× Q 翻訳訳語辞典
flare   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
いきり立つ
   
Again, Ricardo flared: またリカルドはいきり立った ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 221
おこる
   
'To hell with what George wants,' she retorted, flaring: 「いいのよ、ジョージなんかほっとけば」彼女はおこってどなりつけた ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 279
ふくらませる
   
flare one’s nostrils in an insolent sneer: ふてぶてしく鼻をふくらませて鳴らす ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 274
ゆれる
   
the flame flares red and black in the breeze: 炎が赤黒く風にゆれる 遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 75

炎を上げる
   
the life flaring up undetected: 行間でひっそりと炎を上げているもう一つの人生 ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 8
残っている
   
adolescent acne still flared on ...: まだ思春期のにきびが残っている トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 160
松明
   
by the light of a dozen flares: いくつもの松明の明かりの中で ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 102
信号弾
   
fire off a flare: 信号弾を打ち上げる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 13
吊光弾
   
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 384
燃えあがる
   
feel the pain flare sullenly: 痛みがじわりと燃えあがる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 251
燃えさかっている
   
the sun flare like an orange ball on the horizon: 太陽が地平線にかかってオレンジ色のように燃えさかっている ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 54
末ひろがりの
   
flared features: 末ひろがりの造作 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 202
迸る
   
<例文なし> 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 31

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

slightly flared lapels: やや大きめの襟
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 17
signal flare: のろし
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 108
one’s nostrils flare: 鼻孔が大きくふくらむ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 122
lightning flares: 稲妻が走る
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 419
flare up, whoosh: ボッと燃え上がる
フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 377
flare up: めらめらと燃え上がる
井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 21
the initial bright flare of match: ぱっと燃えあがった火
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 429
one’s cheeks now flare with color: 頬はすでに朱を帯びている
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 121
exclaim, flaring up in anger: 癇癪を起こして言う
遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 39
flare-up between sb and sb: (人と人の)口論
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 165
ツイート