× Q 翻訳訳語辞典
Sun   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
お天道さま
   
live to see the sun go down: お天道さまが昇るのをもう一度見られる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 314
お日様
   
The sun will be coming up any minutes now: もうじきお日様が昇るでしょう 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 107
お日さま
   
except on the side of the sun going to bed: もっともお日さまの沈む側だけは別だ ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 304

   
the sun bounces off the sidewalk into sb’s eyes: 歩道に反射する光がまぶしい フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 49
西日
   
with one’s back to the ferocious sun: 強い西日を背に受けながら 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 85
太陽
   
the sun shutters in and out of the clouds: 太陽は雲間に見え隠れしている スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 319
the sun is out: 太陽が顔を出す サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 183
the sun is bright: 太陽がまぶしく照りつける プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 196
the sun is blazing hot: 太陽がうるさい 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 204
the sun goes below the horizon: 太陽が地平線の下に姿を消す プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 161
the sun comes out from behind the tattering clouds: きれぎれになった雲のあいだから、太陽が顔を出す スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 124
the sun breaks above the mountains: 太陽が山の端から顔をのぞかせる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 261
lie in the sun up on the foredeck: 前甲板に寝そべって太陽を浴びる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 62
find inside oneself the sun of summer: 〜の心にはかっと真夏の太陽が輝くようである フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 166
feel the sun cook: 太陽に身をまかせる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 137
clothes which have spent a happy afternoon drying in the sun: 午後のうららかな太陽に照らされてさらりと乾いた洗濯物 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 155
be on fire in the self-consuming fashion of the sun: 太陽さながら、みずからを消耗させて燃える火に焼かれている トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 265
   
shoot the sun: 天測 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 21
every subject under the sun: 天が下の一切 マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 83
日焼け
   
want more sun: まだ日焼けしようとしている カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 348
日差
   
fierce summer sun: 強烈な夏の日差 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 210
日光
   
squint in the sun: 日光に目をしかめる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 186
日の当たる場所
   
move into the sun: 日の当たる場所に出る ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 64
日の光
   
the sun is really very bright indeed: 日の光のあかるいことといったらない ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 335
日ざし
   
a hot, unseasonable sun: 暑い非道な日ざし ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 334
never did the sun go down with a brighter glory on ..., than ...: それは〜のこと、やがて沈む日ざしが、こんなにも美しい夕映えの光を〜に投げかけていたことはなかった ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 7
the extraordinary sun: 強烈な日ざし ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 335
under a hot afternoon sun: 午後の暑い日ざしの下で クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 29
   
the sun was nearly set: 日はほとんど暮れ落ちた クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 162
   
the sun was coming in the window: 窓には陽があたっていた デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 391
shine in the sun: 陽を受けて光る プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 177
in the sun: 陽を浴びて プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 137
陽の光
   
let the sun come in: 陽の光を呼び込む プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 245
陽光
   
the soun touches the tops of the still trees: 陽光がパッと梢の頂をかすめる ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 228
the giver of one’s sun and rain: 陽光と慈雨の贈り主 ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 155
shine in the sun: 陽光のなかできらきらと輝く プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 120
garish sun: どぎつい陽光 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 49
brilliant sun: 麗らかな陽光 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 204
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 91

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

when the sun does down: 夕方に
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 112
under a scorching hot sun: 炎天下の
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 132
the bright disk of the sun: 日輪
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 445
setting sun: 夕日
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 88
Rising Sun flag: 日の丸の旗
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 150
really need sun: 真っ白な肌してる
レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 202
live without sun: 闇にひそむ
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 73
in the hot sun: 炎天下の
ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 46
everything under the sun: いろいろ
芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 31
evening sun: 西の太陽
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 202
bright rays of the evening sun: 西日
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 201
with the sun quickly setting and shrouding sb in dusk: 足のはやい夕暮れがあたりの薄闇を急速に深めて
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 18
whenever the sun goes in: ことあるごとに
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 15
under a blazing sun at ...: 陽がかっと照りつける(場所)で
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 255
think the sun rise and set on sb: (人の)生活は(人を)中心に回っている
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 513
the sun was hot: じりじりするほど暑い日だった
オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 74
the sun turned one’s complexion swarthy: 真っ黒に陽焼けする
小松左京著 ギャラガー訳 『日本沈没』(Japan Sinks ) p. 45
the sun shines on ...: 〜に陽がふりそそぐ
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 172
the sky under the setting sun: 夕暮れ時の空
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 22
the rays of the sun strike ...: 薄陽が〜にさす
遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 31
snooze in the sun: 日向でぬくぬくと微睡む
light skin protected from the sun by ...: 〜の白い痕が残っている
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 10
it is murderously hot, the sun burning down: 猛烈な炎暑だ
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 301
in such superb shape and so oiled-brown from the sun: 見事に鍛え上げられた体型と陽灼けで褐色に輝く肌を見ていると
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 180
hold a metallic sun reflector under one’s chin: 顎の下にアルミの反射板をはさむ
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 206
have one’s day in the sun: 栄光の日々を迎える
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 320
have finally melted away in the bright sun: 晴天ですっかり消える
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 275
glitter in the sun: ぎらぎらひかる
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『どんぐりと山猫』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 17
first beams of the sun: 朝の早い陽光
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 269
burning eye of the sun: 強烈な夏の日差し
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 166
beneath the blazing sun: 炎天のもと
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 171
before the sun goes down: その日のうちに
ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 308
and then grow light in the sun: 又急に明るくなる
井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 47
ツイート