× Q 翻訳訳語辞典
won  
勝ち
   
nobody knows who won: 勝ちも負けもなくなってしまう フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 127

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

you won‘t believe what you’re about to see: これから信じられないことが起こるぞ
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 199
wonder sort of abstractly: もうろうとした頭をひねる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 263
Even long after, I wondered what force impelled them to such an action: 何の力が、かれらをこのような衝動に駆ったのか、のちのちまでも私は考えた
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 30
I wonder whether sb can actually see anything: ちゃんと見えているんだろうかね
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 20
actually wonder why ...: なぜ〜かといぶかる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 51
admire such wonders: そんな物珍らしさに熱中したりする
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 266
sb’s muscle structure just won’t take that strain time after time: 筋肉が、こういう緊張にくりかえし耐えうるつくりになっていない
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 305
and I got to wondering about mushrooms again: わたしはまたしてもキノコに悩まされ、・・・
the wonders of the ages: 当代の奇跡
wonder in alarm: 緊張して思いを巡らせる
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 303
there won’t be anybody left alive to do: 〜するやつなんか、ひとりも生かしちゃおきませんよ
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 253
wonderfully alive: いきいきとした
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 116
be wonderful time to be alive: まことに素晴らしい日々
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 406
won’t have wasted one’s time coming all this way: わざわざ来た甲斐があった
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 379
I wonder what this was all about: 何事があったんだ
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 186
won’t get along with sth: 付き合いきれない
有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 24
wonder aloud to sb what has happened: それにしても、いったいどうしたんだ、と大声でいう
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 391
eleven is already too early, George, they won't arrive till twelve: 十一時でもはやすぎるよ、ジョージ、むこうは十二時前にはこないから
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 421
wonder what one always do: いつもの疑問が頭にうかぶ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 176
have always wondered: かねがね不思議に思っている
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の探索』(Dragonquest ) p. 196
must always have wondered why ...: 〜事に、常々、御不審の筈である
井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 39
I know another place so cheap you won’t believe it: わたしの知っているところにいけばおどろくほど安い
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 64
won’t have to answer any questions about ...: ごちゃごちゃした質問に答える必要も生じない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 329
won’t take no for an answer: 簡単にはひきさがらない
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 63
wonder anxiously: 懸命に考える
ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 112
be always wondering anxiously: いつもはらはらとしている
竹山道雄著 ヒベット訳 『ビルマの竪琴』(Harp of Burma ) p. 183
wonder if one have registered any hits: 〜の砲弾は一発でもあったただろうか
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 253
it won’t turn anymore: いっぱいまで巻き上げる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 238
won’t have anything to do with sb: (人と)あまりお付き合いがない
フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 334
wonder whether it is an art one might apply to oneself: 自分自身にもこんな術をほどこせたらどんなにか素晴らしいだろう、と夢見る
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 114
wondering what I ought to say an appropriate leave-taking: キツカケがつかめない
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 156
won’t exactly approve of ...: いぶかしげな表情をしてしまう
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 126
the most wondrous arm in baseball history: 野球史上最強の剛腕投手
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 6
thing of art and wonder: 工芸品
He found out of his misery a wonderful articulateness: 彼は惨めな思いのなかから見事に明晰な表現法を見出した
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 165
no wonder we find ourselves as we are: わたしたち、ありのままの姿をさらけだしてるわけね
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 132
I won’t kill you for asking: まあ、聞くだけ聞いておきましょう
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 398
so that the authorities won’t get suspicious: 当局の目を逸らすため
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 16
I automatically tensed, wondering what had happened,: 何事か起こったのだろうか、と思わず私は緊張してしまった
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 151
avoiding interviews and wondering about the chances of an indictment: 起訴の可能性におびえながら、いっさい人との接触を絶って
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 286
wonder in awe if ...: 〜ではなかろうかと畏れの気持ちで思う
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 339
wonder in awe that ...: 〜と空おそろしい思いをする
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 470
Most of all they wondered what had become of the baby: 金棒引きの連中がとりわけ気にかけたのは赤ん坊の運命だった
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 54
Had he expected her to badger him? she wondered: わたしがしつこくちくちく皮肉を言うとでも思っていたのかしら、と彼女は思った
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 30
wonder what sb needed badly enough to do: いったい何がほしくて〜したのだろう
クラムリー著 小鷹信光訳 『酔いどれの誇り』(The Wrong Case ) p. 11
those bastards won’t listen: わかる相手じゃあねえ
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 192
your tidiness won’t bear much strain: 君のきれいずきもたいしたことはないね
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 137
one’s moral won’t bear much investigation: (人の)素行に関してほじくればいろんなあらも出てくる
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『カリブ海の秘密』(A Caribbean Mystery ) p. 145
beautiful and wonderful things: 美しき事物
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 202
Because you won't report me: だって、機関長はおれのことを届け出はしませんからね
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 415
suddenly for some reason or other, one begin to wonder if ...: ひょっとした機会から〜という気になる
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 175
begin to wonder why ...: 何故〜するのか理解出来ない
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 124
begin to wonder whether ...: ふと〜だろうかと思う
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 164
the Yankees won the game behind sb: (人)を立てたヤンキースが勝った
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 177
you won’t believe it: 信じないと思うけど
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 109
you won’t believe this: おどろいてはいけないぜ
池波正太郎著 フリュー訳 『秋風二人旅』(Master Assassin ) p. 134
you won’t believe sth: びっくりするぜ
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 387
produce a big evocative bwong sound: 現実へ引き戻すような、ぶおんという音をさせる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 207
I won’t bother complaining to the cops: 警察にたのむなんてまだるっこいことはしないからね
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 160
the bowl won’t stay put on a table: テーブルに茶碗も置けない
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 111
wonder briefly: 反射的に思う
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 114
the brightness of the roaring fires in ... is wonderful: 〜で赤々と燃えさかる火の美しさはひとしおだ
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 90
with hooded brimming wonder that is touching and frightening: 抑え難い憧憬と畏怖を覗かせて
スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 34
won’t bring off a winner to suit sb: (人の)お気に召すような勝者になりおおせるつもりはない
シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 60
He called around, and they won't budge without a Virginia search warrant: 空軍省から連絡をしたことはしたけれど、ヴァージニア州の操作令状がないかぎり、電話会社は腰を上げようともしない
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 186
But it makes me wonder what we're going to find next: それにしても、今度はなにがとび出すことかと思う
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 290
But you won and that's all that matters,: とにかく勝ったんだから、文句はないでしょう
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 299
Only he couldn't show the wonderful card he had bought: ただひとつ、彼は自分が手に入れたすばらしいカードを人に見せることができないだけなのだ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 103
cannot prevent oneself from wondering nervously what sb is thinking: (人が)何を考えているだろうと思うとそれが気になって堪らない
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 229
nothing there a little steel wool won’t take care of: 金たわしを使えば片づく程度の汚れだ
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 372
carried the stuffed animals she won: 彼女がかせいだぬいぐるみを、いくつもかかえて歩いた
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 196
wonderful devious, clever cast of mind: すばらしい頭の回転とごまかしの才
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 44
cause I‘m wonderin’: おれ、気んなってしょうがねえから
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 334
wonder about the chances of ...: 〜の可能性におびえる
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 286
what happen to work this wondrous change in sb: いったいなにが原因で(人は)これほどまでにすばらしく変わったのだろうか
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 296
wonder if there aren’t something of ... in one’s character: どうもいささか〜の気があるな、と自問する
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 106
be a wonderful man for starting a chase: 獲物を追いかける名人だ
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 80
look around ... with wondering eyes of a child: 子どもがふしぎなものでも見るような眼で〜を見まわす
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 315
the large and wondrous city: 大きくて見事な都市
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 39
in a wonderfully clear sky: 極度に透きとおった大気の中で
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 167
we won’t rest until we clear all this up: この決着をつけるまでは引き下がらん
シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 43
Which one of you clowns won't be here tomorrow?: お前らお調子者のうち、明日ここから消えてるやつは誰だ?
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 201
you won’t see me coming: いいかい、背中にしっかり眼をつけとくんだよ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 164
makes you wonder what the world’s coming to: まったくこの世も末だ
レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 258
be coming along wonderfully: たいへんな進歩だ
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 111
comment on ... not disparagingly, but in wonder: けっしてえらそうな言い方ではなく、たんに問いかけただけ
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 95
used to look with wonder at the black confessionals: よく驚異の念をもって黒い懺悔室を見やった
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 196
to one’s wonder and confusion: 驚きあわてて
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 125
wonder with a sense of confusion: 省みては汗顔の至りとなる
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 123
wonder why one and sb have never been able to connect: どうしてこうも反りがあわないのだろう
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 67sort
ツイート