× Q 翻訳訳語辞典
Obsession   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
やむにやまれぬ
   
obsession of one’s duty: やむにやまれぬ義務感 スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 97

一心
   
for all one’s obsession with avenging sb: 〜の仇を取りたい一心とはいえ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 60
確執
   
<例文なし> ダニング著 宮脇孝雄訳 『死の蔵書』(Booked to Die ) p. 37
固定観念
   
<例文なし> 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 145
執着
   
what accounts for one’s obsession?: どうしてこんなに執着するのだろう 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 82
obsession with ...: 〜への執着 レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 177
a certain obsession with trees: 樹木に対する一種の執着 ル・グィン著 浅倉久志訳 『風の十二方位・解放の呪文』(Wind's Twelve Quarters ) p. 113
執念
   
become an obsession with one: (人の頭には)〜への執念が凝り固まる 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 34
執念の深さ
   
sense sb’s obsession: (人の)執念の深さを感じる ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 49
情熱
   
be far from understanding this obsession: この情熱を解明したとはいいがたい フィシャー著 吉田利子訳 『愛はなぜ終るのか』(Anatomy of Love ) p. 50
親馬鹿ぶり
   
obsession with that wretched daughter: あの馬鹿娘にたいする親馬鹿ぶり ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 172
生活に欠かせないもの
   
become a obsession: 生活に欠かせないものとなる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 65
想い
   
as the obsession grows: 想いがつのるにつれて フィシャー著 吉田利子訳 『愛はなぜ終るのか』(Anatomy of Love ) p. 33
熱狂ぶり
   
<例文なし> レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 189
妄執
   
the obsession have turned sb crazy: 妄執に取り憑かれ、狂気への道をたどりはじめる ダニング著 宮脇孝雄訳 『死の蔵書』(Booked to Die ) p. 40
Obsession our new masters were pleased to call it in their findings: 妄執--われらのあたらしいご主人がたは、調査報告のなかでうれしげにそうよんだよ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 74

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

that is how one’s obsession is born: こうして(人は)〜の魔力にとりつかれたのだ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 231
reflect one’s obsession with ...: 〜が大好きなことに由来する
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 62
marvel at sb’s vulgar obsession: (人の)思考回路の単純さにほとほとあきれてしまう
オースター著 柴田元幸訳 『幽霊たち』(The New York Trilogy ) p. 88
ludicrous obsession with the illusory bright side of things: 度外れした調子のよさ
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 343
become a kind of obsession with sb: (人の)頭にこびりついて離れなくなる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 99
People who had loathed and despised his ludicrous obsession: 口先だけのいい加減さが鼻につき顰蹙していた人々
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 343
that is how one’s obsession was born: こうして(人は)〜の魔力にとりつかれたのだ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 231
self-obsession:とりつかれた
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 10
His parents tolerated his obsession, but did not encourage it: 両親はレリベルドがベースボールに夢中になるのを黙認してはいたものの、あまりいい顔はせず、
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 113
ツイート