× Q 翻訳訳語辞典
Keeton  

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

"So it has always been," Keeton agreed: 「これまではそうだった」キートンはあえて異をとなえない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 119
"Ayup," Keeton said tightly, and leaned close to the tin race-course: 「いいとも!」きびきびした口ぶりで返事をしたキートンは、ブリキの競馬場にいっそう身体を近づけた
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 239
Keeton decided he'd better stay away: あまり深入りしないほうがいい、とキートンは自分にいいきかせた
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 233
keystone of the Keeton financial structure: キートン家の財政の柱をなす
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 227
"Fuck the handicap space!" Keeton said, and slammed out: 「けっ、なにが身障者用スペースだ」キートンは叩きつけるようにドアを閉めた
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 120
"Wow," Keeton said, and grinned: 「わお」キートンは声を洩らし、にんまりとした笑みを浮かべた
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 237
Keeton looked down at the cigar for a long moment, as if meditation: キートンは、瞑想でもしているかのように、手もとの葉巻にしばらく眼を落としていた
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 119
My mother used to say Bill Keeton was a schizophrenic: ビル・キートンは分裂症だって、うちの母がよくいってたわ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 146
As far as Keeton knew, no one in his whole family had gambled: じっさい一族郎党を見わたしてみても、キートンの知るかぎり、彼の家系にはギャンブルをする人間はひとりとしていない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 227
"Okay," Keeton said, and moved to rise: 「ああ」キートンはうなずいて席を立とうとする
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 118
"Okay, that's it," Keeton said in a queer, toneless voice: 「ようし、そこまでだ」奇妙に抑揚を抑えた声でキートンが答えた
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 114
Keeton protested: キートンは抗弁した
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 242
"Damn right," Keeton rumbled: 「ああ、そうだ」低くひびく声でキートンが応じる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 118
"Whew!" Keeton said, and mopped his brow: 「ひええっ!」口から息を吐き、キートンは額の汗をぬぐった
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 240
If so, Keeton would get his gun and shoot him: もしそうだとしたら、キートンは銃をとりだし、一発ぶちこんでやるつもりだった
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 318
Slowly, very slowly, Keeton clenched his fist on the pink slip: じわり、じわじわじわりと、手にとったピンクの用紙をキートンは拳のなかで固めていった
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 310
Then Alan pushed out into the bullpen area again with Keeton at his heels: ほどなくアランは、キートンをうしろに従える恰好で大部屋に姿をみせた
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 117
Danforth Keeton whispered: ダンフォース・キートンはひそめた声をしぼりだした
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 265
"I'll kill him," Keeton whispered: 「ぶっ殺してやる」低い声でキートンはうめいた
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 310
Keeton whispered at the letter: 手紙にむかってキートンは低い声を洩らした
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 225
ツイート