× Q 翻訳訳語辞典
I ought to   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

I ought to: 〜で当然だ
ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 166
wondering what I ought to say an appropriate leave-taking: キツカケがつかめない
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 156
I feel I ought to do under the circumstances: それなら〜したいところだな
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 116
If Nettie's willing to go see him without a duenna, I ought to check him out: もしネッティがつきそいなしで行くってんなら、その男、要チェックだな
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 81
I think I ought to let you know: 断っておくけど
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 155
think I ought to do ...: どうだろ? 〜というアイディアは?
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 200
Still, I ought to tell the three-letter folks about our plans: しかし、そうはいっても三文字の役人衆に計画を伝えておく必要はあるだろう
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 95
after such a very strong hint that she ought to be going: ここまであからさまに行っちまえと仄めかされた以上
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 123
be brought to side with A against B: Bを裏切ってA側につく
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 158
ought not to be privileges at all: 元来は、特権でも何でもないのだ
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 475
on the spot without giving any thought to the matter at all: 即座に考えるそぶりも見せず
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 76
There's always one more door you have to put your foot in, he thought: いつまでたってももうひとつ、足を踏み入れなきゃならぬ入口があるんだなと思う
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 184
have always thought sb too civilized a nation: 〜という国もつくづくお上品すぎる
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 157
scarcely give another thought to ...: (人に)それ以上の関心はほとんど払わない
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 281
She sat and we all chatted for a few minutes as I brought Cynthia up to date: 席についたシンシアをまじえて三人でしばらくしゃべり、そのあいだにわたしは彼女に現在までの状況を説明した
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 150
it is time to set one’s thoughts aside: いつまでも考えごとばかりもしていられない
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 524
An awesome thought took form in Isao's mind: 彼に恐れ多い空想が生れた
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 279
beating sb makes one bigger or toughter than sb: (人を)叩きのめすことで(人が)(人)よりもタフでビッグなんだという気になれる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 565
I ran after you because I thought I might ask you to come by my house: うちへ寄っていただこうと思って、走って来たんですわ
川端康成著 サイデンステッカー訳 『雪国』(Snow Country ) p. 42
You ought to get some good bedding together before it's too late: お前さんも今のうちに、いい夜具のしたくをして置いた方がいいだろう
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『ツェねずみ』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 65
begin thinking of things one ought to say: 言い訳の準備をする
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 217
one’s conscious train of thought begins to break up: 意識はぷつんと途切れてしまう
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 220
be brought home to one through one’s own personal experience: 自分の個人的体験から思い至る
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 66
when wine have brought no transitory gladness to one: いくら酒をあおっても、ほんの束の間の喜びをさえ得られないような時
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 269
told sb is being brought to ...: 〜へ向かっているのだと言われる
アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 103
sth be brought home to sb: 〜がよみがえる
アシモフ著 小尾芙佐訳 『われはロボット』(I, Robot ) p. 40
or at least to get sb brought to tried: いや、せめては裁判にかけてほしいものと
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 162
never been brought to task: 何の咎めもうけない
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 44
have brought on a certain intoxication: さらにまどわしの誘いとなる
川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 37
have brought maritime stocks crashing: 船会社の株も軒並み下がっている
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 119
give Orders it might be brought to me: (人の)御下命で取寄せていただく
スウィフト著 中野好夫訳 『ガリヴァ旅行記』(Gulliver's Travels ) p. 45
cold have brought a flush of color to one’s cheeks: (人の)頬に、寒気のためかうっすらと血の気が浮いている
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 187
be too well brought up to do ...: 育ちのよさが災いして〜できないでいる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 328
be not brought up to be trustworthy: 昔から信用できなかった
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 268
be brought together with sb: (人と)ひきあわされる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 106
be brought to justice: 法の裁きにゆだねられる
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 291
be brought into the picture: 駆りだされる
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 200
be brought in to ...: 〜にかつぎ込まれる
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 152
be brought gloriously up to date: すばらしく現代的になっている
サリンジャー著 野崎孝訳 『フラニーとゾーイー』(Franny and Zooey ) p. 154
be brought back to sb’s mind: (人が)〜を思い出させられる
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 19
as though an intimate secret has been brought to light: 自分の秘密でも見つけられたように
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 29
all the food have been brought to the table: 料理が出揃う
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 138
A single hour had brought them victory: 1時間ほどの間に、一党の勝は明らかになった
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 90
walk to and fro, with thoughts very busy: いろいろ思い悩みながら、なおも歩き続ける
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 109
But western Germany is going to buy whatever has to be bought: それでも西ドイツは、必要なら金を出すだろう
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 130
But two or three drinks took care of that thought: とはいうものの、二杯三杯とグラスをかさねていくうち、胸のざわめきはしだいにおさまっていった
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 153
And he allowed himself to be -- bought?: それで彼も進んで、そのう--手に入れられったってわけですね
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 105
have never really thought capture would happen to him: よもや自分が捕虜になる日がこようとは考えもしなかった
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 406
in that case sb really ought to listen to it: こうなったらきかないわけにはいかないな
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 117
be still casting about in one’s thoughts to do: と、心の中であれこれ考えている
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 104
he thought it did lend a certain touch of class to Main Street: これでメイン通りがいくらか上品な感じになるだろうとは思った
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 71
certainly sb takes no pains to hide sb’s thought: どう見ても、(人は)自分の心のうちを隠そうなどとはしない
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 271
ought to know what a swell chance one have got of doing: よっぽどのことがなきゃうまくいきっこない
ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 81
Clearly, he thought, this was not a story for Sally Kramer: これはどう考えてもサリー・クレーマー向きの話じゃないなと彼は思った
オブライエン著 村上春樹訳 『本当の戦争の話をしよう』(The Things They Carried ) p. 234
it comes to sb not as a thought but as a taste in the mouth: イメージとしてではなく、舌の上に味覚として蘇ってくる
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 169
the twisted thought has not come to sb of doing: 〜しようなどというもの狂わしさはわきおこらない
川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 26
I thought you would come to it: そんなことになるだろうと思っていたよ
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 145
try to find comfort in the thought that ...: (人の)考えは行き詰まれば〜へ落ちて来る
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 175
collect one’s confused thoughts by committing them to paper: 書くことで混乱した心を整理する
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 277
the trying so hard ought to count for something: 一生懸命努力してみるだけでもましだ
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 263
creep into one’s thoughts: 心に忍びこむ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 268
we ought to be cutting along: そろそろ退散するか
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 360
but thought it would probably be dangerous to ask: 口にだしてたずねるのはやばい感じだった
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 26
decide sb ought to do: 思い立って〜してみることにする
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 181
one’s own deep desire not to be thought of as sth: 〜などとは死んでも思われたくない
ベイカー著 岸本佐知子訳 『中二階』(The Mezzanine ) p. 64
give no direct thought to sth: 〜までは考えが回らない
ベイカー著 岸本佐知子訳 『中二階』(The Mezzanine ) p. 86
direct one’s ugliest thoughts to ...: 〜をいまいましく思う
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 47
we ought to discuss your wedding: きみたちの挙式の相談をしなくちゃな
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 303
Elaborately, Sam lapsed into deep thought: ことさらじっくりと、サムは深いもの思いに沈んだ
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 126
ought to have let someone else handle it: 人にやらせればいい
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 196
So he doesn't talk to her about it, thought Jonathan, encouraged: 彼女の耳には入れたくないんだな、とジョナサンは思って、意を強くした
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 44
it is hard not to entertain the thought that ...: 〜という印象は拭えない
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 189
everyone in town thought is so fascinating: 町じゅうの人間が口をそろえて魅力的といいかわしている
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 364
I thought it caught the tone exactly: いちばん無難なところじゃなかろうか
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 197
what one oneself have really thought deep down in one’s heart, but have never give expression to: 口にこそ出さないが(人)自身何年も胸の中で感じていた
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 120
be brought face to face with ...: 〜にぶつかる
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 96
ought to share this fact with one’s friend: 親友に打ち明けなくてはいけない
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 394
ought to remain in the family: 門外不出にすべきものだ
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『来訪者』(Switch Bitch ) p. 11
have fought to have that place: その位置を占めるために奮闘する
リンドバーグ夫人著 吉田健一訳 『海からの贈物』(Gift from the Sea ) p. 76
the fighting spreads, larger weapons are brought into play: かくて、いろんな武器でチャンバラが始まった
北杜夫著 マッカーシー訳 『どくとるマンボウ航海記』(Doctor Manbo at Sea ) p. 161
have a final thought one want to share: 打ち明けるように言う
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 241
go on, following one’s train of thought and virtually talking to oneself: 連想のおもむくまま、独り言のように呟く
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 133
ought to get rid of it: 手を打たざるをえない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 159
ought to get on with it: いい加減にして欲しい
ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 165
Oh I would give anything to be free of this, she thought: 「あげる、なんでもあげる、この痛みから逃れられるなら、なんでもあげるわ」ポリーは声に出さずにつぶやいた
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 86
ought to at least give it a try: まずは小手調べだ
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 111
giving serious thought to do ...: 〜してやろうかと本気で思案している
フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 33
give some thought to ...: 〜についてはまったく考えないわけではない
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 63
give oneself up to uneasy thought over ...: 〜を落ち着かない気持ちで考え続ける
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『葬儀を終えて』(After the Funeral ) p. 26
give little thought to the person doing ...: 〜しているのが誰なのか、気にかけようともしない
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 172
Tweet