× Q 翻訳訳語辞典
I know it is   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

I know it is: そうよね
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 218
be acknowledged as something of an international authority in this field: この分野におけるひとかどの国際的権威とみなされている
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『来訪者』(Switch Bitch ) p. 17
one have lodged with enough shogi players to know all this: 将棋さしと何度も同宿したことのある(人は)、そのへんの事情はよく知つている
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 18
know what it is all about: 事情がわかっている
カポーティ著 大澤薫訳 『草の竪琴』(The Grass Harp ) p. 65
don’t know what it is all about: 何事かは知る由もない
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 119
I do not know as that is much benefit: それはなんのたしにもならない
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 258
it is comforting to know that ...: 〜と思うと、何やらほっとした気持ちがする
it is common knowledge that ...: 〜を誰も知っている
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 139
his head still crammed with useless knowledge: 頭のなかにはまだ愚にもつかぬ知識が詰まっていた
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 24
this knowledge makes sb exceedingly discreet with ...: 〜を知っているので、〜を殊の外慎む
土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 138
disposition unknown: 性格不詳
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 233
What, in fact, would it do to major league baseball as it is known today?: ありていにいって、現在ただいま大リーグとして世間に知られるこのスポーツには、いったいどんな影響が及ぼされるのだろうか
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 209
I don’t know what it is I do to women: ぼくはどうして女にもてないのかな
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 159
sb knows that ..., sb’s vista is now dotted with sth: (物事をみて)〜であると、(人には)ピンとくる
エルロイ著 二宮磬訳 『ビッグ・ノーウェア』(The Big Nowhere ) p. 196
I think that it doesn’t need much know-how to tell how a life is going to end: 人生はどういう結果になるかなど自然にわかっちまうという気がする
シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 24
the earth is equally unusually, covered with know: 地面にはこれも珍しく積雪がある
吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 61
It really is essential, that we know what time they are due to return home: 彼らの帰宅時間を知っておくことがきわめて重要だ
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 457
know it is not going to be fun: 「こりゃまずい…」と思う
吉本ばなな著 ワスデン訳 『アムリタ』(Amrita ) p. 20
do not know it is going to happen: この先どうなるかさっぱりわからない
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 98
it is real hard to know how to be helpful sometimes: 情けが仇
it helps to know this: このことは知っておいて損はない
sneak sb out of the house without sb ever knowing sb is there: (人に)知られないように(人を)裏口から外に出す
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 408
What we call ideology is a means by which we know reality, isn't it: だって、主義ってのは、認識の方法でしょ?
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 17
You know how it is when you’re a child: 子供のころのこと、おぼえてるでしょ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 264
know that it is hurt: けがというものをのみこんだ
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 78
You miscalculated and you really don't know it do you?: 君は計算違いをしているのに、じつは気がついていないんじゃないか
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 510
He knew that O-nami had succeeded in his meditation: 師は、大浪が瞑想をやりとげたことを悟った
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 283
one knew that it would be all right to kiss her: そう言われたときには、何も言わずに女の唇に触れればいいことを知っていた
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 44
do not know what it is about: 何の用事だか知らない
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 56
Part of lung-gom is to know the body within,: ルン・ゴムっていうのは、内なる肉体を知覚することでもあるんですね
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 278
you know his way with metaphors: 例によって真似手のない比喩さ
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 160
sb know where sb is with vets: 獣医なら気心が知れてる
メイル著 小梨直訳 『南仏プロヴァンスの木陰から』(Toujours Provence ) p. 86
little is known about ...: わからないことだらけだ
グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 309
it is well known that ...: 〜とされている
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 167
it is well known that ...: 〜は、いまやだれもが知る事実だ
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 157
it is well known that ...: 周知の通り
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 11
it’s a mistake to be too well known: 顔を知られすぎるのも考えものだ
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 127
without one’s permission or knowledge: (人の)許可なしに、内緒で
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 366
It isn't mean, you know: こまかいことじゃありませんよ
川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 51
don’t be a miser with what you know: 知ってるんなら、言いしぶらないくてもいいじゃないか
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 228
My elder sister and my mother were in the kitchen, you know: 姉さんやおっかさんが勝手の方にいたのに
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 75
one’s knowledge of ... is pitiful: 〜に関する(人の)知識は気の毒なほど貧しい
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 105
Mitchell and Stans would presumably know about this: ミッチェルやスタンズは知っているかもしれない
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 59
talk to sb with unknowing professionalism and puzzle sb away: 大人びた口をきいて(人を)煙に巻く
スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 102
know this is sb’s responsibility not mine: これはわたしではなく(人の)問題だとわかっている
フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 44
Vladi's security-crazy, okay, this we know already: ウラジの機密きちがいは先刻承知だろう
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 241
be happy to share this extensive knowledge with sb: その知識の一端を披露せずにはいられない
メイル著 小梨直訳 『南仏プロヴァンスの木陰から』(Toujours Provence ) p. 60
Innate skepticism or innate stupidity? I confess I do not know: 人間はもともとが疑り深くできているのか、間が抜けているのか、正直、わたしには何ともわかりかねる
only know how true it is: ...: これだけはわかっている。〜は紛うかたなき真実だ
カポーティ著 大澤薫訳 『草の竪琴』(The Grass Harp ) p. 77
But if you don't know what the sentence is it's virtually indecipherable: だけどもとの文章がなにかわからないと、まったく解読不能だからね
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 27
it is a well-known fact that ...: 〜というのは世間周知の事実だ
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 65
another well-known British dictionary: もう一つ定評のある英国の辞典
鈴木孝夫著 みうらあきら訳 『ことばと文化』(Words in Context ) p. 21
do not know whether it is ... or ...: 〜とも〜ともつかない
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 138
Tweet