× Q 翻訳訳語辞典
  訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
cruncher
    辞遊人辞書
dogs
    辞遊人辞書
feet
   
すぐ手だの足だのを擦り剥く: with one’s hands and feet quite raw 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 207
foot
   
足の位置をそのままに: without shifting one’s feet クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 507
footing
   
足を滑らせる: miss one’s footing ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 143
hand
   
足をつっこむ: have a hand in it ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 185
heel
   
足をばたばたさせる: kick one’s heels カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 236
leg
   
手足が針金細工のようにひょろひょろ長い: with wiry, lanky arms and legs 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 84
legs
   
両手をこちょこちょとせわしなく振り回すだけで足の動きはちっとも変らない: with one’s arms pumping back and forth and one’s legs scarcely moving at all 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 169
paw
   
片足: one paw ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 250
steed
   
牧場での(人の)足はやはりなんと言っても〜だ: one’s real steed on the ranch is ... 小田実著 ウィタカー訳 『広島』(The Bomb ) p. 13
stem
   
一本の足で支える: support by a single stem 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 235
subs
    辞遊人辞書
toots
    辞遊人辞書
track
   
あとは足がつかぬようにすることだけだ: it’s a matter of covering one’s tracks クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 453
walk
   
それぎり話を切り上げて(場所)の方に足を向ける: in silence one start to walk towards ... 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 242

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

よくしたもので、大野浦へ着いたときには足の痛みが薄れていた: Luckily enough, the pain in my toes had abated by the time I got to Onoura
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 225
だれにも手のほどこしようがない地点まで足を踏みこんでいる: go beyond anyone’s ability to repair
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 358
五体満足な男性使用人: able-bodied male staff
デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 82
この喧嘩は〜する程度ではおさまらない。もっとのっぴきならない地点にまで足を踏み入れようとしている: be about to engage in something a little more serious than doing ...
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 320
(人が)床に足をつけて歩いているのか、それとも床から浮き上がってふわふわとただよっているのか: if one’s feet were on the floor or drifting just above it
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 186
ぴたりと足をとめる: abruptly stop
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 90
不足:absence
辞遊人辞書
〜で一つにまとまって満足し我慢出来る: be united in its willingness to accept ...
阿川弘之著 ジョン・ベスター訳 『山本五十六』(The Reluctant Admiral ) p. 50
満足なこと:acceptability
辞遊人辞書
足場のいい:accessible
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 135
足探りでやってのける: accomplish sth by foot-feel
ベイカー著 岸本佐知子訳 『中二階』(The Mezzanine ) p. 15
われながらうまくできたと満足感にひたりながら: satisfied with what one had accomplished
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 108
自己満足: pride of accomplishment
ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 627
なんと皮相で、しかもとるに足りぬものであろうか!: how shallow, and of what little account!
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 179
いつもの酔った足どりで: with one’s accustomed drunken gait
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 504
満足している: feel I achieved my end
ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 162
部屋のこちらへ足どりも軽くやってくる: come lightly across the room
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 334
片足跳びをする: hop on one foot doing a balancing act
満足に:actually
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 9
足すものは足し、引くものは引く: everything is added and subtracted
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 153
細かい点を二、三補足する: add a few more details
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 290
それでもまだ足りずに: to add insult to injury
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 357
少しは腹の足しする: add something to one’s meager diet
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 147
その後、ある補足がそれに加えられた: here is a late addendum
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 143
補足的な:additional
辞遊人辞書
(人を)追い越さない程度に足を運ぶ: adjust one’s pace so as not to overtake sb
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 56
尊敬に足る: be admirable
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 84
尊敬に足るほどの正義感を持ち合わせていない男: man with too little justice in him to be admired
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 225
しっかりした足どりでドアへ向かう: advance with firm steps upon the door
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 350
ドアの前にゆっくりと足を運ぶ: advance slowly on the door
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 129
半ズボンやゲートルやしっくり似合うたくましい手足: stalwart limbs set out to advantage in knee-breeches and gaiters
E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 8
あまり物足りないので: disappointed with what is less of an adventure than sb has hoped
北杜夫著 マッカーシー訳 『どくとるマンボウ航海記』(Doctor Manbo at Sea ) p. 195
一足遅れてやってくる: arrive soon after
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 210
またも彼らの、難民の群れのようなこそこそした足音がきこえる: He could hear again the furtive shuffle of their feet, like a refugee army
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 332
いくら繰返して云っても云い足りないが: over and over again, one lament the fact that ...
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 234
大小老幼とりどりの四足の悪鬼: four-footed fiends of various sizes and ages
E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 10
足はこびは軽やかだった: his stride was agile
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 7
二十分足らず前: not twenty minutes ago
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 129
ほんの一ヵ月足らず前〜したばかり: less than a month ago
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 316
歯ぎしりしたくなるような〜不足: an agonising shortage of ...
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 174
ひと足先に〜へ行く: go on ahead to ...
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 189
足のむくままに歩いてゆく: wander aimlessly
北杜夫著 マッカーシー訳 『どくとるマンボウ航海記』(Doctor Manbo at Sea ) p. 39
足のむくままにほっつく: wander about aimlessly
北杜夫著 マッカーシー訳 『どくとるマンボウ航海記』(Doctor Manbo at Sea ) p. 104
足を空に向けて歩く: walk with its feet up in the air
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 110
思わず足をひっこめる: draw one’s feet back in some alarm
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 56
桟橋の踏み板が、スマイリーの足の下で物騒にたわんだ: The planks of the jetty yielded alarmingly to Smiley's tread
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 324
足の方にばかり気をとられる: keeping to the path requires all sb’s attention
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 220
手の指も足の指も揃っている: with all one’s fingers and toes
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 122
こんなにお待たせしたのに、無駄足だったようです: you’ve had all this waiting for nothing
ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 13
何かと足りないものだらけだ: lack all sorts of things
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 86
寝足りなかった: have not slept well at all
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 46
少し足りない: be not all there in the head
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 325
しばし自己満足に浸る: allow oneself small indulgence of pride of accomplishment
ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 627
日々のわずかな満足を得る機能: dismal functions which allow us our meager share of daily satisfaction
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 274
空中になかば浮かんだ天女さながら、ふわふわとした足どりで: almost floating ethereally
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 256
ひょろりとした素足を宙に浮かせ: a long bare foot aloft
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 197
死ぬまで〜をつとめられればそれで満足しているような(人): will be content to drone along as ... for the rest of one’s life
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 228
もう一足とびに夕暮れがきたかのようで、古い田舎の屋敷のティー・タイムという印象である: It could have been dusk already: tea-time in an old country house
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 122
一足さきにやってきた: be already in a place
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 70
一日の苦労は一日にして足れり: enough-is-enough-already
それに付け足して〜の事を話す: tell sb also of ...
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 196
いつまでたってももうひとつ、足を踏み入れなきゃならぬ入口があるんだなと思う: There's always one more door you have to put your foot in, he thought
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 184
決って頭の天辺から足の先まで深々と身を包んでいる: be always heavily wrapped up from head to foot
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 31
必ず足がつく: always turn up again
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 190
いつもの元気な足どりでツカツカと入ってくる: come ambling by in one’s sturdy fashion
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 200
むつまじげな足取りで、〜の奥へと家路をたどる: return amicably to the bosom of ...
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 318
かすかな満足さえ感じている: be vaguely amused
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 257
(人の)一挙手一投足を逐一分析する: closely analyze sb’s movements
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 56
ハイキングブーツを履いた足を軸に: with one’s hiking boot anchoring
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 197
小猫やら足の悪い犬やら: kittens and lame dogs
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 276
ぶらりと出かけて、あとは足の向くまま: take off and wander
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 402
それだけに、ほんのお座なりの返事くらいじゃ、忘れる足しには絶対にならない: and a light answer does not help sb to forget ...
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 44
〜に一歩足をふみいれたとたん〜: one foot inside ... and ...
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 274
両足を大きくひらいてふんばる: feet brace at a wide angle
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 62
〜に足首をとられる: one’s ankle strikes sth
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 156
鉛のように重い足をひきずって: as feeling as if lead weights were been attached to sb’s ankles
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 437
満足げに報告する: announce with satisfaction
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 424
(人に)後足で砂をかける: seriously annoy sb
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 11
〜の上で足踏みしながら、あと一分ばかり待つ: stomp around on ... another minute
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 167
必要なものを見つけたお客さまに、これでまた満足していただける: Another satisfied customer has found her needful thing!
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 109
生涯の新たな段階に足を踏み出す: pass into another stage of being
前の椅子の背もたれに足をかけている: with one’s legs hooked over the back of an another chair
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 153
受話器をとろうとして、狭い廊下で急ぎ足になっている自分に気づくこともあった: I found myself hurrying down the little hallway to answer it
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 245
(人を)満足させるような答えをしない: don’t answer sb satisfactorily
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 244
用を足しに行く: go to answer a natural call
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 282
手も足も出ない: can’t do anything
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 152
無足動物:apod
辞遊人辞書
満足しきって: in apparent contentment
有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 137
飽き足りぬものを感じる: loose one’s appeal for sb
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 322
人生に何不足ないふりをするしんどい努力: wearying efforts to appear on top of life
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 136
怯えたように足をひく: step back apprehensively
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 36
(人の)荒々しい足音が近づく: hear sb’s rough steps approaching
川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 111
どんどん早足でやって来る: approaching on foot
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 80
〜を見て満足の体である: approve of ...
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 123
おだやかな満足そうな笑み: a quiet, approving grin
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 151
足し算引き算をやる: do the arithmetic
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 309
手足: sb’s arms and legs
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 273
手足のしびれ感: a numbness in the arms and legs
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 11
ツイート