× Q 翻訳訳語辞典
Army   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
陸軍
   
exclusively an Army operation: 陸軍を主体にした作戦 ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 190
an Army fighter pilot: 陸軍のジェット・パイロット プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 61

アーミー
   
Swiss Army knife: スイス・アーミーの万能ナイフ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 312

群れ
   
a refugee army: 難民の群れ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 332
   
an army edict controlling freedom of speech: 軍の言論統制令 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 6
a Major de Wildman of Load knew whose army: 何国の軍に所属するのやら、ド・ウィルドマン少佐などという男 ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 157
軍人
   
be taking the army’s part: 軍人贔屓 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 197
軍勢
   
non-uniformed armies: 私服の軍勢 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 194
軍隊
   
face the army or a federal prison: 軍隊に入るか、あるいは連邦刑務所に入れられる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 385
軍隊特有の
   
army double-talk: 軍隊特有の難解な言いまわしを使った文書 ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 37
兵隊
   
get out of the army: 兵隊から帰る 丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 150

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

would have torn sb out of the breast of an army: 敵は幾万あろうとも、もちろん奪いとってきたに違いない
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 77
the armies of ...: 押し寄せる〜の波
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 337
sb’s term in the army: (人の)兵役の日々
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 390
have to join the army: 兵隊にとられる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 268
a rather fit retired army colonel: まだまだやれる退役大佐
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 94
the Army-Navy Club: 陸海軍クラブ
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 19
control Army promotions and assignments: 軍の人事を預かる
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 32
He said the Army was practically as full of bastards as the Nazis were: 軍隊ってとこは、ナチスとおんなじくらい、下司な野郎がいっぱいだったとも言ってたな
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 217
have to eat at the Salvation Army: 救世軍のところにいって食事を恵んでもらわなくてはならない
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 168
Her husband was an Army fighter pilot: 彼女の結婚した相手は陸軍のジェット・パイロットだった
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 61
a sorry-looking recruit in the old Imperial Army: 旧日本軍のかなしい初年兵
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 137
make one’s mark on the Army: 陸軍で栄達をとげる
コイル著 村上博基訳 『軍事介入』(Trial by Fire ) p. 28
the new Army: 最近の陸軍
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 341
Despite her present condition, I recognized her face from Army posters: こういう状態にあってさえ、新兵募集のポスターで見慣れたあの女性だとすぐわかった
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 26
It makes us sick to think of all we might be doing but for Army red tape: 陸軍のくだらない形式主義のおかげで、またあちこち引きずりまわされるのかと思うと、うんざりだわ
ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 233
He could hear again the furtive shuffle of their feet, like a refugee army: またも彼らの、難民の群れのようなこそこそした足音がきこえる
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 332
an army announcement over the radio has reported ...: 軍の報道がラジオを通じて〜と伝えた
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 164
a bright young army officer: 若手で切れそうな軍情報将校
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 38
look like a hapless army recruit: なんとなく悲しい陸軍初年兵のようなかんじに見える
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 154
was introduced to a young army officer: 陸軍の若い将官にひきあわされた
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 45
senior officers of the army and navy: 陸海軍の高官
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 307
a powerful army: 勇ましい軍勢
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 543
pretty army: しゃれた軍隊
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 50
under the strict surveillance of the army and the police: 軍隊と警官によって固められる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 251
heavy thudding of army shoes: 鈍重な軍靴のひびき
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 15
with the vanguard of the army beaten: 先手を打たれる
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 104
Tweet