× Q 翻訳訳語辞典
I suppose   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

I suppose: 〜だが
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 170
I suppose: 〜というんですか
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 96
I suppose: 〜よね
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 132
I suppose: らしい
デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 167
I suppose: 思うに
デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 18
I suppose: 怖らくは
井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 8
I suppose his name actually constitutes a melody, then: すると彼の名前はちゃんと旋律になるわけか
ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 95
Illness again, I suppose: やっぱり病死?
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 23
I suppose that’s all right: それならそれでいいんですけど
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 78
I suppose that in one form or another it always was like that,: 大なり少なり、前からそうだったといっていい
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 381
An awful crowd as usual, I suppose: 例によって、くだらない連中ばかりだろうな
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 70
I suppose that ..., but ...: 〜だろうが
小松左京著 ギャラガー訳 『日本沈没』(Japan Sinks ) p. 75
I suppose that is comforting: それがせめてもの慰めだったのだろう
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 123
"I suppose it's all basically equivalent," I said, thinking out loud: 「基本的には、ぜんぶ同罪ってことになるのかもしれない」僕は頭の中を整理するように言った
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 96
I suppose there’s some good reason why ...: どうして〜なんだろうねえ!
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 10
I suppose it will have to: それよりしかたがない
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 70
I suppose I will have to do ...: 〜してみなくちゃな
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 135
I suppose he's your next stop, is he?: そいつがきみの、つぎなるねらい目だろうね
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 385
I suppose you know how nervous I must be: わが心のおののきは貴女様もお察しくだされたことと思います
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 144
I suppose inevitably ...: これは当然の成り行きかもしれないが〜
メイル著 小梨直訳 『南仏プロヴァンスの木陰から』(Toujours Provence ) p. 95
knowing sb, I suppose ...: (人)のことだ、〜だろう
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 373
I suppose that means ...: 〜わけね
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 114
I suppose the sea is permissible to a certain extent: 海は少しは許すべきものだよ
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 52
I suppose I’m not the person to say so, but ...: 自分の口から言うのもなんですが
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 127
'I suppose I have to open it some time,' he said reluctantly: 「どうせあけなくてはならんのだが」と、気重げにつぶやいた
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 195
I suppose you’re right, but: そうかもしれんが
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 69
I suppose you’re right: そういうもんかもしれないな
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 159
I suppose I should not to be saying this myself, but ...: 自分でいうのもなんだが
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 78
Grinned and bore it, I suppose you'd say: つらくてもほほえみを絶やさず……なんて冷やかされるかもしれませんね
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 57
I suppose you could say that: そんなところです
吉本ばなな著 ワスデン訳 『アムリタ』(Amrita ) p. 43
I suppose it sounds silly: そりゃまあ、ばかばかしく聞こえるかもしれません
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 326
yes, I suppose so: そうですわ
川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 101
How stupid am I supposed to be?: おれがそんな阿呆だとでも言うのか
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 119
I suppose ...: 〜だろうよ
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 98
I suppose that ...: 〜といっていい
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 381
I suppose that ...: 〜かもしれない
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 519
I suppose that ..: 〜だよ
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 52
I suppose that ...: 〜だろう
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 380
I suppose that ...: まあ〜だろう
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 381
I suppose that ...: 〜だろうね
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 385
I suppose that ...: 〜ですからね
小松左京著 ギャラガー訳 『日本沈没』(Japan Sinks ) p. 16
I suppose it is: らしいな
小松左京著 ギャラガー訳 『日本沈没』(Japan Sinks ) p. 29
how stupid am I supposed to be?: おれがそんな阿呆だとでも言うのか
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 119
what am I supposed to do if ...: 〜だと困るでしょ?
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 66
what am I supposed to be doing?: 俺が〜しているということはどういうことなんだ
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 69
I suppose that ...: 〜だろうな
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 128
I suppose that ...: 〜なんだね
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 149
I suppose it: なるほど
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 155
I suppose I have to do some time: どうせ〜しなくてはならない
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 195
I suppose ...: 〜かしら
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 34
I suppose ...: 〜なのだろう
デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 24
I suppose ...: 〜のでありましょう
遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 21
I suppose ...: どうやら
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 152
..., I suppose: 〜か
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 104
..., I suppose: 〜かね?
芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 49
..., I suppose: 〜とちがうか
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 133
..., I suppose: といいますか
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 93
You're visitors, I suppose: 君たちは参観かね
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 81
well I suppose I did: うん。そうだな、そうかもしれない
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 519
Well, I suppose it's the slow season for news: なにしろ、ニュースのほうも、夏枯れですからね
小松左京著 ギャラガー訳 『日本沈没』(Japan Sinks ) p. 16
Now I suppose you are wondering why on earth I am telling all this: おそらく、いったい何の話だ、と首を傾げておいでのことだろう
I'm not supposed to admit that, am I: あら、こんなこと、わたしが洩らしちゃいけませんわね
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 337
don’t always work the way sth is supposed to: 効くと思って飲んだ〜が思ったほどに効かない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 330
It was supposed to be, but the arrangements got all screwed up: そのはずだったんだが、予定がすっかり狂っちまったんだ
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 50
aren’t you supposed to be in school today?: 今日は学校はどうしたんだい?
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 210
be hardly the way sb is supposed to behave: (人の)なさることとはおもわれませぬ
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 45
be suppose to be on one’s good behavior: 謹慎中
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 434
this supposed business with sb: (人が)やったと思われる今度の事件
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 193
it is supposed to cure ...: 〜を癒やすとうたっているようだ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 327
part of the deal is that one are supposed to see that ...: 〜が契約条件のひとつになっている
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 277
be not supposed to die that way: あんな死にかたをしてはいけないわ
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 238
suppose things might be different now: いまはどうだかわからない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 254
I don’t suppose it will be difficult for you to guess ...: 〜か、大方の見当はつくだろう
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『カリブ海の秘密』(A Caribbean Mystery ) p. 121
be supposed to discount sth: 〜だって、無視するわけにはいかない
ベイカー著 岸本佐知子訳 『中二階』(The Mezzanine ) p. 34
supposed distance of the shot: ショットの予想飛距離
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 327
due to the supposed achievements of sb’s past: (人の)過去の業績を想像して
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 70
ain’t we supposed to be lookin at each othah: ぼくたちってさあ、こうやって見つめあう運命だったんだよねえ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 134
be supposed to be easier to do: いくらか楽に〜できるようになるのだ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 177
suppose sb will even do ...: (人)だって〜するはずだ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 279
You don't suppose they show me and tell me everything, do you?: なにからなにまで話してくれたり見せてくれたりはしないだろう?
アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 140
I don’t suppose sb’s experience has gone very far: (人の)経験がそれほど豊かだとは思わない
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『カリブ海の秘密』(A Caribbean Mystery ) p. 190
manage to find someone who supposedly knows ...: 〜について知っていそうな人間をどこかから見つけ出してくる
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 305
be almost forced to suppose it: そうととるよりほかはない
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 11
sb supposed a kind of a friend: 友達といってもまあおかしくはない間柄だ
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 299
be supposed to get one’s mind off one’s troubles, right?: 気分転換をしろといわれている
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 235
where I was supposed to go: どこへ行ったものか
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 238
how in God’s name are the two of them suppose to ...: おいおい、たったふたりで〜するつもりなのか
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 195
But suppose I'm a good ballplayer: でも、もしかしてぼくが一流の選手になれたとしたら、
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 111
it is something that is supposed to happen: 最初から決まっていることだ
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 215
He supposed he would do it again, however: しかしアランは、自分がもう一度そう呼ぶことを予期していた
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 78
be somewhat illusory to suppose ...: 〜と考えるのはいささか現実ばなれしている
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 90
what sb is legitimately supposed to do: (人の)本来の務め
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 136
nobody was supposed to mean it: どちらも本気でこんなことをするはずではなかった
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 172
no wonder sb be not supposed to mention ...: (人が)口止めされているのも無理はない
ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 71
never understand what that is supposed to mean: そう言われると、いつも、どういう意味かと思うのよね
フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 33
be supposed to be smart once in a while: (〜なら)たまには気の利いたことを言うものだ
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 529
penetrate the supposedly tight security: 厳重なはずの警戒を突破する
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 197
He was supposed to be placid: 彼はのんびり屋だと思われている
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 67
it presupposes ...: 前提となる〜
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 364
He's supposed to be keepin an eye out for speeders: あいつ、あそこでスピード違反の車に眼を光らせてることになってるんだけど
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 14
suppose one could say it isn’t all that strange: 当然のこととも言えようが
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 198
summertime was supposed to be a love-in there: 夏を迎えたこの街ではいたるところで愛の集会がひらかれているはずだった
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 254
one do, while one is supposed to do: (人が)〜する。それは〜しているはずの時間だ
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 243
don’t have that kind of supposing left in one: (人には)そんな風に思える力が残っていない
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 71
who is sb supposed to be?: (人とは)いったいだれなのだろう
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 354
turn what’s supposed to be ... into ...: 本来なら〜であるはすのものを〜に仕立てる
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 179
thing the way one be supposed to: まともなこと
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 66
suppose you’re right: かもしれんな
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 273
sb is supposed to do ...: (人は)、〜だとか
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 231
little supposing: つゆ知らず
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 94
I don’t suppose sth can wait?: 先のことではいけませぬか
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 238
I’m not supposed to do, am I: あら、こんなこと、私が〜しちゃいけませんわね
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 337
hey, I don‘t think you’re supposed to be doing that: 君それはいけないじゃないか
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 158
be supposed to get in touch: 〜するように言われる
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 304
be supposed to be thinking of a pretty girl in a blue dress: ブルーのドレスの美人を頭においている
ル・カレ著 村上博基訳 『リトル・ドラマー・ガール』(The Little Drummer Girl ) p. 43
be supposed to be a sign of the new Germany: 新生ドイツ帝国のシンボルを自称する
ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 36
Tweet