× Q 翻訳訳語辞典
rum   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
すごい
   
a rum life: すごい生きかた ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 369

奇妙な
   
rum thing: 奇妙 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 266

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

ace of trumps: 切り札
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 125
there have been actual rumors of insanity: 精神に異常をきたしたとの噂まである
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 174
sb’s resolve of only seconds ago crumbles: (人の)決心はたちまち崩れる
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 451
the rumor in vogue allege that ...: 〜と取り沙汰される
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 321
those outfits always have a broad spectrum: そういう団体には、いろんな種類の人間があつまるものだ
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 245
ambulacrum:歩帯
辞遊人辞書
ambulacrum:棘皮動物で放射水管の通る部分
辞遊人辞書
He swallowed, pulled the bottle away, and the grimace was not for the rum: 彼はごくりとあおって、びんをもぎはなしたが、そのしかめ面はラムのためではなかった
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 258
anestrum:無発情期
辞遊人辞書
grumble angrily: 怒りに声を荒らげる
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 461
the roar of the city arises like muffled drums: 外からはパリ市のどよもしが、まるで葬送用の鼓隊のように送られてくる
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 134
pass around rumour: うわさが流れる
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 286
look as frumpy as ever: ひどくやつれて見える
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 127
refer to as ‘rumors’: あくまで「うわさ」だという
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 207
rummy asshole: 飲んだくれの抜け作
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 244
assortment of rummage-sale sth and sth stack: がらくた市で買ってきた〜や〜の山
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 152
circulate authoritative rumors: まことしやかなデマを流す
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 71
crumple sth into a ball: (物を)くちゃくちゃにまるめる
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 100
baseless rumours: 根も葉もないうわさ
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 46
your basic rum drinker: 根っからのラム飲み
グールド著 芝山幹郎訳 『カクテル』(Cocktail ) p. 43
distant beating of the military drums in ...: 〜で鳴らす軍隊の太鼓の音
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 337
It crackled and bent and crumpled: 用紙はがさごそと音をたて、しだいにまるまり、しわくちゃになった
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 310
The trumpets were blaring for all they were worth: トランペットは一生けん命歌っています
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『セロ弾きのゴーシュ』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 223
breadcrumb:パンくず
辞遊人辞書
breadcrumb:ブレッドクラム
辞遊人辞書
breadcrumb:道しるべ
辞遊人辞書
breadcrumb:道順
辞遊人辞書
grumble under one’s breath: ぼそっとぶつやく
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 159
crummy little burg: チンケな町
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 94
buy sb rum collinses: ラム・コリンズを飲ませてやる
レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 386
trumped-up charge: でっちあげの容疑
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 121
the staccato drumroll in one’s chest: みじかくはげしいリズムを刻んでいた胸の動悸
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 281
circulate rumors that ...: 〜というデマを流す
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 71
there are some unsavoury rumours circulating about sb: (人に)ついてあまり芳しからぬ噂が出ている
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 124
a dull, rumbling echo comes: ごろん、ごろんと鈍い響きがきこえる
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 40
comes a huge, rumbling tractor-bus its side dull with sand: でっかいトラクター・バスがのろのろやってくるぞ、砂にまみれた車体
ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 61
conundrum:とんち問答
辞遊人辞書
conundrum:なぞ
辞遊人辞書
conundrum:なぞなぞ
辞遊人辞書
conundrum:なぞの人(もの)
辞遊人辞書
conundrum:解決困難な状況
辞遊人辞書
conundrum:地口なぞ
辞遊人辞書
conundrum:難問
辞遊人辞書
conundrum:判じ物
辞遊人辞書
these little instruments of correction: 少しばかりお前を懲らしめてやろうというこうした処置
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 218
other French crumb that we don’t get much good of: あまり役にも立たないガラクタ知識
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 160
pick up any crumb one can find, or make: 何かうまい材料でもあれば、どんな切れはしのような情報でもかぎつける
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 329
"So long, crumb-bum," she said: そして「じゃ、帰るよ、デクノボー」と、言いやがった
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 154
prestigiousness of the award crumbles: 賞の権威が落ちる
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 59
crumble:あちこちくずれる
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 394
an ancient, crumbling book: もろくなった古書
クック著 鴻巣友季子訳 『緋色の記憶』(The Chatham School Affair ) p. 81
Ted crumbles: テッド、もろくも丸めこまれる
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 216
crumble:瓦解する
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 431
crumble to the ground: 土のうえに倒れている
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 19
sb’s plans crumble: (人の)もくろみが頓挫する
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 432
crumble into a heap on the sofa: よろよろとソファの上に崩れ落ちる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 265
crumbling:くずれかかった
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 140
crumbling:ひび割れている
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 166
this crmuby place: このいやったらしい町
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 5
in one’s crumby way: きたないほうには
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 160
with one’s crumby hand: そのきたならしい手で
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 158
in a crumby way: いやらしいほうの意味で
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 99
crumby bastard: クソッタレ
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 70
be so crumby in one’s personal habits: だらしがない
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 74
really feel crummy: 惨めな気持ち
sb have a crummy sense of humor: 〜のユーモアのセンスは低劣きわまるときている
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 406
it is a crummy world: 世の中ろくなことはない
crummy-looking:見るからにみすぼらしい
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 291
crumpet:パンケーキ
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 118
an acceptable, crumplable length of sth: 丸めるに足る長さの〜
ベイカー著 岸本佐知子訳 『中二階』(The Mezzanine ) p. 119
crumple down in ...: 〜のなかにくずれ折れる
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 203
crumple:ぐしゃりとつぶれる
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 221
crumple:ばたばたと倒れる
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 337
crumple:まるめられる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 248
crumple up: まるめる
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 119
crumple the letter: 手紙を握りつぶす
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 296
crumple:丸める
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 56
the news crumple sb up into a weeping wreck: 知らせを聞いて涙が止まらないくらい打ちのめされる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 532
lie crumpled against ...: がっくりくずれ落ちて、〜にもたれかかる
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 244
floor was littered with crumpled pieces of paper: 紙くずが一面に散らばっていた
芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 39
crumple to the ground: くたくたとなり、地面に坐り込んでしまう
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 12
crumple sth in one’s hand: (物を)握りつぶす
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 124
be lying crumpled up into a sort of untidy heap: だらしなくからだを丸める
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 83
be lying crumpled up into a sort of untidy heap: ぼろの山みたいに体をまるめて
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 78
grab at the crumpled blue dress at one’s feet: 足元に丸まっていたブルーの服を拾いあげる
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 29
deal in rumour: 噂ばなしにふける
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 21
can not do sth without due regard for decency and decorum: 〜するときには礼儀作法に気をつけないわけにはいかない
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 5
even the most delicate of instrumentations: どんなにデリケートな器楽曲が演奏されていても
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 111
make a perfect fulcrum for one’s delivery: 球をリリースするときの絶好の支点になる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 227
instruments of modern detection: 近代的索敵兵器
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 217
do nothing to discount rumours: (噂を)話半分としてまともにとりあわない
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『暗殺者を愛した女』(Charlie Muffin-San ) p. 137
disquieting rumble: 落ち着かない記憶の疼き
ダニング著 宮脇孝雄訳 『死の蔵書』(Booked to Die ) p. 30
But Drumlin, plainly dissatisfied, only shook his head: が、ドラムリンは明らかに納得できない様子で、首をふってみせた
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 133
ツイート