× Q 翻訳訳語辞典
I have pain   訳語クリック→類語、*例文 †出典


I have pain: 痛むんだ
川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 55
the pain which have nagged sb all night: ゆうべからずっとつきまとっている痛み
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 200
ask if one have a favour in return for one’s pain: 〜してやる代わりに、ひとつ頼みがあると持ちかける
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 128
have the most painful and private aspects of ... transformed into public news: 〜のもっとも苦痛に満ちたプライベートな側面がニュースになって世間に流される
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 481
didn’t have a single day free from pain: 来る日も来る日も痛がる
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 280
won’t have any pain or discomfort: 痛くも痒くもならない
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 247
all one’s painful efforts have been for naught: あんなに辛苦したかいもなく
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 66
have been painfully embarrassed by ... at first: 最初のうち(人は)〜するのがなんとも億劫な思いだった
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 192
the pain sb have been expecting: 覚悟していた痛み
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 270
have griping pains in the stomach: 下腹がしくしくする
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 166
have taken pains to evade this harmless creature: さんざん骨を折って、この人畜無害な人物を避けてきた
ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 174
have a sort of painted stillness: 絵のように静かだ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 233
I hope that I have said nothing to pain you?: 何かお気にさわるようなことをいったのでしょうか
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 110
have been just repainted: ペンキぬり直したてなんだ
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 56
painful moments sb have ever known in sb’s life: (人の)人生のなかできつい瞬間
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 398
have been at pains to make that point: そう言い続けている
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 280
have been reduced in sb’s mind to a pain-in-the-neck: 完全に(人の)やっかいなお荷物のひとつにすぎなくなっている
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 230
doing have become a painful ordeal: 〜するのが、すごくつらいものになる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 423
have war paint all over one’s face: 顔一面に戦争のときのくまどりをしている
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 187