26

意味深長に
   
reply ominously: 意味深長にこたえる ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 102
何と思ったか
   
<例文なし> 宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『セロ弾きのゴーシュ』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 228
何故か、いやあな気がする程
   
sb’s back looks ominously forlorn: (人の)背後姿が、何故か、いやあな気がする程、淋しく感じられる 井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 19
気味のわるい声で
   
ask ominously: 気味のわるい声でたずねる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 113
気味の悪いほど
   
<例文なし> 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 147
気味悪く
   
loom ominously above sb: 頭の上に、ぼうっと気味悪く浮かび出ている ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 118
思わせぶりに
   
look at sb ominously: 思わせぶりに(人の)顔を覗き込む スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 109
実に気持の悪い目付きで
   
look ominously at sb as one’s fingers move: せっせと指先を動かしながら、実に気持の悪い目付きをして(人を)にらむ ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 213

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

sb fell ominously silent: (人が)黙りこんだのが怖い
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 50
say slowly and ominously: のろのろとけわしい声で言う
レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 234
ツイート