× Q 翻訳訳語辞典
I say   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

I say: ところで
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 81
"Whatever I say" he told them, "you agree.": 「おれが何を言っても、口を合わせるんだぞ」と二人に言い含めた
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 51
there’s no need to go ahead of what I say: わたしの聞くことをさき廻りしないでください
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ひらいたトランプ』(Cards on the Table ) p. 74
I always mean what I say: わたしがこう言ったからにはどこまでも本気なんだからね
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 242
We'll borrow the wisdom--or should I say the cunning?--of the ancients: こうして古人の故知、または小細工を真似ましょう
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 21
I say so because ...: 何故といって
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 145
because I say so: どうしても駄目なんだ
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 49
I say as we are moving briskly ahead of Peter, on our way out,: スターンと一緒にピーターの先を越して足早に部屋を出る
トゥロー著 上田公子訳 『推定無罪』(Presumed Innocent ) p. 316
I say you're a cop: あんたはデカだろうが
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 39
when I say that it means a deal: わたしがこういうからには並大抵のことじゃない
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 158
sb will hear everything I say: (人に)話がつつ抜けだ
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 87
and I say only if: これはあくまでも仮定の話だが
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 173
I’m not kidding when I say ...: 〜というのは誇張ではない
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 191
I say nothing about the social mistake: きみたちの結婚の身分違いということについてはなにも言うまい
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 150
How do I say this without sounding sappy?: やれやれ、いったいどういう言葉を使って表現すればその馬鹿馬鹿しさを回避することができるのだろう?
オブライエン著 村上春樹訳 『本当の戦争の話をしよう』(The Things They Carried ) p. 78
I say that ...: 〜といってやる
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 311
I say: こら
芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 56
I say ...: 〜だろうが
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 39
I say ‘...’: 私はあえて「〜」という
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 262
what can I say: 世の中はわからないものだ
ダニング著 宮脇孝雄訳 『死の蔵書』(Booked to Die ) p. 27
feel absolutely have to say something: どうしても黙っていられない
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 93
have absolutely nothing to say to ...: 〜に言うべきことがまるで何もない
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 393
say with an absolutely straight face: まことに真剣な口調で言う
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 185
say in one’s never-ruffled, absolutely placid voice: 決して荒げたことのない落ちつきはらった声で言う
ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 103
say in a broad AA accent: 強いAAなまりでいう
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 285
as if to accentuate the horror of what one is saying: いかにも恐ろしいことを話しているのだといわんばかりに
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 88
it is more accurate to say that ...: 〜と考えるほうが真相に近い
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 87
say acidly: きつい口調でいう
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『カリブ海の秘密』(A Caribbean Mystery ) p. 32
say sb, acidly: とげのある口調でいう
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『カリブ海の秘密』(A Caribbean Mystery ) p. 213
say acidly: 少し苦々しい調子で答える
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『葬儀を終えて』(After the Funeral ) p. 288
say as if acknowledging that one have no control over ...: まるで自分で〜をいかんともしがたいと言っているようだ
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 76
say ‘no’ right across the board: 何を訊かれても知らぬ存ぜぬで押し通す
ハメット著 小鷹信光訳 『マルタの鷹』(The Maltese Falcon ) p. 156
say aloud, confirming the action to oneself: 手の動きを声に出して確認する
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 12
actually say something funny: 妙なことばっかり言う
フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 37
actually say it: ほんとうにそういう
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 254
say ... in adamant frustration: 〜と、裏をかかれた事実を頑なに主張する
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『狙撃』(Run Around ) p. 320
say with obvious admiration: 言葉には賛意がこもっている
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 86
say to sb in admiring tone that ...: (人に)〜だといってさも尊敬したらしい口の利き方をする
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 170
say admiringly that ...: 〜といって感心している
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 46
say in an admonitory voice: たしなめるようにいう
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『カリブ海の秘密』(A Caribbean Mystery ) p. 32
say something adroit: 何かえらく気のきいた発言でもする
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 16
say ... advisedly: あえて〜という
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 25
say affecting an air of vagueness: わざと見当違いのことを云う
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 74
be saying the affectionate word: いたわりの言葉をかける
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 203
that’s what I was afraid you’d say: そう言われちゃおしまいだ
コネラン著 仁平和夫訳 『ディズニー7つの法則』(Inside the Magic Kingdom ) p. 33
be not afraid to say when one doesn’t know: わからないことはわからないと臆せず言う
レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 252
a woman no longer afraid of what people say behind her back: 誰にもうしろ指をさされない場所を獲得した女
吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 132
When people say something twice that way, after you admit it the first time: こっちが最初にそうだといってるのに、その上におっかぶせて、こんなふうに二度言うんだからな
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 19
right after ..., sb say ...: 〜やいなや、開口一番〜という
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 59
say again: 繰り返して言う
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 163
in a more pleading tone one say again that ...: 〜と今度は頼むように言いなおす
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 241
say again: 重ねて言う
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 154
say it again: それを口にするのは二度目だ
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 261
say again: 繰り返す
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 155
say again: 二度同じ言葉を繰り返す
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 239
let me say it again: くれぐれも
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 65
again, one say it like ...: 〜という例の調子だ
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 105
say unspeakable things against sb: なにかとあてつけがましう随分ひどいことを申す
ワイルド著 福田恆存訳 『サロメ』(Salome ) p. 82
say nothing against these things: 一々咎めだてはすまい
ワイルド著 福田恆存訳 『サロメ』(Salome ) p. 62
have nothing to say against sb: (人の)ことをとやかく言う筋はない
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 96
be made to say things against one’s will: 云いたくないことまで云わされる
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 78
say aggressively: 挑むようにいう
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 89
say aggrieved: 悲しげにいう
ル・グィン著 浅倉久志訳 『風の十二方位・九つのいのち』(Wind's Twelve Quarters ) p. 233
say in an aggrieved voice: 不興げに言う
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の探索』(Dragonquest ) p. 183
say quite agonised: 身もだえしながら頼む
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 124
have to agree with what sb say: (人の)意見はもっともだと思わざるを得ない
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 253
"I must say I was surprised too," agreed my brother-in-law: 「私も実は驚きました」と妹の夫も同感らしい言葉つきであった
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 126
He doesn't listen to anything we say unless he already agrees: 親の言うことかて、納得せんと、聞きよらしまへん
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 75
finally say in agreeing to the compromise: ようよう一歩譲る
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 315
call that day and say sb want to see me. I agree: (人と)会うことになっている
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 58
say with the air of producing the last shot in one’s locker: 最後の切り札をひきだすかのように言う
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 218
say with the air of a last minute reprieve: どたんばで救われたという顔をする
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の歌い手』(Dragonsinger ) p. 279
say with the air of ...: 〜という口調でそう言う
レンデル著 小尾芙佐訳 『引き攣る肉』(Live Flesh ) p. 32
say with an air of importance: 改まった顔で云う
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 296
say with a puzzled air: きょとんとした顔だ
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 109
say airily: あっさりとこたえる
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 103
say airily: 口ぶりが軽い
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 346
all I can say is: おれの口から言えるのは
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 54
that says it all about ... right there: まったく〜って国は!
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 224
that’s all I can say: いまはそれ以上は言えない
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 479
say all enthusiasm: いきおいこむ
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 225
say sb this and that all the time: (人に)ああしろ、こうしろと口やかましく話しかける
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 232
say in all seriousness: 真顔で云う
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 311
it is all sb have found to say: それだけ言うのがやっとだ
リーマン著 池央耿訳 『黒海奇襲作戦』(Torpedo Run ) p. 311
did not say that at all: 返ってきた答えは似ても似つかないものだった
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 369
all I can say with certainty is that ...: 実は〜なのです
芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 8
all I can say is that ...: 〜だとしか申しあげられません
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 155
all I am saying is that ...: 〜と言ってるだけだ
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 176
say almost apologetically: 本当にすまなそうな顔をして言う
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 222
say in a soft, almost caressing voice: やわらかい、猫なで声とも聞こえそうな声でつぶやく
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 315
almost wish one will say yes: 思わずうんといいそうになる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 352
almost say before catching oneself: 口がすべりそうになって、危ういところで言葉を呑み込む
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 186
I am alone and unarmed, he was trying to say: 「単身だ、武器も持っていないぞ」とつげているのだ
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 319
can’t say how amazed one is: 呆れてものもろくに言えない
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 212
say amiably: にこやかにいう
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 111
say amiably: 愛想よくいう
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 300
would simply smile and say ...: 〜とにやにやしながら言うばかりである
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 76
And you don't say a thing: だからあなたも絶対に黙ってて
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 109
say in another queer snap of anger: また妙にいらだちを見せてつっけんどんにいう
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 97
say in nervous anger: 不安と怒りの混じる口調でいう
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 66
say in anger: カッとなって口にする
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 11
say angrily: けんか腰になる
クック著 鴻巣友季子訳 『緋色の記憶』(The Chatham School Affair ) p. 271
say with signs of angry apprehension: カッとなりながらも、幾分心配そうに言う
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 287
say all those angry things to sb: (人に)怒りをぶちまける
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 459
resent sb’s saying grace with particular animosity: (人が)食前の祈りをしようとすると、さも憎々しげににらみつける
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 101
be simply another way of saying ...: 言いかえれば〜ということだ
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『来訪者』(Switch Bitch ) p. 56
say anxiously: 気になってたずねる
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 424
say anxiously: 心配顔で口を出す
カーヴァー著 村上春樹訳 『夜になると鮭は…』(Will You Please Be Quiet? ) p. 105
say a little anxiously: ちょっと不安げにいう
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 61
say a little anxiously: なんとなくいやな予感がする
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 57
can say any goddam thing one want: いいたいことをいえる立場だ
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 28
writing essays on everything and anything: よろず雑文書き
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 9
will say anything to do ...: 〜のためならどんな手だってつかう
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 300
there isn’t anything sb can say or do: (人に)は何も言えないし、何もできない
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 266
seem to have a problem saying anything very profound: なにかもっと気のきいたこと書けないものなのか
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 97
Tweet