× Q 翻訳訳語辞典
club   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
クラブ
   
pick up a club: クラブを握る プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 135
club sb could join: (人を)会員にしてくれるようなクラブ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 222
club affiliations: クラブでのつきあい トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 71
サークル
   
join a club: サークルに入る レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 43

一団
   
球団
   
<例文なし> プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 206
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 311
同好会
   
join a club of ...: 〜の同好会に入会する 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 50
   
Haggarty’s supporters’ club: 親ハガティー派 ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 76
   
drive sb away from the fire with a club: 棒でなぐったところで、火のそばから追っぱらえやしない ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 20

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

make the club: メジャー入り
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 65
a clubbing: 袋だたきの目にあわされる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 285
it is almost nine o’clock before one reach the club: クラブに着かぬうちに時刻ははや九時になろうとしていた
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 188
billy club: 警棒
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 14
mugs decorated with bright yacht-club flags: 色あざやかなヨットクラブの旗がデザインされたマグ
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 399
young exquisites of ... balls and ... club windows: 〜の舞踏会や〜クラブの窓辺に現れる洒落気の多い青年
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 192
tireless health-club hours: ヘルスクラブで疲れも知らずに励む
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 48
He wanted to use the night-club,' Smiley suggested helpfully: 「この店を使わせてくれといったんですね」スマイリーが助け舟を出した
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 311
swipe wildly with the club: 棍棒をめちゃくちゃに振りまわす
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『狙撃』(Run Around ) p. 73
They drank, went to a strip club and talked old times: ふたりは飲んで、ストリップ・クラブへ行き、昔話に花を咲かせた
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 277
one’s Lion Club Good Citizenship Award: ライオンズ・クラブ功労会員賞
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 317
a member of the Club and everything: クラブその他もろもろの一員
ハメット著 小鷹信光訳 『ガラスの鍵』(The Glass Key ) p. 99
extravaganza at the Everlasting Club: 永遠倶楽部での酒池肉林
ニコルソン著 宮脇孝雄訳 『食物連鎖』(The Food Chain ) p. 65
a silly point of Club protocol: クラブのならわしにかんする他愛もない問題
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 380