× Q 翻訳訳語辞典
For   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
〜から見れば
   
what’s frivolous for you: あなたから見ればくだらないこと アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 281
〜が大事
   
every man for himself: だれもかれもわが身が大事 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 270
〜すべく
   
for a fresh start: あらたな攻撃に移るべく マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 461
〜する見返りとして
   
be paid off by sb for doing: 〜する見返りとして(人から)金をとる トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 119
〜で
   
for all one’s youth: そんな若さで 三島由紀夫著 モリス訳 『金閣寺』(The Temple of the Golden Pavilion ) p. 8
〜での
   
the battle for ...: (場所)での戦い 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 417
〜ではありませんか
   
<例文なし> 宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『虔十公園林』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 15
〜ということになれば
   
<例文なし> メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 105
〜というもの
   
for several days: ここ数日というもの 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 117
〜という気持ちから
   
for fear that people will not understand: どうせ他人はわかってくれない、という気持ちから フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 82
〜なら
   
<例文なし> メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 110
〜にしては
   
You are somewhat off base, but you do quite well for an amateur: 少々見当はずれではあるけれど、君はアマチュアにしてはなかなかよくやってるよ 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 227
Most impressive for such a small village: こんな小さな村にしては、大したものだねえ メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 189
it is warm for late March: 3月末にしては温かい レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 102
for three smart guys: 知恵者三人のあつまりにしては トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 22
for that storm, that was: この暴風にしては、である マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 159
for such a small garden: 狭い庭にしては 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 5
〜にしてみれば
   
<例文なし> メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 83
〜には持ってこい
   
it is a night for the pool: ひと泳ぎするには持ってこいの夜である メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 207
〜にわたって
   
for ten years: 10年にわたって サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 136
for fifteen years: 十五年間にわたって プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 172
for a hundred generations: 何百世代にわたって セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 285
〜に似合わず
   
for size and weight the weasel is the most ferocious: 大きさと重さに似合わず、イタチは荒野のうちでもっとも兇暴だ ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 97
〜に比して
   
for one’s years in service: 在任期間に比して デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 260
〜に備えて
   
for those who might do ...: だれかが〜した場合に備えて トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 138
〜のお礼に
   
give sb a buck for being so nice: 親切にしてくれたお礼に一ドルやる サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 237
〜のくせに
   
speak in such an adult, formal fashion for a second grader: 二年生のくせになにかあまりにも大人びてきちんきちんと答える 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 43
〜のせいで
   
for sb’s devotion: そんなふうに懸命に献身を続けたせいで ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 563
〜のため
   
for sb anything: (人の)ためなら何なりと トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 214
〜のもとで
   
play for Toscanini: トスカニーニのもとで吹く プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 207
〜のわりに
   
The voice was strangely high-pitched for so big a man: 大男のわりに妙にかんだかい声だった マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 477
〜のわりには
   
For not having slept in twenty-four hours, I felt surprisingly awake: まる二十四時間眠っていないわりには不思議に眠くなかった 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 35
〜の場合に
   
<例文なし> メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 218
〜の長きにわたって
   
for forty years: 四十年余の長きにわたって フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 175
〜の提出を求める
   
subpoenas for the same kinds of documents: 同種の文書の提出を求める令状 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 117
〜の癖に
   
for a woman: 女の癖に 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 116
〜ふうの
   
be dressed for the city: 都会ふうの身なりである メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 109
〜むけの
   
that’s for the press: 新聞記者むけの方便です プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 45
〜めがけ
   
hurtle arrow-straight for ...: 〜めがけ矢のように突っ込む マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 356
〜も出すんだから
   
for fifty bucks: 五十ドルも出すんだから タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 30
〜をめざして
   
break through direct for ...: 〜をめざして直進する マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 89
〜をもってすれば
   
for one’s memory: (人の)記憶力をもってすれば レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 120
〜をよこせ
   
roar out for ...: 〜をよこせとわめく マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 33
〜をエサにして
   
buy votes from sb for sth: 〜をエサにして(人)から票を買う トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 138
〜を考えると
   
for the future: 将来を考えると ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 181
<例文なし> ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 260
〜専門の
   
for women: 女性専門の 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 47
〜分の
   
for ten: 十人分の メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 18
〜容疑
   
for gambling: 賭博容疑 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 132
〜用
   
a wheelbarrow for the pruning season: 葡萄剪定用一輪手押し車 メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 253
〜来
   
for almost six months: もうかれこれ六カ月来 マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 335
〜来の
   
for fifteen years: 十五年来の メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 172
(人に)してみれば
   
big decision for sb: (人に)してみれば大変な決断 ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 345

あいだ
   
for a few years: 当分のあいだ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 375
がかりで
   
for an hour: 一時間がかりで ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 294
がわりに
   
use an old coal bucket for an ashtray: おんぼろ石炭バケツを灰皿がわりに煙草を吸う カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 236
for an overall: 作業着がわりに ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 193
くれる
   
are they for me?: くれるの? 川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 113
させてほしいと
   
sb’s eyes are pleading for reassurance: (人の)目は安心させてほしいと哀願している ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 81
そなえて
   
for the farewell: 別れにそなえて ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 333
それが証拠に
   
..., for ...: それが証拠に〜 ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 129
だったら
   
For a piece of stone this size, it needs to be twice as thick: 石のテーブルでこの大きさだったら、厚さはこの倍はなきゃあ メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 41
つもり
   
for our little weekend together: ふたり週末をたのしむつもりだ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 467
というのは
   
<例文なし> ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 177
というのも
   
<例文なし> ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 460
とにかく
   
so shouts and dances one’s angry blood up: とにかく、〜の怒りの血はたけり立っている ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 77
なぜかというと〜からである
   
<例文なし> アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 42
なぜなら
   
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 337
なにしろ
   
for it is a solitary road: なにしろ人ッ子一人いねえ寂しい道だからね ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 304
にしては
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 264
にしてみれば
   
For someone with the artistic flair of a five-year-old, it was a masterpiece: 画才となると五つの子供と変わりない私にしてみれば、これは力作だった メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 41
のぞむ
   
be prepared for the wider surroundings: 広い広い空間にのぞむ覚悟もできている アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 50
の手前
   
for the other nuns: ほかの尼僧たちの手前 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 415
ばかり
   
for the last hour: 〜する前の一時間ばかり カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 210
ふるまう
   
invite sb home for ...: (人を)自宅に誘い〜をふるまう ダニング著 宮脇孝雄訳 『死の蔵書』(Booked to Die ) p. 166
ぶりを
   
praise sb for sb’s care: (人の)看護ぶりをほめる E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 55
   
descend the staircase for the meeting: 会議室へ、階段をおりて行く ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 263
まで
   
for the pass: 最後の突きの瞬間まで ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 448
まるまる
   
talk it over for about fifteen minutes: まるまる十五分も相談する トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 118

依頼を受けた
   
a photographer for a travel agency that booked diving trips: ダイビングを売りにする旅行代理店の依頼を受けた写真家 バフェット著 芝山幹郎訳 『ジョー・マーチャントはどこにいる?』(Where is Joe Merchant? ) p. 208
何しろ〜なのですから
   
<例文なし> 芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 22
何となれば
   
近くの
   
pull into the lot for ...: (場所)の近くの駐車場に車を入れる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 188
好きな
   
one for ceremonies: 儀式ばることの好きな男 マイケル・オンダーチェ著 土屋政雄訳 『イギリス人の患者』(The English Patient ) p. 142
賛成する
   
be for ...: 〜に賛成する トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 225
思って
   
cry for sb: (人を)思って涙にくれている フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 11
似つかわしい
   
such hideous things are for the darkness, not for the day: このように醜怪なことは夜の闇(やみ)にこそ似つかわしいかもしれないが、日中にはまったく不向きだ ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 235
薦める
   
be not a place for ...: 〜には薦められない ダニング著 宮脇孝雄訳 『死の蔵書』(Booked to Die ) p. 151
対象に
   
there is ... for the whole staff: 〜が全従業員を対象に開催される セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 72
代って
   
could you tell sb so for me: 一つあなたから代って伝えていただけませんでしょうか ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 137
代りに
   
glance darkly at sb for answer: 答える代りに、チラリとひと目険しい顔をしてにらむ ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 126
通算
   
for ... hours: 通算〜時間 ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 127
当の〜にすれば
   
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 343
頭上に
   
only for sb on this new world: この新天地にいる(人の)頭上にのみ アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 83
容疑で
   
sb held for murder: 殺人容疑で逮捕された(人) ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 43

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

work for sb: (人)の下で働く
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 215
work for sb: (人の)下ではたらく
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 26
what’s that for?: なんのまねだね
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 263
that’s for sb: (人の)仇だ
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 12
look for ...: 〜を懸命に探す
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 174
go for it: やる
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 235
for-church shoes: 教会へ行くときに履く靴
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 315
for that: だったら
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 30
for some reason: どうしたわけか
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 81
for sb: (人)ときたら
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 82
for sb: (人)にしてみれば
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 342
for one thing: だいたい
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 212
for one thing: どうしてかというと
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 158
for one good reason: だいいち
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 255
for one’s age: 年のわりには
アシモフ著 小尾芙佐訳 『われはロボット』(I, Robot ) p. 37
for one: たとえば
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 399
for one: 一例が
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 226
for once: 今度こそ
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 10
for once: 今度ばかりは
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 105
for now: この先
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 251
for many reasons: 多くの理由から
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 30
for ever: いつまでも
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 118
for doing: 〜だからといって
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 41
for days: 何日も
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 430
for christ sake: たのむから
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 53
for Chrissakes: 思わず
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 55
for answer: それには答えず
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 89
for all we know: たとえば
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 161
for all this: とはいうものの
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 459
for all sth: 〜にもかかわらず
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 205
for all ...: 〜なのに
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 513
for all ...: 〜のくせに
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 418
for a fiver: 五ポンド賭ける
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 379
for ...: 〜するものなのです
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 42
for ...: 〜であれば
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 16
for ...: 〜にしては
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 65
for ...: なにしろ〜ものだから
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 192
for ...: 無理もない、〜のだ
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 156
essay for sth: 〜に寄せたエッセー
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 73
be for ...: 〜を受けるように勧める
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 121
as for sth: 〜ときたら
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 279
as for sth: 相手が〜となると
as for sb: (人)は(人)で
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 132
as for sb: (人に)いたっては
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 355
as for ...: 〜だって
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 230
as for: それにひきかえ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 105
would not have such another walk for the three kingdoms: 全国残らずやるといっても二度とあんなにして歩くことはまっぴらじゃ
E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 51
traffic laws are for everybody: 交通法規とは万人に適用されるものである
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 310
this is no night for ...: 今夜は〜の出る幕ではない
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 161
the tension of one’s mind must have relaxed, for ...: 気がゆるんだせいか〜
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 155
the dumbest name for a horse: こんなばかばかしい馬の名前
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 230
that is sb for you: まさに(人の)面目躍如だ
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 74
send sth off to sb for ...: (人に)送って〜を頼む
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 118
sb’s voice too big for what there is of sb: 体のわりには大きな声
ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 631
reminisce for a time about ...: 〜をしのんで、しばし追憶にふける
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 181
might go for it: すんなり決まりかもしれない
like to play just for sb: 聴衆は(人)だけでいい
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 164
leave sb for a younger woman: 若い女をつくって出ていく
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 88
it is a night for ...: 今夜は〜の出番である
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 161
it’s sb one do for: (人の)ことを思って〜する
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 198
it’s not for me to do: 〜するのもなんですが
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 50
it’s for sb to worry about: (人)が心配すればいい問題じゃ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 215
isn’t much for ...: 〜にはあまり感心しない
クック著 鴻巣友季子訳 『緋色の記憶』(The Chatham School Affair ) p. 228
if not for sb: もし(人が)いなかったら
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 178
I’m for it, okay?: おれ、よろこんでいるんですよ
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 176
I’ll be a goner for sure: おれは一巻の終りだ
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 14
have owned sth for about a year: (物は)1年ほど前に入手したものだ
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 38
have lived in ... for three years: 三年ばかり(場所)に住む
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 24
have been in one’s new place for XX weeks: そこに移ってXX週間たっている
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 210
for two minutes one does: 〜して、二分が過ぎる
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 190
for the two of them: 二人いるのに
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 158
for the tax-year 1989: 一九八九年度における
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 223
for the next few years: それからの数年にわたって
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 170
for that one season: その年の夏に限って言えば
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 406
for sb, sleep is longer coming: (人は)なかなか寝つけない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 204
for just the faintest second: ほんの一瞬だが
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 317
for and aft and on either side: 前後左右を
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 357
for almost two years now: かれこれ二年前から
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 188
for almost a week: 一週間にわたって
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 43
for all the reverses one’s life have taken in the past year: たとえこの一年、いくら自分の人生が不運つづきだったにしても
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 77
for all one know: たぶん〜だろう
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 330
for all one’s obsession with avenging sb: 〜の仇を取りたい一心とはいえ
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 60
for all one’s ...: 〜が得意なはずだが
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 362
for all I know: あるいは〜かもしれない
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』(Hard-Boiled Wonderland and The End of The World ) p. 11
for all his short statue: 背丈こそ低いものの
ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 69
for a million bucks: たとえ百万ドルくれるといわれても
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 190
every soul for itself: 人間みな自分が大事
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 232
draft a stinging response for signature by sb: 遠慮のない返事をしたためて(人の)サインをもらうばかりにする
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 14
do not know what ... is for: 〜のなんたるかも知らない
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 190
do ... for another start: 〜し、つぎのレースにそなえさせる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 240
devices for the aged: 年寄りくさいもの
川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 100
curse sb for a murderer: (人)を人殺しとののしる
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 194
crouch down for ...: 低いクラウチング・スタイルで構える
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 187
come up to the house for a drink: 家へきてお茶をつきあう
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 211
collect strange facts for sb: (人に)見せるおかしな事実を集める
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 77
can not see sb for a few days: すぐには(人に)会えない
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 46
can’t wait for ...: 早く(場所に)行きたい
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 271
can’t even find a publisher for ten years: 10年かかってやっと出版社が見つかる
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 86
be pretty smart for a baker: (人が)頭がいいわね。パン屋にしておくのは惜しいわ
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 162
be built for sth: 〜はこれでなくてはいけない
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 14
be always one for a bit of life: そういうたちだ
シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 121
be all for ...: 〜に双手をあげて賛成する
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 106
ask for a glass of ...: 〜を一杯ちょうだい、という
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 164
as for that sb ...: 〜といえば
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 56
all this for less than ...: 〜もしない〜にこれだけいろいろなものがはいっている
ツイート