× Q 翻訳訳語辞典
異様   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
extraordinarily
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 57
odd
   
〜が(人の)耳に異様に響く: strike sb as being odd 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 30
weird
   
すごく異様: It's totally weird デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 99

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

異様といってよいほど可動域の広い〜を備えている: have an abnormal abundance of ...
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 251
異様に背が高い: abnormally tall
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 113
異様に長い腕: abnormally long arms
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の反逆者』(The Renegades of Pern ) p. 192
わき上がる異様な喊声までまじえて: with a wild swell of voices added to them
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 134
森閑とした昼の中に異様な調子をもつ: have a strange echo-like effect in the stillness of afternoon
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 16
異様でさえある: be almost unnatural
吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 35
(人の)異様なまでの自責の念: sb’s appalling sense of guilt
ル・カレ著 村上博基訳 『リトル・ドラマー・ガール』(The Little Drummer Girl ) p. 33
何ともいえない異様な感動をうける: be astonished and moved
竹山道雄著 ヒベット訳 『ビルマの竪琴』(Harp of Burma ) p. 33
バランスを保つことに異様なほど気をつかう: keep that extraordinary balance provident
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 303
あらためてじっくり見なおすと、ぞっとするというよりは、むしろ異様な感じがする: On closer examination, it seemed bizarre rather than frightening
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 155
異様なおまけ: bizarre postscript
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 99
異様な一夜: a bizarre night
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 364
異様な儀式: a bizarre ceremony
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 33
異様な:bizarre
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 22
異様に太ったかぶらみたいな体型: a kind of very fat turnip-shaped body
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 317
背筋を異様にこわばらせた姿勢で腰かける: sit bolt upright
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 164
異様に盛りあがって: in increasing bulk
ハメット著 小鷹信光訳 『ガラスの鍵』(The Glass Key ) p. 210
城館自身がパッと内部から火を発したかと思うと、異様な光景でくっきり浮び始める: the chateau begins to make itself strangely visible by some light of its own
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 86
異様なまでにぶきっちょ: be extraordinarily clumsy
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 101
盗み聞きを恐れる(人の)異様な緊張感にのまれる: sb’s fear of being overheard is contagious
メイル著 小梨直訳 『南仏プロヴァンスの木陰から』(Toujours Provence ) p. 70
異様なまでに細長い手首: a curiously thin and elongated wrist
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 183
〜に異様な執着を示す: deeply in love with ...
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 140
異様さ: disordered nature
小松左京著 ギャラガー訳 『日本沈没』(Japan Sinks ) p. 30
どこか堅気らしくない異様さ: a slightly disreputable air
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 107
割り切れない、そして異様な気持になり: puzzled and disturbed at the same time
吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 11
異様に柔軟な関節:double-jointedness
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 147
異様な感情力学: screwed-up emotional dynamic
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 120
〜が少し異様に感じられる: produce a lightly weird effect
井上靖著 ピコン訳 『姨捨』(The Izu Dancer and Other Stories ) p. 10
異様なほど若々しい情緒に匂う文面だ: the letter seems to emit a fragrance of strangely youthful emotion
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 78
(人の)異様に熱心な口調: sb’s odd tone of enthusiasm
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 35
まったく異様な体験: an extraordinary experience
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 438
異様なまでに:extraordinary
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 69
異様に聞こえる: sound extraordinary
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 188
一種異様な姿だ: look mad and extraordinary
メイル著 小梨直訳 『南仏プロヴァンスの木陰から』(Toujours Provence ) p. 48
(人の)眼のうちに異様の光が出る: one’s eyes shine strangely
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 20
異様な光をその目に宿す: with a gleam in one’s eye
目の異様な光: weird out-of-kilter light in sb’s eye
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 289
異様に不気味な奇怪さはない: be surrounded by none of the grim and strange features
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 26
異様な熱意でリンクを滑りつづける: skate feverishly
バフェット著 芝山幹郎訳 『ジョー・マーチャントはどこにいる?』(Where is Joe Merchant? ) p. 192
見るも異様な格好に〜を頭に巻く: fold ... on one’s head in a manner hideous to behold
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 156
異様な軍団: ghostly legion
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 183
異様な光りが(人の)目に燃えあがる: a strange light glows in sb’s eyes
バック著 五木寛之訳 『かもめのジョナサン』(Jonathan Livingston Seagull ) p. 74
あの異様な小僧をそばにはべらせ: with sb’s grisly urchin beside sb
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 279
ぶうんと異様な音をたてて、機械が止まってしまう: machine have groaned to a stop
ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 30
異様に: be grotesque
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 255
異様に尨大で、威嚇するかのように見える: look grotesquely massive and threatening
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 146
異様に:grotesquely
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 478
異様さ:grotesqueness
辞遊人辞書
異様な臭気を発している: an unspeakable stench hanging over all
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 113
異様に重い: be unbearably heavy
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 38
異様に重たい: very heavy
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 285
顔の片側が異様に膨れ上がった: a hideous growth on one side of one’s face
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 151
異様に明るい電灯: high-intensity light
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 335
異様に敵意を燃やしている目: eyes so strangely hostile
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 21
この異様な感じに気づく: identify the odd quality
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の歌』(Dragonsong ) p. 104
異様なくらい:impossibly
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 456
何とも形容し難い異様な声音で拒絶の意を示した: respond with tha inarticulate sound of negation
スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 147
〜をとやかくいわれることに異様なほど神経質だ: be incredibly jealous of ...
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 401
異様に:inordinate
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 86
異様に強硬だ: be so insistent
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 187
異様な親密さ: weird intimacy
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 174
ねじれ、ゆがみ、異様に変形している: be twisted and buckled into strange shapes
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 408
めちゃめちゃにひんまがった異様な鉄塊: a crazy mass of jumbled twisted steel
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 246
誰かが物に憑かれたように、異様な光をその目に宿し、〜する: some maniac with a gleam in one’s eye is doing sth
〜について異様に控え目: quite unduly modest about sth
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 248
異様に殺気立った雰囲気: ominous nature
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 240
ツイート