× Q 翻訳訳語辞典
gin  
ジン
   
wash ... down with a bottle of gin: 〜をジンで流しこむ カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 380

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

abandoned logging camps: 伐採地の飯場跡
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 180
be so abject in one’s apologies that sb begin to feel sorry: 気の毒なほど恐縮する
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 15
be about to begin: 〜はもう目前だ
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 68
I said, abruptly hanging up to avoid further conversation: はらいのけるように、いきなり電話を切ってやる
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 173
the road begins to rise more and more abruptly: 道はますます急な上り坂になる
安部公房著 サンダース訳 『砂の女』(The Woman in the Dunes ) p. 9
The canary abruptly stopped singing: 同時にカナリアの声がやんだ
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 101
grudgingly accede to that request: しぶしぶながら〜の頼みを容れる
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の探索』(Dragonquest ) p. 261
accelerate under the dead weight of the lunging ...: 落下する〜の重みをのせて、みるみる加速する
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 63
be accented by rainbows of laundry hanging out to dry wherever sb looks: ズラリと干してある洗濯物がとりどりの色をして、なおのこと雑然とした雰囲気を助長させている
北杜夫著 マッカーシー訳 『どくとるマンボウ航海記』(Doctor Manbo at Sea ) p. 39
be almost impossible for sb’s imagination to accept: (人の)想像を絶するものだ
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 120
charm sb with extravagant accounts of one’s upbringing: (人を)波乱に満ちた身の上話で魅了する
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 222
begin an excited account of what one witnessed the night before: 昂奮して昨夜の逐一を話してきかせる
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 50
begin an excited account of ...: 興奮して〜の逐一を話してきかせる
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 50
without acknowledging ...: 〜を意に介さず
コイル著 村上博基訳 『軍事介入』(Trial by Fire ) p. 55
say, as if acknowledging that one have no control over ...: まるで自分で〜をいかんともしがたいと言っているようだ
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 76
each begins to listen actively to the other: ふたりが熱心に相手の言葉に耳をかたむけだす
フィシャー著 吉田利子訳 『愛はなぜ終るのか』(Anatomy of Love ) p. 22
begin actually to have confidence in ...: 〜が十分に信頼できるものであることを思い知る
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 13
set tongues and heads wagging, both in admiration and distrust: 噂に花を咲かせ、首をかしげる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 39
aero engine: 飛行機エンジン
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 463
begin to feel afraid of ...: 〜がだんだん怖くなる
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 225
as sb read sb begin to laugh afresh: 読み進むにつれて新たな笑いがこみあげてくる
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 64
stare after ... longingly: 乗りたくてたまらなそうな目で〜をじっと見送る
ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 27
Then she set sail for work again with her purse hanging over her arm: ハンドバッグを腕にかけた彼女は、あらためて仕事へ出かけていった
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 181
would have to begin again: これですべてが水の泡だ
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 113
can feel the pain beginning to assert itself again: 痛みがぶりかえしはじめている
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 203
begin to speak again: 突然口を利き出した
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 28
begin again: 再開される
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 258
be beginning to relax again: (人の)顔に安堵の色がもどる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 119
be already beginning again: 早くもぶりかえしてはじめている
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 356
one’s aging and ailing bodies: 年を経てだいぶ草臥れてきた体
begin to show signs of age: これから老年に向かう
有吉佐和子著 タハラ訳 『恍惚の人』(The Twilight Years ) p. 166
there begins an age of tremendous progress in ...: 目ざましい勢いで〜の進歩を開始する
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 25
sb’s age is beginning to show: (人)も年齢は隠せない
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 171
be beginning to show one’s age: 弱って来ている
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 119
a boy of one’s age begin doing: こんなに小さいうちから〜する
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 46
begin setting an agenda: なすべきことにとりかかる
オブライエン著 村上春樹訳 『ニュークリア・エイジ』(The Nuclear Age ) p. 136
begin aggressively: 気負ってはじめる
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 272
conduct feuds agin ...: 〜との闘争を遂行する
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 267
turn agin one’s dooty: 道に外れたことをする
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 120
an aging, somewhat forlorn part of town: 町のさびれた、うらびれた地域
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 271
a aging house: 古びた家
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 52
evil and aging face on the canvas: 画布上の次第に老いこんでゆく悪相
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 190
one’s skin is touched with the sign of aging: 肌の衰えがある
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 397
an aging star: 盛りを過ぎたスター選手
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 217
have grudgingly agreed to let sb have sb’s own way: しぶしぶ(人の)言い分をとおすようになる
三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 56
be already plunging way, way ahead into ...: 何時の間にかどんどんどんどんと〜に突っ走っている
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 240
beginning with the aid of sb, to unhook sth from ...: すぐさま(人の)手を藉りて、〜から(物を)取りはずしにかかる
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 181
begin to give oneself virtuous airs: 自分のほうがきちんとしてるなと威張ってみたくなる
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 134
begin to feel less alarmed: いくらか警戒心が弱まる
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『来訪者』(Switch Bitch ) p. 38
imagine how alarmed this would make sb: (人は)その時どんなに驚愕し恐怖するだろうと思う
太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 172
have taken to pills and alcohol, bringing on ...: 酒と睡眠薬ののみ過ぎが引き金になって〜
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 211
algin:アルギン
辞遊人辞書
begin to feel alive: 人間らしい気分を取り戻す
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 227
begin to infuse all areas of ...: 〜のすべての領域に浸透しはじめている
ステファン・シュミットハイニー著 BCSD訳 『チェンジング・コース』(Changing Course ) p. 11
in spite of all sb’s urging: どんなに(人が)すすめても
遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 50
you’re hanging all this on ...: その根拠は、〜だけでしょう?
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 505
the sweetest of all imaginable looks: この世にあれほど優しい目つきはまたとあるまい
E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 9
one’s hair hanging all around one’s face: ざんばらにふりみだした髪が、顔をおおいつくすように垂れ下がっている
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 159
it is all too much for sb who begin to do: それを見ただけで(人は)〜をはじめる
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 193
for all one’s obsession with avenging sb: 〜の仇を取りたい一心とはいえ
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 60
imagine what your informant is alleging: 情報提供者が何を申し立てているのか想像する
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 202
allow grudgingly: しぶしぶ同調する
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『狙撃』(Run Around ) p. 89
vouchsafe sb a quizzical, almost challenging glare: いぶかしむというより挑むに近い視線を(人に)じっとそそぐ
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 230
be almost singing: いまや歌いださんばかりだ
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 113
almost begin to despair of doing ...: 〜することにはそろそろあきらめかける
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 260
have almost no belongings: 持物はほとんどない
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 202
can almost imagine ...: 〜が眼の前に浮かびそうになる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 236
austere and almost grudging fashion: しみったれて冷ややかな、気が進まなげにさえ見えるやりかた
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 91
almost before the sixth-period bell stop ringing: 六時限目の終わりを告げるベルが鳴りやむか鳴りやまないうちに早くも
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 124
with sb’s belongings already in the car: 家を出る前から車に荷物を積んでおいて
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 395
These accommodations were always in an aging, somewhat forlorn part of town: おおかたの場合、町のさびれた、うらびれた地域だった
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 271
But the girls who worked for her were always changing: しかしチームのメンバーの女の子はしょっちゅう入れかわっていた
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 171
Americans begin to explore space: アメリカが宇宙開発に乗り出す
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 271
be rearing and lunging, rearing and plunging: もたげては突っ込み、もたげては突っ込みしている
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 156
begin anew: 新規蒔き直しをしてみる
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 274
hear the chorus of angels singing: 有頂天になる
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 55
begin angrily: ずけずけいいはじめる
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 180
begin angrily: ぷりぷりしながらいう
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 189
Flinging open the door, he announced: さっとドアをあけるや、召使は声高らかに告げた
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 162
cause much ringing of the handbells that announce special editions of newspapers: 号外の鈴の音の高鳴る
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 406
bells of cinemas announcing the beginning of their features: 開演前の映画館のベル
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 65
you are really beginning to annoy me: きさま、本気で私を困らせたいらしいな
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 108
annoyance is beginning to form in one’s mind: 頭の中に懸念がきざす
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 436
I thought of maybe hanging up if my parents answered: おやじかおふくろが出たらすぐ受話器をかければいいじゃないかとも考えたけど
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 106
antiaging:アンチエージング
辞遊人辞書
antiaging:老化防止の
辞遊人辞書
antibugging:盗聴防止の
辞遊人辞書
ravaging anxiety: 襲いかかる不安
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 265
start singing anyway: かまわずうたいだす
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 256
this jaw-wagging doesn’t seem to be leading anywhere: こんなたわごとをつづけていてもらちはあかない
ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 144
begin apologetically: 弁解がましく切りだす
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 256
sth have no apparent beginning or goals: (物に)これという端緒もなければゴールもない
コイル著 村上博基訳 『軍事介入』(Trial by Fire ) p. 37
one’s apparent lack of originality: 自分の独創性のなさを露呈する
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 50
imagination is applied to: 知恵を働かせる
ツイート