× Q 翻訳訳語辞典
I know it   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

I know it: わたしは自信がある
ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 61
I know it’s bad: 辛さはわかるわ
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 61
it deserves to be in a better place and I know it: ほんとは、もっとちゃんとした場所にしまってあげなきゃいけないんだけどねえ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 179
I know it sounds far-out: 途方もない話だと思われても仕方ない
オブライエン著 村上春樹訳 『本当の戦争の話をしよう』(The Things They Carried ) p. 169
I know it but I know not how: 何となくそんな気がする
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 133
I know it is: そうよね
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 218
I know it offends you: こういえば、お気をわるくなさることは承知しています
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 122
without acknowledging ...: 〜を意に介さず
コイル著 村上博基訳 『軍事介入』(Trial by Fire ) p. 55
tacitly acknowledge sth: 〜を黙認する
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 351
acknowledged authority on ...: 自他ともに許す〜の権威
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 168
respond with acknowledgement: 確認の合図を送り返す
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 168
with one’s fervent acknowledgements: ほんとに心から感謝していますって
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 137
without acknowledgement: 知らぬ顔で
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 141
with due acknowledgment to sb: (人に)敬意を表しながら
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 263
never know about the activity: そんなことが行われているとはつゆ知らない
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 224
actually know very little about sb: かんじんの(人を)よく存じあげない
司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 48
people knowledgeable in Panamanian political affairs: 政情に通じた一部のパナマ人
オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 125
aimlessly as if one don’t know what to do with sth: もて余したように
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 217
know life in all its aspects: 世の中のいろんな面に通じる
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 238
one have lodged with enough shogi players to know all this: 将棋さしと何度も同宿したことのある(人は)、そのへんの事情はよく知つている
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 18
know what it is all about: 事情がわかっている
カポーティ著 大澤薫訳 『草の竪琴』(The Grass Harp ) p. 65
don’t know what it is all about: 何事かは知る由もない
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 119
all-unknowing little bird: 無知のひよわい小鳥
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 138
have to do although one know one will hate to do it: いやでも〜しなければならない
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 43
And he'll never know it was you: それに、バスターはきみのことを疑いっこない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 107
And damned angry, and a little upset knowing it happened on my beat: それから非常に腹が立ち、また自分の管轄内で起こったと知って少々動転したのも事実だ
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 120
I know another place so cheap you won’t believe it: わたしの知っているところにいけばおどろくほど安い
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 64
if sb know anything about it ...: 〜に言わせれば、〜
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 214
do not know ... quite as well as one think one do: 〜のことを自分で思っているほどにはよく知らない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 171
as much of it as sb could ever know: (人が)知りうるかぎりの
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 208
do not know whom to ask to go with one: いっしょに行かないかと誘いかける相手も思いつかない
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 128
you use to be a beautiful guy, you know it: 昔のあの、シャープなおめえはどこにいっちまったんだよ?
レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 372
no longer know what to do with oneself while lying in bed in the morning: 朝目を醒してから起き上るまでの時間を持てあます
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 156
before you know it: そしてあっと言う間に
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 204
before you know it: そのうち
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 12
before one knows it ...: しらない間に〜
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 13
before one know it: いつか
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 29
before one know it: なんとなくぼんやりしているうちに
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 132
before one know it: 遂に
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 160
don’t know how to begin a conversation with sb: (人に)どう話しかければいいかわからない
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 66
begin to fill with unknown people: 見知らぬ人たちが続々と押しかけてくる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 369
know the story behind it perfectly well: その事情を知っている
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 314
I do not know as that is much benefit: それはなんのたしにもならない
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 258
give sb the benefit of one’s knowledge: 知識をひけらかす
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 200
should know better than to drug one’s mind with ...: 〜で(人の)心を毒させたりしてはいけない
キース著 小尾芙佐訳 『アルジャーノンに花束を』(Flowers for Algernon ) p. 305
it makes sb sleep better at night knowing ...: 〜を知ると枕を高くして眠ることができる
オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 123
strike one as a bit odd even if one don’t know why: どういふわけかしらと怪しむ
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 136
know quite a bit about sth: 〜については深い知識がある
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 319
know quite a bit about ...: 〜についてくわしい
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 225
know quite a bit about ...: 〜に関して実にくわしい
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 221
know once more the bite of hunger: もう一度飢えの苦しみをなめる
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 101
bitter knowledge: 辛い思い
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 117
with encyclopedic knowledge and brilliant minds: すべての知識の荷ない手、滅相もなく頭のよい
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 354
let sb know sth without brutality: (ひとに)〜をおだやかに教える
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 102
like what? I know that it’s none of my business: さしつかえなければ聞いてもいいかな?
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 34
don’t know what to do with one’s capacities: 力を持て余している
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 24
fill sb in with more detail than sb care to know: 細かい事実を(人が)べつに知りたいと思わないところまで、べらべらしゃべる
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 383
do not care who knows it: それをだれに恥じることもない
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 38
provide a lot of opportunity for casual conversation of a knowledgeable kind: 軽く蘊蓄を傾けるにはちょうどいい時間だ
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 512
You know those centipedelike things with wooden beads in rows: そう、誰でも知っている、あの木の珠がずらりと並んだ百足のような文房具だ
a certain well-known university gives sb a chair: ある有名大学の教授になる
吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 51
with the typical, dying-to-know expression of a child: 子供の好奇心そのものの顔で
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 185
You know that smile, civil, but too habitual to mean anything: あの笑いは知ってるだろ、慇懃なんだが、あまりにも型通りなんでなんの気持も伝わってこない例の笑いだ
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 204
I know just about everything when it comes to sth: 僕、〜のことなら何でもしってるんだよ
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 65
be not comfortable with one’s knowledge of ...: 〜を知って眉をひそめる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 394
it is comforting to know that ...: 〜と思うと、何やらほっとした気持ちがする
want a known commodity: 手づるをつくっておきたい
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 50
it is common knowledge that ...: 〜を誰も知っている
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 139
knowledgeably almost obsessively concerned with eating and drinking: 食べることと飲むことに取りつかれていると言っていいくらい、その方面にくわしい
メイル著 小梨直訳 『南仏プロヴァンスの木陰から』(Toujours Provence ) p. 138
every corny platitude known to man: ありとあらゆる陳腐な称賛
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 193
his head still crammed with useless knowledge: 頭のなかにはまだ愚にもつかぬ知識が詰まっていた
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 24
have critical knowledge: 重要な情報をもっている
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 264
work with ’a damned unknown director: どこの馬の骨かもわからないような演出家とくむ
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『別れのシナリオ』(Death Mask ) p. 12
be definitely looking at sb as if one know sb: 顔見知りみたいに、まっすぐに(人の)顔を見る
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 160
this knowledge makes sb exceedingly discreet with ...: 〜を知っているので、〜を殊の外慎む
土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 138
disposition unknown: 性格不詳
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 233
What, in fact, would it do to major league baseball as it is known today?: ありていにいって、現在ただいま大リーグとして世間に知られるこのスポーツには、いったいどんな影響が及ぼされるのだろうか
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 209
I don’t know what it is I do to women: ぼくはどうして女にもてないのかな
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 159
do not know what to do with sth: (〜を)もてあます
三島由紀夫著 サウンダーズ、シーグル訳 『暁の寺』(The Temple of Dawn ) p. 165
sb knows that ..., sb’s vista is now dotted with sth: (物事をみて)〜であると、(人には)ピンとくる
エルロイ著 二宮磬訳 『ビッグ・ノーウェア』(The Big Nowhere ) p. 196
be just too dumb to know it: その方面に暗いだけのことなのだ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 247
move with the ease of a military manoeuvre known by heart: 心にそらんじている軍隊の演習のように、よどみない動きを示す
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 170
but do you know how easy it has grown for me to do ...: 一つ違えば、〜することだって、手間暇かからねえおれたちになったってことを知ってるのかい
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 70
either knowing or intuiting: 意識的にであれ無意識のうちにであれ知っている
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 217
if one start worrying about things, one know there would be no end to it: あれこれ心配していたらきりがない
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 241
I think that it doesn’t need much know-how to tell how a life is going to end: 人生はどういう結果になるかなど自然にわかっちまうという気がする
シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 24
be entitled to know sth: 〜を知る権利がある
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 202
the earth is, equally unusually, covered with know: 地面にはこれも珍しく積雪がある
吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 61
It really is essential, that we know what time they are due to return home: 彼らの帰宅時間を知っておくことがきわめて重要だ
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 457
know the area, every inch of it: 地域のことはくまなく知っておく
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 372
Tweet