× Q 翻訳訳語辞典
Who   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
だれ
   
who would be a good choice?: だれを推薦する? スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 188
who gives a fuck?: んなもん、だれが気にする? タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 243
who did you hear ... from?: 〜をあんたはだれの口からききました? トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 330
And besides--Vladimir who?: それに‥‥ウラジーミルだれだっけ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 28
だれか
   
who do you know who doesn’t need sth: だれか〜なんか要らないというやつに心あたりはないか クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 581
だれなんだ
   
who’s the guy?: だれなんだ、相手の男は? トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 277
どこのだれ
   
<例文なし> クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 161
どこのだれだ
   
who say ...: 〜などと言うのはどこの誰だろう フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 93
どっちが
   
who get to do first: どっちが早く〜するか ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 225
どなた
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 163

何者
   
who sb is: (人は)何者か トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 293
向こう
   
<例文なし> デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 15
素性
   
know who and why: 素性と動機を知る ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 121
誰が
   
who would ever think of doing?: 誰が勝手に〜できるものか 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 124

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

who they are: どんな相手
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 351
who sb is: 〜とは何者かと訊いた。
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 28
who sb is: (人の)身分
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 269
who one is: (だれかの)正体
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 15
who knows?: 神のみぞ知る
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 76
who knows what: なんだかわけのわからないこと
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 6
who knows: わかるもんか
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 349
who knows: 可能性はあるってことだ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 295
who knew?: 果たしてどうだろうか
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 452
who is it?: どなた?
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 299
who cares?: いいよ
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 136
who cares?: それがどうした
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 236
who cares?: どうだっていいじゃないか、そんなことは
who cares?: 関係なし
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 115
who are you?: 名乗れ
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 149
who ...: いったいどこのどいつなのだろう
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 225
who’s counting?: いちいち数える人はおらんでしょうな
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 140
who’s calling please?: どなたさま
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 189
a man who has circled the block many times: 歴戦の兵
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 58
you’re who you are: きみという人間
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 71
who wouldn’t do ...?: 〜しないやつがいると思うかい?
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 269
who would think that ...?: まさか、〜とは誰も思っていなかった
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 309
who would have thought ...: それにしても〜とはなあ
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 368
who wants to look at boring ..., anyway?: 〜なんか見たってつまらねえや
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 25
who the hell knows: わかったもんじゃない
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 192
who the hell ever ... ?: はいったいどこのどいつが
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 77
who the hell do you think you are?: そういうお前こそ誰なんだ
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 138
who the hell do you think you are?: 何様のつもりなの
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 47
who the hell cares?: 知ったことか
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 21
who the hell are you kidding?: ふざけたことをきくんじゃない
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 289
who say sb have to do ...?: 〜しなければならない法はない
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 348
who more likely to know ... than sb?: 〜について(人)よりもっとよく知っている人間がいようか?
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 155
who know better than sb that ...?: 〜を(人は)だれよりもよく知っているのだ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 249
who gives a shit?: 勝手にしろい
オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 125
who gives a fly’s elbow about sth: 〜なんて、知ったことじゃない
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 73
who even said it had to be like that?: 〜について人から聞いたことさえなかったのだ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 278
who else would be ...: 〜なやつがほかにいるか
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 242
who care if it be A or B: AだかBだか知らないけど、そんなのどうでもいい
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 211
who can blame sb?: 無理もない
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 75
who are you now?: あなた、何のつもり?
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 48
who am I to complain?: ぼくに文句を言えた筋合いか
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 392
want to know who have bought sth: 買い手の素性を知ろうとする
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 187
walk like a man who ...: 〜な人の足どりで渡ってくる
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 513
through the intercom system one ask who it is: インターフォンに向かって、どなた、と訊く
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 337
those who knew how to extract information: 情報をききだすすべにたけた者
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 311
the guy who goes to Europe and places: ヨーロッパ通の男
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 255
that’s who they are: そういうやつらだ
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 119
tell who sb is: (人の)ことがわかる
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 398
tell sb who I am: 自分のことを話す
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 105
sb, that is who: 答。(人)以外の何者でもない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 159
sb who knew ...: 〜と知り合いの〜
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 41
sb have done it, that is who: 犯人は(人)以外に考えられない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 315
one’s sense of who one is: 自分というものの実感
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 108
no matter who it is: 誰彼の別なく
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 57
look who’s been on holiday: 休暇旅行とはめずらしい
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 218
know who sb is: (人が)何者か知る
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 39
know who sb is: (人に)目をつける
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 255
keep wanting to know who this is calling: こっちの素性をしつこく知りたがる
レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 223
just see the first man who would make one wish for a different father: こんな人がお父さんだったらいいだろうなと、生まれて初めて真剣に思う
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 63
it is sb, perhaps more than any other person, who did: 〜したのは、誰あろう(人)である
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 33
if you didn’t do it, who did?: しかし、〜したのは、ほかの誰でもない、きみだ
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 233
give no clue as to who sb is: 正体を見破られないようにする
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 210
discover who was behind a plot: 黒幕の正体を突きとめる
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 100
be born who one is: (人は)(人と)して生まれてくる
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 71
and then who would care?: そうなればこっちのものだ
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 29
a man who doesn’t like to waste time: そうと決めたらぐずぐずしたりしない男
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 153
ツイート