× Q 翻訳訳語辞典
本人   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
he
   
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 83
him
   
それは本人にきいてみなければ: Well, we'll have to ask him トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 109
one
   
これが王さまにじきじきに口をきいた本人だ、このわしが: I’m one that has spoken to a King ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 115
oneself
   
パーネル本人もプレーオフには当然自分が先発するものと思っていた: Parnell himself fully expected to start in the playoff game ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 19
she
   
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 93

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

そろそろ(人)本人のことを聞かせてもらおうかな: I guess I better start asking around about sb
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 147
本人の言をかりるなら: according to one’s account
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 490
このさわぎ全体の張本人は、こいつとしか思えない: consider sb as the cause of all the mischief
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 190
意外にも、元日だというのに本人が出た: Amazingly, he answered his phone on New Year's Day
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 39
日本人の基本的な行動様式: a basic mode of behavior among the Japanese
土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 1
気をもたせておいて本人が登場する: make one’s own appearance grander
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 209
本人のと寸分ちがわぬ(人の)サインをする: apply one’s flawless imitation of sb’s signature
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 71
日本人が得意な物事の二面性の認識: Japanese awareness of the double-sidedness of things
土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 19
本人の言を信じる: be believed
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 471
本人に跳ね返る画策:boomerang
辞遊人辞書
本人がまいた種: bring it on oneself
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 89
これは本人の意思次第である: if one chose to
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 61
〜内部にコネがあると本人はいう: claim one have inside connections at ...
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 210
少なくとも本人は〜と言っている: at least one claims to do
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 150
日本人の間にかなり広く見られる: be fairly commonly found among the Japanese
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 123
日本人の心理の根底に巣喰っている極めて日常的なもの: be an extremely everyday underlying component of the Japanese mentality
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 156
日本人は建前と本音の二本立てで人間関係を営む: Japanese conduct human relations on the basis of the dual structure of tatemae and honne
土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 60
口火を切った張本人: the one who had started the conversation
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 117
日本人の好ましからざる特性: defects of the Japanese
土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 35
本人からの連絡はなにもない: have not received any direct word of sb
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 330
日本人の日本人たる所以を明らかにする: discover just what it was that made the Japanese what they are
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 5
ひとえに本人がまいた種だよ: He brought it on himself entirely
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 89
本人にもまだ聞いてみなければわからない: have not even heard sb’s side of the story yet
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 46
まっ先に〜する張本人: the first one to do
キング著 山田順子訳 『スタンド・バイミー』(Different Seasons ) p. 27
作為は、つねに本人が自身の利益のためにするのだ: when there’s a plot, it’s generally for the purpose of gain
松本清張著 ブルム訳 『点と線』(Points and Lines ) p. 108
本人の口から聞く: hear sth from sb
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 564
本人の意思をあざわらうように: as if sb can not help oneself
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 40
まぎれもない日本人の顔をしている: be the very image of average Japanese children
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 225
同時に大いに本人のためにもなっている: incidentally do sb a great deal of good
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 111
日本人の精神構造: psychological makeup of the individual Japanese
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 23
本人は身に覚えがないと断言する: swear one is innocent
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 69
〜した張本人は、〜である: it was sb who ...
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 237
必ずしも日本人だけとは限るまいが: be by no means unique to Japan
土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 127
本人が知っているかどうかはともかく: whether sb knew it or not
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 204
大振りの日本人形: large Japanese doll
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 113
本人は大まじめだが、聞くほうにはそれが皮肉にひびく: lend the question an unintended irony
カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 100
本人はまだ影も形もない: still no sight of our man
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 230
日本人の心情の中には〜がまかり通っている: sth still pervade the Japanese mentality
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 42
ふつう日本人は〜だ: most Japanese are ...
土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 18
全ての面倒を引き起こした張本人: the prime mover of all the trouble
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 178
日本人心理の特異性: peculiar nature of the Japanese psychology
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 6
(人)本人の存在より前に、視覚が(人の)存在を認識してしまう: be preceded by the visual notice of one’s presence
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 172
〜した張本人である: be the one to do
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 275
〜する張本人だ: be the one who does ...
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 188
本人そっちのけで: without sb’s participation
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 180
本人の自己評価に見合う金を払う: pay sb what sb thought sb was worth
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 230
本人の口から(人に)事情を説明する: tell sb in person
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 74
本人に:personally
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 60
その張本人はAAなんとやらという奴だ: that AA is the man behind the plot
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 155
案外本人の申し立てるとおりの人物かもしれないぞ: Possibly, I though, this man is who he says he is
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 211
そして今日でもなお、日本人の羊に対する意識はおそろしく低い: Even today, Japanese know precious little about sheep
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 176
もちろん本人も、自分が一点非の打ちどころのない案内人であることを知っていた: He was indeed a priceless guide, and he himself knew it
三島由紀夫著 サウンダーズ、シーグル訳 『暁の寺』(The Temple of Dawn ) p. 33
日本人心理の特性: special qualities of the Japanese psychology
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 7
日本人の集団指向性を裏付ける心理である: be the psychology underlying Japanese group-ism
土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 54
本人にもいささか意味不明の返事だ: isn’t quite sure what one meant by that
ニコルソン著 宮脇孝雄訳 『食物連鎖』(The Food Chain ) p. 153
本人を目の前にしたら(人にも)ちゃんと見分けがつく: recognize every one of them
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の反逆者』(The Renegades of Pern ) p. 239
日本人離れして: remote from everyday Japanese reality
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 12
本人の希望により: at one’s request
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 85
〜の張本人: be responsible for ...
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 40
本人がいいという: sb is satisfied
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 58
御本人たちはひとかどの権威だと思っている: take themselves very seriously
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『カリブ海の秘密』(A Caribbean Mystery ) p. 31
ツイート