× Q 翻訳訳語辞典
Ring   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
かかる
   
wait for the phone to ring: 電話のかかるのを待つ 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 188
be on one’s way out the door when the telephone rings: ちょうど出ようとしたとき、電話がかかる フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 50
ちりりんと鳴る
   
the kind that ring in antique shops when ...: 骨董屋で〜のときにちりりんと鳴る、あの手のベル プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 53
ひびき
   
have a beseeching ring: 懇願のひびきがある ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 490
a hopeless ring: 絶望的なひびき ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 361
ひびく
   
one’s own words ring strangely to one: 自分の耳に自分の言葉が他人のもののようにひびく ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 202

コック
   
put the ring back down after one is through: おしっこをしたあとで水洗のコックをもどす スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 154
セクション
   
<例文なし> ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 9
ブザーを押す
   
ring intermittently: 何度もブザーを押す トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 174
リング
   
climb into the ring: リングに上がる ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 268
be in the ring: リングにのぼる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 388

一味
   
the German hacker ring: ドイツのハッカー一味 ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 251
   
make a half ring: 半円形にとりかこむ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 333
押す
   
ring the doorbell: ドアベルを押す スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 126
響き
   
have the ring of truth: 真実の響きがある ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 42
have a ring of coldness and indifference: 何か冷たい響きがある 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 34
響く
   
have a rather unpleasant ring in one’s ears: (人の)耳にあまり快くは響かない 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 4
呼鈴
   
ring the bell: 呼鈴を押す 遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 7
指をかける
   
ring the bell: 呼鈴に指をかける 井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 41
指輪
   
twist the wedding ring around on one’s finger: 指にはめた結婚指輪をぐるぐるまわす トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 277
put one’s ring back on: 指輪をまた指にはめる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 65
make it to hard to wear sb’s rings: 〜したら、指輪がはめられなくなる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 89
have a ring on: 指輪をはめる デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 364
get sb’s ring off sb’s finger: (人の)指から指輪をむしりとる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 245
取り囲む
   
ring the entire room: ぐるりと部屋を取り囲む ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 103
戦いの場
   
step into the ring: 戦いの場に足を踏み入れる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 283
体がジンジンする
   
be ringing: 体がジンジンしている トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 173
電話
   
I ring you: わたしの電話がある ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 356
鳴り響く
   
ringing in one’s ears: 耳もとで鳴り響く スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 211
鳴る
   
starter’s bell ring: 出走を告げるベルが鳴る スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 233
ring faintly: 聞こえるか聞こえないかのような音で鳴る プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 256
almost before the sixth-period bell stop ringing: 六時限目の終わりを告げるベルが鳴りやむか鳴りやまないうちに早くも スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 124
   
a major spy ring: 大スパイ網 フリーマントル著 稲葉明雄訳 『亡命者はモスクワをめざす』(Charlie Muffin and Russian Rose ) p. 7
連鎖
   
the endless ring of corruption: 果てしない腐敗の連鎖 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 515
   
tie sb to the rings: 枷をはめる ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 130

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

ring-pull: つまみ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 130
ring up charges: カードを使う
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 96
ring up: こだまする
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 302
ring too “coarsely”: 耳障りながさつな音を立てる
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 186
ring out: 聞こえる
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 139
ring of truth: 真実味
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 195
ring of keys: 鍵束
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 325
ring finger: 紅差し指
川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 120
ring an extension: 内線につなぐ
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 27
ring a bell?: 心あたりはないか
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 249
ring a bell: ああ、と思い当たる
カズオ・イシグロ著 土屋政雄訳 『日の名残り』(The Remains of the Day ) p. 190
ring a bell: 思いあたる
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 286
ring a bell: 思い当たることがある
ring a bell: 心あたりがある
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 103
ring a bell: 心あたりはないか
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 34
Ring a bell: 覚えがない
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 256
hold the ring: 自説を通す
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 172
with sb’s jocular complaint about being deserted ringing in sb’s ears: 置いてけぼりは怪しからんと素頓狂な声を上げるのを尻目に
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『白い竜』(The White Dragon ) p. 502
the telephone begin to ring: (人の)耳に電話のベルがひびく
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 180
the name does not ring a bell: そんな名に覚えはない
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 414
sth ring no bells with sb: (物事に)心当りがない
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 274
something doesn’t ring true: どかか腑に落ちないところがある
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 154
sit down at once, in a large ring, with sb in the middle: さっと腰をおろし、(人を)かこんで大きな車座をつくる
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 38
seem to have the ring of truth: 真実だと思う
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 260
sb’s confusion rings a little false: わざと鈍感そうに喋る
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 25
ring with vigorous legal arguments: 耳もとで法律論が戦わされる
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 6
ring out true enough: 音程はちいとも狂うとらん
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 99
ring for the nurse: 看護婦を呼ぶベルに指をかける
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 204
ring down through the years: 数十年を経た今なお(人の)耳の奥にこびりついている
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 224
ring a lot of bells: 大いに注目される
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 336
really begin ringing bells: とんでもない波紋を起こしてしまう
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 192
one’s voice take on a hollow ring: 〜の声が虚しくきこえる
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 157
let it go on ringing: 鳴らしっぱなしにしておく
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 19
give one’s voice the guttural Russian ring: ロシア語訛りをひびかせる
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 283
does ring a bell: なんだか聞いたことがある
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 159
dimly aware that it do not ring quite true: どことなくこじつけめいた気もする
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 250
command ringing in sb’s voice: かさにかかって怒鳴りつける
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の反逆者』(The Renegades of Pern ) p. 100
cause much ringing of the handbells that announce special editions of newspapers: 号外の鈴の音の高鳴る
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 406
cases with a compassionate ring: 共感性のあるケース
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 282
can not bear to let a phone go for more than a ring or so: ベルが一度でも鳴ると放っておけない
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 155
before the New Year has been rung in: 年が開ける前に
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 181
a voice ring out, tumultuously in ...: 〜を激しくかき乱すような声でこう叫んだ
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 258
ring all sth: (物に)虱つぶしに電話する
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 41
ring old bells: 記憶の鈴を鳴らす
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 375
ring an immediate bell: 〜でぴんとくる
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 99
But it beats hell out of a mood ring or a mantra when it comes to comfort: とはいえ、心の慰めを考えるなら、気分の変化が色に出る、あのムードリングと呼ばれる指輪も、ヒンドゥー教の呪文、マントラも、ガミー・ランプには遠くおよばない
ring hollow cacophony: 騒々しいうつろな音をたてる
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 12
all these years of feeling comfortable in the ring: リングの上でぬくぬく楽してきた思い出
ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 257
the phone continues its insistent ring: なおも電話が執拗に鳴り響いている
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 116
ring the daylights out of that bell: あの鐘をそれはもう派手に鳴らす
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 365
have one’s office on the E-ring of the Pentagon: 国防総省のEりんぐにオフィスをもっている
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 63
ring in sb’s ear: (人の)耳にのこる
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 129
endless ring-a-rosy of a childhood song: 童歌はなおも耳の奥に際限もなく谺を重ねている
スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 91
the far side of the ring: 舞台の反対側
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 67
a harsh, metallic ring: 鋭い金属音
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 226
one’s home ring: いつもはめている指輪
ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 136
They ring a bell and you hop: 客がベルを鳴らすと、こっちはぴょこんとホップする
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 18
ring off hopelessly: やりきれぬ思いで電話を切る
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 180
the telephone ring and one ignores it: 電話が鳴っても応答しない
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 193
sb’s voice has an insincere ring: (人の)声がそらぞらしく響く
吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 16
kiss sb’s ring: 土下座する
トゥロー著 上田公子訳 『推定無罪』(Presumed Innocent ) p. 147
do look like an engagement ring: あたしの婚約指輪と見られる
川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 119
ring out: むこうでベルが鳴る
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 135
When he got to the door he would not pause to ring the bell, oh no: ドアの前に立ったゴーントさんは、ああなんとしたことか、足をとめてベルを鳴らしたりはしない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 127
push through the ring of harpers: 竪琴師をかこむ輪を割って入ってくる
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の歌い手』(Dragonsinger ) p. 20
a quick-rolling ring: ころころと転がっていく指輪
ル・グィン著 浅倉久志訳 『風の十二方位・解放の呪文』(Wind's Twelve Quarters ) p. 117
the puzzle ring is reassembled: 謎の輪が閉じる
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 192
special ring: 合図
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 171
a strident, off-pitch ring: 不快な調子はずれのベルの音
ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 23
systematically ring every sth: (物に)虱潰しに電話をかける
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 170
ring bells for things: ベルを鳴らして用を言いつける
O・ヘンリ著 大津栄一郎訳 『オー・ヘンリー傑作選』(41 Stories ) p. 200
ツイート