× Q 翻訳訳語辞典
rattle   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
うずまく
   
rattle around in the average human mind: どの人間の心にもうずまく トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 279
かさこそと音をたてる
   
rattle softly: 遠慮がちにかさこそと音をたてる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 225
がたがたと震える
   
a rising wind makes some of the windows rattle: 吹きはじめたばかりの風が窓をがたがたと震えさせる ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 224
がちゃつかせる
   
one’s key begin to rattle in the lock: 鍵穴をがちゃつかせる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 270
がらがらと馬車が走って行く
   
rattle along over the moist roads: しっとりしめった街道をがらがらと馬車が走って行く ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 333
こきざみに打ちつける
   
rattle one’s knuckles on ...: 〜に両のこぶしをこきざみに打ちつける ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 265
そよがせる
   
rattle the palms: 椰子の葉をそよがせる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 335
とぶ
   
rattle off a series of orders: 一連の指示がとぶ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 189
びりびりとふるえる
   
slam sth hard enough to rattle the glass: ガラスがびりびりとふるえるほど荒々しい叩きつけようだ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 123
ぼやく
   
have to have one’s time to rattle on: まずはぼやかずにはいられない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 428
まくしたてる
   
rattle on endlessly about the pointless things: くだらないことをべらべらまくしたてる 吉本ばなな著 ワスデン訳 『アムリタ』(Amrita ) p. 96
rattle on: まくしたてる 安部公房著 カーペンター訳 『密会』(Secret Rendezvous ) p. 36

オモチャにする
   
be going to rattle sb’s bones till ...: 〜まで、(人の)骨をオモチャにしつづける ハメット著 小鷹信光訳 『ガラスの鍵』(The Glass Key ) p. 168
カタカタ
   
rattle and grind: カタカタ、グリグリ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 249
カチャカチャ鳴る
   
rattle like madmen: やけにカチャカチャ鳴る サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 245
カラカラ鳴らす
   
Hunger rattles its dry bones: 「飢え」が枯れ骨をカラカラ鳴らしている ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 55
ガチャガチャまわす
   
rattle the knob: ノブをガチャガチャまわす トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 95
ガチャガチャやる
   
rattle the knob: ノブをガチャガチャやってみる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 287

音を立ててきしる
   
with a weak rattle in its throat: まるで咽喉首でも絞めつけられるように哀れな音を立ててきしむ ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 94
音を立てる
   
<例文なし> 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 189
手荒く
   
rattle open a drawer: 手荒く引き出しを開ける トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 206
声をかける
   
rattle sb: (人に)声をかける ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 199
突つく
   
rattle ...: 〜を突つく エルロイ著 二宮磬訳 『ビッグ・ノーウェア』(The Big Nowhere ) p. 305
二三度空しく廻される
   
rattle harshly: 二三度、卑俗な音を立ててむなしく廻される 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 80
揺さぶる
   
rattle the bars of the cage: 檻の鉄格子を揺さぶる フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 228

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

the death rattle: 息をひきとる寸前
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 306
rattle the cage: 揺さぶりをかける
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 125
rattle sb’s cage: (人に)揺さぶりをかける
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 151
rattle of cutlery: 食器が触れ合う音
マキューアン著 宮脇孝雄訳 『異邦人たちの慰め』(The Comfort of Strangers ) p. 67
rattle down: 音をたてて落ちる
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 343
rattle around: ぶらぶらしている
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 42
rattle and vibrate: かたかたとゆれる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 239
rattle and rasp: きしるようなひびきをたてる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 128
get rattled: 舞い上がる
ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 267
the roar of exploding bomb, the rattle of the guns replying: 爆音と砲声
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 42
the iron gates are being closed with a jar and a rattle: 鉄門は、ギーッと大きなきしり音を立てて、しまりかけている
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 143
rattle off the name of ... on one’s type-writer: 〜の名前の一覧表を猛烈な勢いで打ち出す
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 14
rattle off one’s questions: 質問を矢のように浴びせる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 112
rattle a frightened tattoo: おびえきったようにバタバタと打つ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 306
don’t let ... rattle one: 〜は気にもしない
オブライエン著 村上春樹訳 『ニュークリア・エイジ』(The Nuclear Age ) p. 115
could hear sb’s feet rattling up one’s old stairs: 家の古い階段を、(人が)がたがた踏み鳴らしてあがるのが聞こえる
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 46
a curious clanking rattle: がらんがらんというすさまじい大音響
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 355
be engulfed in the roar of exploding bomb, the rattle of the guns replying: 爆音と砲声がたちこめている
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 42
rattle harshly: 二三度、卑俗な音を立ててむなしく廻されるたてて
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 80
Any chance you can rattle their cages and ask them to investigate: CIAから揺さぶりをかけて、捜査に腰を上げさせる手はありませんか?
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 151
there is a pebbly rattle: 雹の降るような音が耳を打つ
スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 25
a nice rattle-brained angel: 頭のからっぽな、素敵な天使だ
ハメット著 小鷹信光訳 『マルタの鷹』(The Maltese Falcon ) p. 48
Powell agreed that Saddam was saber-rattling: パウエルも、サダムが武力による恫喝を行なっているという意見には賛成だった
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 259
Still, I'll rattle the cage again, and see that they're awake in Bonn: とにかく、もういちど揺さぶりをかけて、ボンの目を覚ますようにしてみよう
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 125
with a wild rattle and clatter: 恐ろしい音をたてて
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 197
ツイート