× Q 翻訳訳語辞典
painfully   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
あがき苦しみながら
   
begin slowly and painfully to mount: のろのろと、あがき苦しみながら、のぼりはじめる スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 215
あんまり
   
be painfully clean: あんまり清潔すぎる ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 9
くるしいほど
   
its blue brilliance is painfully dazzling: くるしいほど碧く光る 遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 40
つらい思いをしながら
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 188
つらそうに
   
hobble painfully: つらそうに足を引きずる ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 36
とても
   
miss sb painfully: とても逢いたい レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 218
ひどく
   
one’s throat is painfully dry: ひどく咽喉が乾く 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 444
ひりひりするほど
   
painfully: ひりひりするほど ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 93
やっとの思いで
   
rise painfully to one’s feet: やっとの思いで立ちあがる マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 277
His head bowed, he hoisted himself painfully into his chair: 頭をたれ、彼はやっとの思いで自分のからだを椅子にもちあげた マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 251

含むところありげな
   
smile painfully: 含むところありげな笑顔を覗かせた スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 192
苦しい
   
seem almost painfully enlivened: 苦しいとも言えるほど活気づいている トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 131
苦しそうに
   
The words were spoken slowly and painfully: と、ぽつぽつ苦しそうに語りだした 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 401
'Oh, God!' Vallery bent his head, looked up again, slowly, painfully: 「なんということだ」ヴァレリーはがっくり頭をおとし、ふたたび緩慢に、苦しそうに顔をあげた マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 317
苦痛に耐えながら
   
climb painfully to ...: 苦痛に耐えながら〜まで上昇する バック著 五木寛之訳 『かもめのジョナサン』(Jonathan Livingston Seagull ) p. 21
自分でも厭になるほど
   
be painfully aware of ...: 自分でも厭になるほどよくわかる 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 46
充分
   
be painfully aware: 充分承知している ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 133
痛々しくなるほど
   
almost painfully shy manner: 痛々しくなるほど内気な性格 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 67
痛いまで
   
eyes are open almost painfully wide: 両眼は痛いまで瞠かれている 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 218
痛く
   
painfully strike sb’s eyes: 〜が痛く目にしみる 井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 40
痛切に
   
become painfully conscious of the texture of shore life: 痛切に陸の生活の手ざわりを思い描く 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 107
鈍重な動きで
   
painfully the MTB slews round: MTBは鈍重な動きで回頭する リーマン著 池央耿訳 『黒海奇襲作戦』(Torpedo Run ) p. 181

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

shoulders painfully stiff: 肩がひどくこっている
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 91
painfully thin figure: 細すぎる(人の)身体
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 29
the thought make one’s heart move painfully: そう思うと胸がきゅんと痛くなる
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 100
have been painfully embarrassed by ... at first: 最初のうち(人は)〜するのがなんとも億劫な思いだった
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 192
feel one’s heart slowly, painfully contracting: 左の胸のあたりがぎゅるぎゅるとゆっくり痛くなってきている
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 47
be painfully aware that ...: 〜を痛感する
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 76
be intensely, almost painfully aware of the fact that ...: 〜事を、身にしみて意識する
太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 149
labor painfully: 苦しげに動く
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 53
ツイート