× Q 翻訳訳語辞典
severity   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
きびしさ
   
<例文なし> 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 159
ただごとではない音
   
<例文なし> プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 365

堅さ
   
severity of one’s gesture: 動作の堅さ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 123
厳密
   
with much greater severity: いよいよ厳密に ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 313
質素な
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 8
   
be inclined to severity in one’s taste: 唐めいた趣味を持つ 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 167

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

speak with unexpected severity: 不意にきびしく言う
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 32
see the severity of the situation: ことの重大さを認識する
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 152
say with some severity: つんとしていう
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 94
say with some severity: 手きびしくいってやる
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 94
reply with great severity of tone: 生真面目にたしなめる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 389
Herr Kretzschmar continued, picking his words with much greater severity: ヘル・クレッチマーはいよいよ言葉を厳密にえらびぬきながら、先をつづけた
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 313
The severity of his inwardness almost seemed to demand it: 彼の内面の厳しさからして、それはほとんど必然の要請だったのだ
オースター著 柴田元幸訳 『鍵のかかった部屋』(The New York Trilogy ) p. 33
fantastic forms deprived of one’s usual severity: 夢幻的に、きびしさを消しさった表情
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 159
picking his words with much greater severity: いよいよ言葉を厳密にえらびぬきながら
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 313
the severity of sb’s inwardness: (人の)内面の厳しさ
オースター著 柴田元幸訳 『鍵のかかった部屋』(The New York Trilogy ) p. 33
an expression of pinched severity: ちょっと厳しい表情
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 40
ツイート