× Q 翻訳訳語辞典
I knew it   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

I knew it: やっぱりだ
アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 9
you’ve got to be kidding! and I knew it: まさかとやっぱり
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 189
Before I knew it the limo was in motion,: 気がついた時、車は既に動いていた
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 106
And before he knew it his eyes were full of tears: けれどもいつかジョバンニの目のなかには涙がいっぱいになりました
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 54
But he knew who it was before he saw him: だが、見るまでもなく、彼にはわかった
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 472
before sb knew it: いつか
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 54
before one knew it: しらずしらず
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 144
before one knew it: 何時の間にか
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 230
I knew Ann as a child - a very precocious, high-spirited, and bratty child: わたしはアンを子供のときから知っていました--早熟で、活発で、利かん気のチビすけだったころから
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 408
It was wrong, he knew that, but it felt good: いけない、こんなことをしてはいけない。ブライアンにはわかっていた。でも気持ちがいい
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 98
They acted more like they knew they were celebrities and all: 自分たちは有名人だと意識してやってるって感じかな
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 195
exquisitely more complex than anything like it humans knew how to build: とうてい人工的に作り出すことは不可能と思われる摩訶不思議な姿だ
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 86
Angus was a conscientious prefect and knew the names of everyone in Pitt: アンガスは良心的な監督生なので、ピットの全寮生の名前を覚えている
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 191
I thought it unlikely that anyone at work knew of my dissipation: 当時、私のこんなふしだらな有様は、会社の者は誰も知らない筈でした
谷崎潤一郎著 チェインバーズ訳 『痴人の愛』(Naomi ) p. 153
Evidently she knew a good thing when she saw it: どうやらいいものを見分ける目をもっているらしい
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 85
it was my fate, I knew: 運命の流れを肌で感じた
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 141
He knew the technicians there, he had worked with them, and he was forceful: 一緒に仕事をしていた関係でそこの技師たちを知っていたし、彼もそこでは顔がきいた
アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 16
I knew other boys who described similar experiences with him: 奴と同じような目にあわされた連中を俺は何人か知っている
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 225
if I started worrying about things, I knew there would be no end to it: あれこれ心配していたらきりがないし
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 241
and he knew immediately it was extra bases: リズトーには一目で長打コースとわかった
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 421
one knew that it would be all right to kiss her: そう言われたときには、何も言わずに女の唇に触れればいいことを知っていた
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 44
before he knows it: いつのまにか
ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 41
He knew that O-nami had succeeded in his meditation: 師は、大浪が瞑想をやりとげたことを悟った
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 283
He knew it but he was helpless to do anything about it: 自覚はしていても、キートンはそれをどうすることもできない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 222
She knew it was a hard time for him, and she didn't make demands: 彼女は彼にとって今がきつい時期だということを承知していたし、特別なことは何も求めなかった
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 292
whether sb knew it or not: 本人が知っているかどうかはともかく
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 204
knew it: 思ったとおり
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 306
so systematically that for a moment sb wondered if one performed it more often than sb knew: ふと〜の目に、馴れているようにさえ見えるほど手ぎわがよかった
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 10
he had practised it till he knew it by heart: 何度も稽古して諳んじていた
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 191
He was indeed a priceless guide, and he himself knew it: もちろん本人も、自分が一点非の打ちどころのない案内人であることを知っていた
三島由紀夫著 サウンダーズ、シーグル訳 『暁の寺』(The Temple of Dawn ) p. 33
He knew the look and he savored it: その表情を知っていて、楽しんで眺めている
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 247
look surprised that sb knew about it: なんだ、知ってたのか、という顔をする
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 205
Then he saw the ball leave the bat and he knew at once that it was trouble: だが、ボールがバットに当たった瞬間、「まずい」と心の中で叫んだ
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 425
Tweet