× Q 翻訳訳語辞典
表情   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
air
   
殉教者めいたあきらめの表情: sb’s air of martyred politeness デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 87
angle
   
音と表情: notes and angles マイケル・オンダーチェ著 土屋政雄訳 『イギリス人の患者』(The English Patient ) p. 66
expression
   
表情に: without expression ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 325
face
   
(人の)表情の中には判然といえないような一種の曇がある: there is on sb’s face a strangely clouded expression 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 16
feature
   
<例文なし> デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 373
form
   
夢幻的に、きびしさを消しさった表情: fantastic forms deprived of one’s usual severity 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 159
image
   
否応なく表情が写しだされる: constantly reflect sb’s image 瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 181
indication
   
(人が)表情にこそ出さない: of course sb give no indication フリーマントル著 稲葉明雄訳 『狙撃』(Run Around ) p. 332
line
   
顔をかたくひきしめ、こわばった、腹だたしげな表情を見せている: sb’s face is set in taut, angry lines クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 148
look
   
穏やかな表情で: with tolerant look デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 143
mannerism
   
癖である謎めいた表情をとる: take up certain inscrutable mannerisms トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 101
note
   
お互いの表情を見交わすまでもなく: without comparing notes with other eyes ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 206
reaction
   
(人の)表情に注意する: watch sb’s reaction to one’s words 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 227
reflect
   
独特のなぞめいた表情でかすかな笑いを浮かべる: smile in an allusive way, reflecting one’s own inscrutability トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 345
sign
   
人々にそんな苦悶の表情は認められない: there are no obvious signs of discomfort among people メイル著 小梨直訳 『南仏プロヴァンスの木陰から』(Toujours Provence ) p. 76

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

表情: facial expression
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 101
ふっとしかめた表情: a frown
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 301
いつもの冴えない表情で: with one’s usual abject look
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 328
突然、悲哀にみちた表情が夫人の顔に拡がった: Abruptly, a look brimming with sorrow spread across her face
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 257
うっすら笑みをたたえた、どこか茫洋とした表情: there is a half-smile on sb’s face and an absent expression
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 285
心ここにあらずといったうつろな表情: distracted, absent-minded demeanour
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『亡命者はモスクワをめざす』(Charlie Muffin and Russian Rose ) p. 35
真剣な表情で: rapt, absorbed countenance
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 27
彼女の表情はとらえどころがなかった: found her expression largely abstracted
トゥロー著 上田公子訳 『推定無罪』(Presumed Innocent ) p. 227
真剣に考え込む表情になる: actually look pensive
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 132
ノリスは「善人に災難がふりかかるとき」という広告コピーを絵に描いたような表情をしてみせた: Norris Ridgewick looked like an ad for When Bad Things Happen to Good People
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 78
ことさら冷淡な表情を浮かべている店員相手に駆引きする: address the elaborately disinterested sales clerk
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 191
〜への愛慕のにじむものうい表情: languid look of adoration for ...
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の探索』(Dragonquest ) p. 216
天にものぼるような表情とかっこう: sb’s expression and attitude is uplifted and aerial
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 212
こみあげるいとしさを抑えきれぬ表情で〜を見つめる: look upon ... with tender affection
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 51
元の無表情に返っている: be expressionless again
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 394
(人の)表情は恐怖にゆがんでいる: sb’s face is terribly agitated
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 171
およそ表情がない: no expression at all
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 423
ふりむいたが、とりわけその表情を動かしはしない: turned around with an expression of almost no surprise
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 235
ストイックと形容したくなるほど無表情だ: be impassive, almost stoical
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 99
堅い表情で構えている: be cold and aloof
松本清張著 ブルム訳 『点と線』(Points and Lines ) p. 44
(人の)表情は相変らず物憂げである: sb’s habitual melancholy expression is as always
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 25
(人の)目に浮かんだかすかなからかいの表情を読みとる: read the amusement in one’s eyes
オブライエン著 村上春樹訳 『本当の戦争の話をしよう』(The Things They Carried ) p. 147
興味津々といった表情: an expression of curious amusement
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『狙撃』(Run Around ) p. 275
(人の)表情にそれとなく注意する: try to analyse one’s expression
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 146
むっとした表情で: with an angry expression
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 234
苦しみをたたえた表情: anguished look
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 48
緊迫した真剣な表情: urgent anguished look
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 145
いきいきとした表情: animation in one’s face
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 212
いささか当惑したような表情: a faint tinge of annoyance
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 35
表情がほとんどわからない:anonymous
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 311
さまざまな懸念の表情: variety of anxious expressions
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の探索』(Dragonquest ) p. 185
ほとんど無表情だ: hardly seem to register anything
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 246
はっきりおどろきの表情を見せる: glance with some apparent surprise at ...
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 18
心配そうな表情で(物を)もじもじといじる: shuffle sth with an apprehensive expression
カポーティ著 大澤薫訳 『草の竪琴』(The Grass Harp ) p. 29
医者の卵らしい表情: an expression appropriate to a budding doctor
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 146
いいぞいいぞという表情で: with approval
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 109
いぶかしげな表情をしてしまう: won’t exactly approve of ...
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 126
賛成の表情で眺める: look on approvingly
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 77
といかける表情になる: arranging themselves into something of a question mark
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 25
問いかけるような表情で(人の)顔をちらりとうかがう: look up at sb briefly, as if to ask ...
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 162
忍苦の表情:asceticism
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 20
(人が)(人の)ものだと感じる表情や物腰: mannerisms that one associate with sb
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 228
深刻な表情を顔に浮かべる: sb’s face assumes a very grave expression
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 84
無表情に、ただじっと耳をかたむけている: listen, attentive and expressionless
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『風の十二方位』(Wind's Twelve Quarters ) p. 137
(人を)見ている表情も、刻一刻放心状態になる: look at sb, less and less attentively
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 77
平板で無表情な: characterless and automatic
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 327
忘我の表情: be far away
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 423
茫然と、畏敬の念さえおぼえたかのような表情を浮かべて出てくる: emerge startled and awestruck
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 200
(人の)顔を暗い厳しい表情がさっと横切る: awful, dark look briefly crosses sb’s face
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 336
狐につままれたような表情でいう: say, baffled
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ケインとアベル』(Kane and Abel ) p. 32
困惑の表情: baffled look
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 282
激しい敵意に満ちた表情: fiercely baleful expression
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 168
不快の表情をほとんど隠そうともしない: wear a look of barely disguised distaste
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 567
にこやかな表情に同意をあらわす: beam one’s agreement
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 380
(人の)顔に浮かぶ、怒りに歪んだ苦痛の表情: sb’s face becomes contorted in a pain-filled fury
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 262
(人の)能面のような顔に表情がよみがえりはじめる: one’s face begin to work
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 216
自分はここにいるみんなとは違うんだという表情を浮かべる: don’t look like one belong with sb in this place
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 206
明るく陽気に困惑したような表情をみせながら: with a happily bemused look
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 53
温厚そうな表情: a benign expression
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 20
とんちき女の表情: the look that comes over the nutty bitch’s face
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 161
苦々しい表情が顔をよぎる: a bitter look crosses sb’s face
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 106
険悪な表情でにらみつける: be scowling as blackly as ever
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の反逆者』(The Renegades of Pern ) p. 246
ぽかんと穴のあいたような表情で(人を)みつめる: look sb with the blank intensity
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 367
無表情に相手を見返している: look in sb’s eyes with a blank expression
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 482
無表情にしておれと、将軍はいった: Be blank, the General had said
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 41
表情も動かさない: succeed in keeping one’s face blank
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 138
すっとぼけた表情: one’s blank expression
レナード著 高見浩訳 『プロント』(Pronto ) p. 79
ハーヴェイはややぽかんとした表情でスティーヴンの書棚の本を眺めていた: Harvey was gazing a little blankly at the books on Stephen's shelves
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 260
表情には一種うつろなものがある: a certain blankness set in
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 330
沈痛な表情: sb’s expression is bleak
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の反逆者』(The Renegades of Pern ) p. 20
レイヴン、うっとりとした表情で廊下を進んでくる: She moves down the hall, blissed-out
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 58
エヴァ、うっとりとした表情で円の中心に腰をおろし、にっこりとほほえんでいる: Eva sits, blissed-out, in the center of the circle, smiles
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 90
矜りを傷つけられた者の我慢ならない表情: an expression of chagrin at this blow to one’s pride
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 52
表情はこわばり、からだの線が身がまえるかたちになっていた: Her expression was hard, her body poised, on the alert
小田実著 ウィタカー訳 『広島』(The Bomb ) p. 21
うんざりしたような表情: a bored expression
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 164
さもうんざりだと言いたげな、小ばかにしたような表情を浮かべた: a look of bored condescension spread over one’s face
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 56
やりきれないといった表情で: a bored look on one’s face
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 188
失望と安堵のいりまじった表情を見せる: look both disappointed and relieved
デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 101
悲哀に満ちた表情: a look brimming with sorrow
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 257
切実な求めが浮かんでいる表情: a look of broken need on sb’s face
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 567
何か思いにでも沈んだような表情: pondering and brooding look
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 135
仏像のように表情のない: impassive and expressionless like a Buddha
遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 51
彼らは声をたてて笑っている。なのに、その表情はあきらかにおびえきっている: They were laughing, but they looked terrified
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 271
顔こそ決意の表情だが: sb’s features are resolute, but ...
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 214
その表情から察するに: by the look on sb’s face
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 182
〜な表情だ: ..., you would call sb’s look
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 48
無表情に(人を)ふり返る: turn and look at sb calmly
リーマン著 池央耿訳 『黒海奇襲作戦』(Torpedo Run ) p. 18
見る者が見れば、それは彼らの表情でわかった: A trained observer could see it from their look
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 118
あくまでも無表情に説明する: explain, one’s tone carefully level
マキューアン著 宮脇孝雄訳 『異邦人たちの慰め』(The Comfort of Strangers ) p. 78
(人の)表情に気づく: catch the look from sb
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 194
その表情を目にする: catch sb’s expression
トゥロー著 上田公子訳 『推定無罪』(Presumed Innocent ) p. 15
(人の)顔には、こぢんまりした、そしておとなしい猫を思わせる満ち足りた表情が浮かんでいる: there is a small and catlike expression of satisfaction on one’s face
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 204
〜の表情の中にも〜する場面が浮かんでくる当惑がういている: from the look on sb’s face, one knows the thought of ... is causing consternation
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 96
ツイート