× Q 翻訳訳語辞典
見ている   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
check
   
(人を)さぐるように見ている: in one’s colors checking sb out トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 174
envision
   
(人の)見ているのは〜である: envision sth トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 121
look
   
むっつりとあらぬ方向を見ている: look glumly away グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 45
meet
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 248
recognize
   
〜と見ている: recognize that ... 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 57
stare
   
黙って(人を)見ている: just stare トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 303
take
   
(人を)浮浪者並みに見ている: take sb as a waif トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 326
watch
   
見ていて気味が悪いくらい: it is almost grim to watch クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 235

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

かたわらで見ていると、すばらしい見ものだ: be admirable things for the observer
出入を大目に見ている: allow to come and go freely, pretending not to notice
竹山道雄著 ヒベット訳 『ビルマの竪琴』(Harp of Burma ) p. 65
〜がたんなる想像の産物などではなく、じっさいに起こったことを見ているような気分におそわれる: feel ..., as if sth were not simply speculation but something which have already happened
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 151
赤ん坊なら嫌というくらい一山いくらで見ている: have seen babies in stores and so on
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 49
(人の)曇った顔を見ている: be looking at sb’s anxious face
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『白い竜』(The White Dragon ) p. 344
見ているうちに: as I watch, ...
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 58
〜の見ている前で: as one watch ...
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 111
見ているうちに: as one gaze down at sb
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 78
(人を)じっと見ている: be assessing sb
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 192
(人を)見ている表情も、刻一刻放心状態になる: look at sb, less and less attentively
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 77
画面から自分の顔がこっちを見ているのではないかと半ば本気で考える: half expecting to see oneself staring back
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 36
見ていると〜だ: sb can see ...
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 122
何気なく見ている観察者: casual observer
バーンバウム著 土屋京子訳 『EQ〜こころの知能指数』(Emotional Intelligence ) p. 64
注意して見ていると、〜ようだ: close inspection shows that ...
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 218
(人は)動かず、いぶかしげな目で彼女を見ている: stare at sb without moving, one’s eyes narrowing in concentration
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 17
〜する(人の)様子を心配げに見ている: be concerned as sb do ...
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 38
ただただ〜を見ている: continue to watch
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 125
何となく気にして見ているうちに〜: continue to observe sb, until, ...
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 29
(人を)もの欲しそうに見ている: have a sharp and covetous eye for sb
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 192
ドキンとしながら見ている: when one see ..., it is enough to make one cringe
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 45
じろじろとこちらを見ている顔: critical faces
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 386
何事かと見ている: be looking on with curiosity
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 482
この卵型をした重たげな瞼(まぶた)の眼は、なにかもの問いたげにこちらを見ているではないか: these oval heavy-lidded eyes seems to look curiously at sb
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 210
食べ物の皿と向かいあっている(人を)見ている: watch sb deal with sb’s food platter
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の反逆者』(The Renegades of Pern ) p. 300
〜しては、高い成功率を見ている: do with a high degree of success
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 214
欲情し濡れた目で(人を)見ている: gaze at sb, one’s eyes moist with desire
村上龍著 アンドルー訳 『限りなく透明に近いブルー』(Almost Transparent Blue ) p. 62
あられもない写真を見ている自分にばからしさを覚える: feel foolish looking at dirty pictures
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 128
飛来した無人偵察機をじっと見ている: stare at the passing reconnaissance drone
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 129
(人)のような変わり者をおもしろいと見ている: enjoy the odd ducks like sb
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 15
海をしじゅう見ている目はこうなのだろうか: She wondered if all eyes that endlessly scanned the horizon were that way
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 30
〜はさんざん見ている: see enough sth
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 182
(人の)苦労をつぶさに見ているからその苦労を忘れることができない: share enough of sb’s travail to share it
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 237
一部始終を見ている: watch everything
カーヴァー著 村上春樹訳 『夜になると鮭は…』(Will You Please Be Quiet? ) p. 53
見ているだけで、みずからやっているような爽快感がある: there is a vicarious exhilaration in watching sth
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 232
(人を)疑いの眼でじっと見ている: eye sb with suspicion
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 151
眼の前で見ている: witness sth with one’s own eyes
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 23
(人の)目がこちらを見ているのに気づく: catch sb’s eye
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 79
その〜の顔を見ていると、(人は)心がうきうきしてくる: have a face that make sb glad
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 48
その女にぞっこん惚れこんでいるところをこの目で見ている: watch sb fall in love with a girl
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 207
〜を、(人の)眼は何度も何度も見ている: be very familiar with sth
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 161
夢でも見ているふうである: seem far away
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 296
惹きこまれて見ている: be fascinated by ...
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 415
(人を)見ていると、ただもうぞっとして息をのむばかりだ: watch sb with a horrid fascination
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 181
〜と見ている: feel that ...
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 183
わたしの見ているのは描かれた絵であって、その絵が写している実物そのものではないのだ: I envision the picture but not the figure it is drawn from
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 121
〜を見ていると〜とは思えない: one would never have guessed from ... that ...
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 90
あいつがいいように小突き回されるのを黙って見ている: let somemone fuck him over
ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 16
〜を見ていると、〜のだいたいの想像がつく: seeing ... gives sb an idea of ...
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 563
大目に見ていると、しばしば抑えがきかなくなって危険なことになる: be a harmful indulgence for a man often out of control
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 35
(人を)見ていると、言いたかないけどムカムカしてくる: sb give me a swift pain I hate to say where
ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 134
指をくわえて見ている: be just an idle spectator
安部公房著 ソーンダーズ訳 『燃えつきた地図』(The Ruined Map ) p. 47
怒りでぶるぶる震えている髯もじゃの顎を見ていると: watching the whiskery jowls tremble with indignation
ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 89
(人の)無遠慮な態度を、議員が大目に見ている: put up with sb’s insolence
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 45
(物を)見ているとわれ知らず元気が湧いてくる: cannot help but feel inspired by sth
オースター著 柴田元幸訳 『幽霊たち』(The New York Trilogy ) p. 49
〜をそばで見ているのは楽しい: be glad to see it
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 573
テレビを見ている(人の)隣にすわる: join sb in watching television
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 153
おかしくてたまらないといった表情で(人を)見ている: look at sb as if one hardly keep from laughing
村上龍著 アンドルー訳 『限りなく透明に近いブルー』(Almost Transparent Blue ) p. 103
手をこまねいて見ている:let
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『別れのシナリオ』(Death Mask ) p. 14
〜をぼんやりと見ている: listlessly watch ...
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 48
ただ見ているだけで眼を愉しませてくれる〜: love just looking at ...
レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 9
自分のうちを見ている: be looking into oneself
川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 54
〜を見ているものに感じさせる: be a manifestation of sth
有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 16
単純で明快なハトの動きを見ている: watch the pigeons mechanically moving here and there
池澤夏樹著 デニス・キーン訳 『スティル・ライフ』(Still Lives ) p. 62
何も考えずにばたばたと働いているか、それとも何も考えずにぼんやりと夢のつづきを見ているか: be mindlessly working up a flurry
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 86
黙って見ているだけ: remain neutral
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 35
世間一般が見ているように: in normative terms
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 279
〜を見ていることはすぐにわかる: have obviously seen sth
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 49
ツイート