× Q 翻訳訳語辞典
Go on   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

Go on: はやくしろ
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 314
'Go on,' Alan said: 「いってろ、いつまでも」アランはとりあわなかった
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 85a
abandon the good fight on sth: 〜のことで逃げ腰になる
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 47
Luckily enough, the pain in my toes had abated by the time I got to Onoura: よくしたもので、大野浦へ着いたときには足の痛みが薄れていた
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 225
go beyond anyone’s ability to repair: だれにも手のほどこしようがない地点まで足を踏みこんでいる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 358
be able to go on: なんとか話をつづけられる状態にもどる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 359
about a month ago: 一月ばかり前
芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 48
you don’t go and kill oneself unless sb absolutely have to: 犬死するなよ
大岡昇平著 モリス訳 『野火』(Fires on the Plain ) p. 7
accept the deflection with good grace: そのはぐらかしを素直に受け入れる
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 334
Anyone who doesn't know you is not going to be as accommodating: きみを知らない人間だったらそんな簡単には金を貸してくれないよ
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロスノフスキ家の娘』(The Prodigal Daughter ) p. 264
go back of one’s own accord: (人が)自分から行くようになる
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 172
go on with this account: 語りつづける
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 198
blow whatever good time one have accrued: 手に入れた特典を台なしにする
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 330
Work is where one achieves such goals: 会社はそうした欲求を実現させる場だ
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 170
teach oneself to be outgoing and enthusiastic by an act of will: 意志力で外向性を養い、ファイトを外に出すよう鍛練する
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 293
with such active tongues and so much apparent leisure for gossip: これほど舌がよく回り、しかもうわさ話をする時間があり余っている
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 58
nothing have actually gone wrong: 実際には何も不都合はない
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 42
Actually, life in the bungalow seemed to go on pretty much as before: 率直にいって、バンガローでの暮しは以前とほとんど変わらないように思えた
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 98
fully register what is actually going on: 事態を把握する
バーンバウム著 土屋京子訳 『EQ〜こころの知能指数』(Emotional Intelligence ) p. 47
be going to be acutely valuable, pretty soon: まもなくたいへんな価値をもつ
ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 113
in addition to every other good thing about ...: まだいいことがある
go on administrative leave for ten working days: 十日間の公休をとる
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 283
after sb is gone: (人が)が引き揚げるのを待って
after months of serpentine nagotiations: 何か月もの交渉の果てに
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 90
after such a very strong hint that she ought to be going: ここまであからさまに行っちまえと仄めかされた以上
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 123
It was afternoon when we got off the train: 列車を下りたのは十二時過ぎだった
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 85
and I got to wondering about mushrooms again: わたしはまたしてもキノコに悩まされ、・・・
will never again feel like a good person: 自分を善い人間だなんてみなすことは二度とあるまい
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 490
go on inconclusively for ages: いつまでも勝負のつかぬ
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 84
I don't think God meant for church services to be so aggravating: 神様だって教会の礼拝をこんなに耳ざわりなものにするつもりはなかったはずだとわたしは思っている
デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 37
that has been a long, long time ago: いまにしてふりかえれば、遠い遠い昔の話だ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 253
long ago: とうの昔に
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 238
less than a month ago: ほんの一ヵ月足らず前〜したばかり
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 316
she was pretty enough to have been married long ago: きれいなお嬢さんでしたからねえ。もうとっくに結婚なすってらしても、不思議じゃないんですものねえ
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 333
sb’s resolve of only seconds ago crumbles: (人の)決心はたちまち崩れる
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 451
only a short time ago: さっき
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 125
only a minute ago: つい今しがた
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 43
not long ago: そんなに前じゃないけど
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 181
long ago and far away: 昔々、あるところで
long ago: その昔
long ago: とうに
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 215
long ago: とうの昔から
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 189
long ago: とっくに
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 60
long ago: もうずいぶん前から
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 223
long ago: もうだいぶ前に
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 288
have long ago formulated for ...: 〜のためにつねづね用意している
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 337
have long ago agreed on this: これは前々から打ちあわせをしていたことだ
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 81
have forgotten all such memories long ago: そんな記憶もとうに失なってしまった
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 440
have finished one’s bread some time ago: とうに自分のぶんのパンを食べてしまった
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 483
have been that long ago: もう、そんな昔のことになる
小松左京著 ギャラガー訳 『日本沈没』(Japan Sinks ) p. 30
have been planned long ago: はやくから予定されていた
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 201
had passed long ago: いまどき流行らない
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 7
died a long time ago: とうに亡くなっている
井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 23
be a long time ago: ずいぶん前の話だ
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 164
a very long time ago: 昔も昔、ほんとに大昔のこと
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 68
a long time ago: とっくの昔に
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 120
suffer agonies of remorse at sth: 〜に激しい後悔の念を覚える
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 163
say quite agonised: 身もだえしながら頼む
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 124
an agonising shortage of ...: 歯ぎしりしたくなるような〜不足
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 174
agonisingly slow procession: 苦痛なほどのろい歩行
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 254
agonist:競技者
辞遊人辞書
agonist:作動筋
辞遊人辞書
agonist:作動薬
辞遊人辞書
agonist:作用薬
辞遊人辞書
agonist:主人公
辞遊人辞書
agonist:主動筋
辞遊人辞書
agonist:主役
辞遊人辞書
agonist:主要人物
辞遊人辞書
agonist:新聞の私事広告欄に広告を出す人
辞遊人辞書
agonist:精神的葛藤で苦悩している人
辞遊人辞書
agonist:闘う人
辞遊人辞書
agonist:闘争者
辞遊人辞書
agonistic:競技の
辞遊人辞書
agonistic:論争好きな
辞遊人辞書
agonize:苦闘する
辞遊人辞書
be agonized over the confusing circumstances: 混沌とした事態を苦慮する
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 60
agonize:悶々とする
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 142
agonize over one’s dilemma: ジレムマに陥って、懊悩する
有吉佐和子著 タハラ訳 『恍惚の人』(The Twilight Years ) p. 268
agonize over one’s suspicions: さまざまな疑惑にさいなまれて過ごす
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 388
make it sound like an agonized confession: それがいかにも苦しい告白ででもあるかのように見せかける
カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 80
agonized:苦渋に満ちた
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 187
with agonized effort: 最後の力をふり絞って
スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 241
in a gesture of agonized rejection: とても信じたくないというように
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 154
agonized nervousness: ちりちりするような胸のざわめき
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 108
agonizing years after the defeat: 苦しい戦後
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 184
agonizing:苦しいほど
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 97
agonizing and sleepless night: 苦悶と不眠を過ごす
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 209
be an agonizing disappointment: 何とも歯痒く、苛立たしい
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 18
A lifetime ticked agonizingly by: 無限の時が、苦痛のうちに小きざみに過ぎて行く
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 167
be, at least, agonizingly aware of the easy money in the vicinity: 簡単にできる金儲けの口がここに転がってることを、知ることだけは身にしみて知っている
フィッツジェラルド著 野崎孝訳 『グレート・ギャツビー』(The Great Gatsby ) p. 58
be in agony: しまったと思う
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 101
stare at sb in dumb agony: 愚かさをむきだしにした顔をゆがめ、(人を)にらみつける
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 136
suffer great agony: 苦しい
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 274
suffer excruciating agonies: 七転八倒の苦しみをする
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 194
only draw out the agony: 苦しみはつのるばかりだ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 234
unspeakable agony: いいしれぬ苦痛
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 183
agony:苦痛
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 16
see years of agony ripple through one’s facial muscles: 積年の苦悶が(人の)顔を細かく、さざ波のようにひきつらせる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 356
Tweet