× Q 翻訳訳語辞典
記憶   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
experience
   
実際の記憶: actual experience 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 126
image
   
〜の記憶: image of ... 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 9
know
   
(人の)記憶によると〜だ: remember that ... during the period one knew sb 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 26
memory
   
(人の)記憶を変えさせる: turn sb’s memory around トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 244
mind
   
あまりにも世間一般の記憶になまなましい: be too recent in the minds of the public ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 163
recall
   
完璧な記憶の欠如: absolute lack of recall 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 51
recollection
   
こちらに不利な記憶を掘り起こす: unearth contrary recollections トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 181
remember
   
(人の)記憶によれば: the way one remember トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 303
remembrance
   
記憶のなかにある〜: the remembrance one have of ... 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 245
remind
   
〜の記憶を毎晩繰り返す: be constantly reminded of ... 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 262
stay
   
記憶は(人の)脳裏から消えない: memory of ... has stayed with sb バーンバウム著 土屋京子訳 『EQ〜こころの知能指数』(Emotional Intelligence ) p. 4
storage
    辞遊人辞書
thought
   
長い間忘れていた〜の記憶: some lost thought of ... トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 36

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

(人の)放恣な肉の記憶をよびさます: awake the memory of sb’s own sensual abandon
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 116
〜を自分の手持ちの記憶にはめ込む: accommodate ... to the landscape of one’s own memory
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 97
(人の)現実の記憶と、文章や映画に描かれた出来事: sb’s real memories and the written and filmed accounts what have happened in sb’s life
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 545
記憶力をよそおう: act a memory
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 54
(人の)記憶が生々しい: sb’s memories are acute
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の探索』(Dragonquest ) p. 28
「わたしの記憶ではきみが最も優秀な工作担当官だ」と、デクスターは太鼓判をおした: "As good a junior field officer a I can remember," Dexter admitted
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 241
そんな記憶もとうに失なってしまった: have forgotten all such memories long ago
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 440
記憶はいっぺんによみがえった: Now it all came back to him
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 113
(人の)身にそなわった技術も記憶も根こそぎ奪ってしまう: rob one of all one’s considerable skills and memories
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 222
記憶にのこるようでのこらない: you almost remember, but not quite
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 40
〜をちゃんと記憶している: always remember ...
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『狙撃』(Run Around ) p. 427
記憶喪失:amnesia
辞遊人辞書
(人が)完全に記憶を喪失しない限り: only with virtual amnesia on sb’s part
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 283
新たな記憶がまざまざと姿をあらわしていた: another memory have broken through
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 317
(人が)記憶する生前とおなじように、死んでも彫り深く、目鼻立ちがくっきりしていた: was as jagged and articulate in death as sb had remembered it in life
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 327
〜のは、記憶にとどまっていないほど昔の話だ: it will be a snowy day in August when ...
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 154
(人の)心の奥深くしまいこまれた記憶の数々: memories store at the back of one’s mind
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 255
いやな記憶をふり払う: shake off bad memories
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 230
その結果はどうだったか、記憶装置に訊いてみましょう: how’s that for the old memory bank
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 318
記憶の鈴を鳴らす: ring old bells
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 375
〜をほとんど覚えていなくて、わずかに〜しか記憶にない: remember little of ... beyond ...
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 356
記憶が一時的に途切れる: have a blackout
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 253
記憶がおぼろになる: be blinded
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 319
その名前が(人の)心にすばやく作用して記憶をよみがへらせる: the name brings immediate recall
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 125
埋もれていた記憶のなかで: in recollection of the buried past
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 223
(人の)記憶には棲みついていない: can not remember
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 227
記憶を見うしなう: can not remember
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 269
かなり大きな、人々の記憶に生きつづける波紋をひきおこす: cause a considerable and memorable stir
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 5
「ああ」とサンプソンは、おそるおそる記憶をたどって答えた: 'Yes,' remembered Sampson, cautiously
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『亡命者はモスクワをめざす』(Charlie Muffin and Russian Rose ) p. 211
昔子供心に〜をいぶかしく思った記憶がある: remember having been irritated by ... when one was a child
土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 128
すべてがなまなましく、はっきりと記憶に残っている: it is too clear and vivid in one’s memory
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 270
(人の)記憶を呼び起す: the memory of sb comes back to one
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 7
〜の記憶が蘇る: the memory of ... come to sb
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 155
記憶がよみがえる: come back
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 113
慰めとなる記憶: comforting memory of sth
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 150
〜を記憶にとらえる: commit sth to memory
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 221
さんざんな目にあったという記憶しか残っていない: remember sth as a complete disaster
ニコルソン著 宮脇孝雄訳 『食物連鎖』(The Food Chain ) p. 8
記憶の中でこんがらかってくる: become confused in sb’s memory
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 68
渾然ともつれた記憶: a tangled, confused memory
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 179
僕自身の記憶がつむぎあげる: conjure out of my own recollections
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 190
〜の記憶を意識的に奥に押しやる: suppress conscious memory of ...
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 278
〜についての記憶がたしかだ: remember ... correctly
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 213
ぼくの記憶に間違いなければ: if I remember correctly
サリンジャー著 野崎孝訳 『フラニーとゾーイー』(Franny and Zooey ) p. 133
確か〜だったと記憶して居る: If sb recall correctly, ...
井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 44
〜をはらわたに沁み込むように記憶させられる: how could one ever forget ...
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 272
記憶はエネルギーだから、発散されなければ世にもさみしいかたちで体内に残留する: Memories are energy, and if they aren't defused, they remain to haunt you
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 75
落ち着かない記憶の疼き: disquieting rumble
ダニング著 宮脇孝雄訳 『死の蔵書』(Booked to Die ) p. 30
(人の)知識や記憶を洗い浚い取り出す: drain everything sb know
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 235
幼い日の記憶に残っている〜を思い浮かべる: make oneself recall ... from one’s earliest memories
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 32
あまり記憶にない: be less easily understood
マキューアン著 宮脇孝雄訳 『異邦人たちの慰め』(The Comfort of Strangers ) p. 146
〜の記憶もだんだんとうすれる: be becoming less easy to recall
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『来訪者』(Switch Bitch ) p. 142
よく似たような奇妙に面映ゆい記憶の断片を思いだす: recall a similarly embarrassing incident
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 87
あるかなきかの記憶を彩る: embellish hazy memories
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『春の雪』(Spring Snow ) p. 5
暗号で記憶されている: be encrypted and then stored
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 64
(人の)顔に〜が浮かぶのを目にした記憶がない: don’t recall ever seeing ... in sb’s expression the entire time one know sb
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 91
人類の記憶をはるかに越える遠い過去から繰り返されてきた: have been for eons
なんとも暗鬱なその目つきだけは(人の)記憶に焼きついている: those infinitely sad, dark eyes of sb remain etched on one’s memory
北杜夫著 マッカーシー訳 『どくとるマンボウ航海記』(Doctor Manbo at Sea ) p. 176
自分が記憶しているままに、装飾なく公平に物語を語る: tell one’s stories as plainly and evenhandedly as one remember sb
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 589
日常憶いだすことのできる記憶: one’s everyday memory
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 133
(人の)記憶と寸分違わないといってよい: be almost exactly as sb remembers it
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ケインとアベル』(Kane and Abel ) p. 105
記憶を掘り出す: extricate one’s memory
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 170
記憶のなかでは: in one’s mind’s eye
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 26
記憶が消化してしまうには固すぎるのだ: be too much like rock to fade from memory
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 88
写真を見せられたおぼつかない記憶がある: can faintly recall photos of sb
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 49
見当ちがいの記憶: sense of false recollection
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 56
巨大な記憶バンクに記録されてしまう: have been filed into a massive memory bank
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『別れのシナリオ』(Death Mask ) p. 127
記憶にもないほど気持ちのいい夜明けだ: it seems as fine a morning as one could remember
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 42
(人の)記憶に残る唯一の〜: one’s first and last taste of ...
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 47
ちらと記憶をかすめる: there is a flash in one’s memory
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 83
(人の)記憶に突然〜が浮かぶ: one’s memory suddenly flashes back to ...
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 96
予想もしなかった記憶の奔流: unforeseen flood of memories
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 190
(人の)記憶力をもってすれば: for one’s memory
レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 120
おれの記憶がおかしいのかなあ: have I forgotten something?
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 303
とうてい記憶にのこりそうにない:forgettable
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 92
ファウルの打球も記憶にはない: I do not remember a foul
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 289
〜の記憶を新たにする: keep ... fresh in one’s mind
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 182
記憶ごっこ: memory games
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 139
〜の記憶が、遺伝子にきざみつけられている: gene-encoded memory of ...
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 38
記憶力は抜群: get a good memory
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 144
〜をひと目なりとも見て、それを記憶に焼きつける: imprint a glimpse of ...
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 383
普通の人間の記憶というのは、だいたいこの程度だ: this is about as good as most people’s memory is
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 386
記憶力がいい: have a pretty good memory
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 397
上方には、まさにスマイリーの記憶どおりの場所に、煙のかたまりが浮いていた: Above him a pall of tobacco smoke hung exactly where Smiley remembered it
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 168
ツイート