× Q 翻訳訳語辞典
  訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
air
   
うらぶれたアレキサンドリアの別荘といったわびしい: the forlorn air of an Alexandrian villa fallen on hard times ル・カレ著 村上博基訳 『リトル・ドラマー・ガール』(The Little Drummer Girl ) p. 12
appearance
   
むしろ嬉々としたが見える: give rather the merry appearance of ... 三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 86
look
   
この世のものとは思えない: an other-worldly look レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 15
sight
   
雑然たるを呈する: present quite a congested sight 三島由紀夫著 ドナルド・キーン訳 『宴のあと』(After the Banquet ) p. 22
style
   
〜の: the style of ... 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 108

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

(人)自身にしてみればちょっとしたおしゃれにすぎないのだがその趣味のよさが偶然醸しだす魅力: accidental charm of sb’s graceful, though to sb only half-serious, fopperies
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 192
気のきいた趣向: small act of kindness
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 14
いかなる金額でも御用命次第即刻御都合致します、というのがその趣意である: offering to advance any sum of money at moment’s notice
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 140
金のかかっている新趣向: priceless advantages
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 36
野趣あふれた生活: adventurous life
カーヴァー著 村上春樹訳 『夜になると鮭は…』(Will You Please Be Quiet? ) p. 90
ばかばかしい趣味: ludicrous affectation
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 324
趣味:affectation
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 138
せめてもの意趣返しに、腕ずくではなく、忍耐力によって、敵を震えあがらせる: one’s only choice is to intimidate sb not through acts of aggression but through acts of endurance
ウィンズロウ著 東江一紀訳 『カリフォルニアの炎』(California Fire and Life ) p. 239
(人の)趣味だ: be just down one’s alley
ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 238
古い趣き:antiquity
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 447
よい趣味だと思う:approve
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 60
河童の恋愛は〜とは趣を異にしている趣: processes and techniques of Kappa art of love-making are different from sth
芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 21
趣味よく陳列された一流の商品: artful displays of first-rate merchandise
ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 45
(人に)意趣返しをする: pay sb back
ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 85
貧民窟の悪趣味なリア王: a bad King Lear on Skid Row
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『別れのシナリオ』(Death Mask ) p. 74
悪趣味の部類に属する: be in bad taste
デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 135
趣味のわるい泥棒: badass burglar
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 319
年寄りのティモシーをからかうのはまあ悪趣味だった: rather a shame to bait old Timothy
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『葬儀を終えて』(After the Funeral ) p. 269
養蜂を趣味とし: with a taste for keeping bees
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 387
〜について、以前とはずいぶん趣を異にする話を物語る: tell remarkably different stories about ... than one told before
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 83
それに、彼はあれでいて、意趣を返す男ではない: Besides, by his lights, he's not a vindictive man
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 42
趣味も満点: in the best of taste
レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 103
意趣返しに大酒を飲み、どこかへ行ってしまう: retaliate by hitting the bottle and splitting
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 355
趣向を変える: take a break
グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 63
最高裁の弁論趣意書: Supreme Court brief
(人のなかの)覗き趣味を否応なしに誘い出し、(人を)不安な気持ちにさせる: strongly bring out sb’s own troubling voyeurism
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 247
第一、〜は、およそこの(人の)趣味とはそぐわないものだ: but the taste of sb seems to be decidedly opposed to ...
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 327
あけすけな露悪趣味を演じる: be cheerfully shocking
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 91
〜精神はその趣意、もって単純明快である: the spirit of sth has been clear
趣味低劣、性質倣岸の(人): sb whose taste is so coarse, and whose temper is so overbearing
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 261
(物を)集めるのが趣味だ: be a collector of sth
マキューアン著 宮脇孝雄訳 『異邦人たちの慰め』(The Comfort of Strangers ) p. 39
地味で趣味のいいディスプレイをしている: contain a tasteful display
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 26
とても悪趣味な本: a very corny book
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 145
趣向がちがっている: be decorated in a different fashion
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 298
趣味の良い上品な色: decorator color
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』(Hard-Boiled Wonderland and The End of The World ) p. 37
高尚な趣味であるべき(もの): dignified pursuits of sth
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 35
趣味の悪い格子縞のたっぷりしたマント: a wide cloak of a disagreeable check pattern
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 41
よほどの趣味人: the most discriminating types
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 254
悪趣味な:disgusting
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 60
(人の)冗談は悪趣味だ: sb’s sense of fun is very distorted
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 62
太吉郎の下絵は、今もう、趣味か道楽かである: Takichiro now drew designs merely as a hobby or diversion
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 32
趣向をかえて: for a diversion
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 334
単にそのような趣意の主張に対しては異論をとなえるでしょう: would surely question a mere statement to that effect
アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 75
趣向をこらした仮装の市民: elaborately costumed reveler
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 193
情趣を味わう: savor the elegant mood
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 109
〜とは趣をことにする: be something else
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 53
〜するという趣味がある: enjoy doing
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 245
〜という趣旨: ensure that ...
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 22
大体次のような趣旨のことをのべる: say in essence what follows
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 6
どんな趣味にもかなう品物がそろえられている: there is an item for every taste
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 186
洒落者で趣味人でもあるはずの: well known as a man of fashion and taste
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 117
究極の俗悪趣味: the final vulgarity
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 364
同じ趣向のものだ: have the same flavor
ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 49
(人の)覗き趣味的な性質: sb’s frankly voyeuristic qualities
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 247
芝の手入れが趣味で、それはもう病膏肓の域に達する: be a hard-core lawn freak
変った趣味のある誰彼と枕を交わす: go to bed with sick friends
スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 101
したたかな意趣返し: good, solid fun
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 245
悪趣味な:ghastly
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロスノフスキ家の娘』(The Prodigal Daughter ) p. 29
〜が趣味だ: go in for ...
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 172
これほど趣味の悪い靴下にはお目にかかったことがない: the most God-awful socks sb’d ever seen
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 195
趣味人: a man of many hobbies
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 192
悪趣味な:icky
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 35
唐めいた趣味を持つ: be inclined to severity in one’s taste
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 167
まったく趣味のちがう人たち: people who aren’t interested and know nothing about ...
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 149
昆虫採集の趣味がある: be interested in insect collecting
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 256
パーティーでちょっと変わった趣向を凝らす: an interesting party
普通ではない趣味: kinky tastes
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 109
興趣を添えるもの:lacing
辞遊人辞書
趣を添えるもの:lacing
辞遊人辞書
目が、自分の趣向を面白がって踊っている: one’s eyes are laughing
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 11
音楽の趣味がよく合う: like the same music
人生この趣味ひとすじ: live to do
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 217
〜するのが趣味だ: love to do ...
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 20
この際趣味などと言っていられるだろうか?: how much do one’s taste matter?
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 58
(人の)趣味にまったく合わない: be much to one’s taste
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 120
ツイート