× Q 翻訳訳語辞典
考える   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
absorb
   
ちょっと考える: take a second to absorb that トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 134
approach
   
こつこつ考えるタイプの男: guy with a more fundamental approach ダニング著 宮脇孝雄訳 『死の蔵書』(Booked to Die ) p. 158
ask
   
<例文なし> ヒーブラー著 高遠裕子訳 『ベスト・プラクティス』(Best Practices ) p. 27
assume
   
いいかえれば、わるいのは自分のほうだと考えたのだ: She assumed, in other words, that something was wrong with her スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 294
believe
   
(人が)考えているよりずっと歳をとっている: older than sb will believe スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 136
care
   
(人の)ことなんか、ちっとも考えていない: don’t care about sb at all スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 253
chew
   
少し考える: chew slightly トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 139
compose
   
〜を考える: compose ... ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 216
conceive
   
〜は考えられない: cannot conceive of sth トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 260
concentrate
   
けんめいに考える: concentrate upon the question ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 162
consider
   
考えごと: matter to consider ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 174
contemplate
   
〜について考える: contemplate ... 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 18
convinced
   
〜と考える: be firmly convinced that ... 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 223
count
   
(人が)考えていたのは子孫のことだ: one is counting your children フィシャー著 吉田利子訳 『愛はなぜ終るのか』(Anatomy of Love ) p. 53
debate
   
どこかで軽く何か食べていこかうと考える: debating whether one should stop somewhere for a quick something to eat フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 45
decide
   
泣き落としの手に出ることを考える: decide to try tears as a means of persuasion 三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 164
delve
   
今少し〜について突っ込んで考える: delve a little more deeply into sth 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 73
design
   
よからぬことを考える: design, in one’s ill thoughts スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 210
determine
   
〜するのに一番効果的な時間を考える: determine the best time to do 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 117
disguise
   
自分を(物のように)考える: disguise oneself as sth カポーティ著 大澤薫訳 『草の竪琴』(The Grass Harp ) p. 9
dwell
   
(人)のことを考える: dwell on sb トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 184
examine
   
まず〜事実から考えてみよう: let us first examine the fact that ... 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 49
expectation
   
(人の)考えているような事が書いてある: live up to sb’s expectations 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 133
fancy
   
(自分を何かと)考える: fancy oneself as sth デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 111
feature
   
考えてもみてほしいのだが〜: feature this, ... カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 385
feel
   
〜というように考えるようになる: come to feel that ... ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 452
figure
   
〜するにはどうしたものか、ちょっとかんがえたよ: took me a little while to figure how to do クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 196
find
   
考えようがない: don’t seem to be able to find the answer 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 49
gather
   
〜から考えて〜である: from ..., sb gather that ... サリンジャー著 野崎孝訳 『大工よ、屋根の梁を高く上げよ』(Raise High The Roof Beam, Carpenters ) p. 19
glance
   
〜について考えてみよう: let us glance at sth 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 36
idea
   
(人が)そう考えたとしてもべつだんおかしくはない: the idea seems a reasonable one スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 117
ideate
    辞遊人辞書
imagine
   
(人の)胃の状態を考えたら、〜が良いわけはない: with sb’s stomach in that terrible shape, you can imagine how healthy ... is ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 529
judge
   
(人の)身に起こったことから考えれば: judging from what’s been happening with the rest of sb’s life フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 56
know
   
〜と考え、身をよじるような嫉妬をおぼえる: feel a strong wrench of jealousy--knowing that ... プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 166
look
   
すげえ学校さ、どう考えたって: It was a terrible school, no matter how you looked at it サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 7
meditate
   
考えながら: trying to meditate that ... 夏目漱石著 マシー訳 『』(Mon ) p. 191
occur
   
〜と考えた: it occurred to me that ... 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 14
plan
   
そのゴールの先を考える: start planning beyond the end クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 427
ponder
   
〜を考えるともなく考える: loosely ponder ... ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 213
process
   
〜について考える: process sth デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 429
prospect
   
このアマゾンみたいな大女をタクシーまで連れてゆくことを考えると: the prospect of steering an Amazon into a taxi カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 62
question
   
(物事を)それ以上深く考えない: question sth no further オースター著 柴田元幸訳 『幽霊たち』(The New York Trilogy ) p. 25
realize
   
考えるようになる: come to realize 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 158
reason
   
〜と胸の中で考える: reason to oneself that ... サリンジャー著 野崎孝訳 『フラニーとゾーイー』(Franny and Zooey ) p. 13
recall
   
後になって考えてみると〜: as one later recalls, ... アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 14
regard
   
〜を普通の人間として当然のように考える: come to regard ... as commonplace 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 97
register
   
覚めかけた(ひとの)頭のひとすみが考える: a corner of one’s reawakening mind register the fact 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 77
remembrance
   
使いの用向きを考えれば憤慨などしていられない: the remembrance of sb’s errand quells sb’s resentment ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 29
result
   
右記の点から考えて: resulting from the above セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 143
ruminate
   
ときどき考える: ruminate periodically トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 252
scheme
   
考えることが上手ではない: not clever at scheming 三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 117
see
   
自分のことを〜と考えるのをやめる: stop seeing oneself as ... バック著 五木寛之訳 『かもめのジョナサン』(Jonathan Livingston Seagull ) p. 75
seek
   
で、復讐を考えはじめたのは?: And when did she begin to seek revenge? デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 249
speculate
   
今日のような日は、人間誰だって、取り落したもののことを考えるものなんですよ、ね: this is an occasion that makes a man speculate on all he has lost ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 18
suggest
   
〜であると考えていいと思う: I think it reasonable to suggest that ... フィシャー著 吉田利子訳 『愛はなぜ終るのか』(Anatomy of Love ) p. 25
suppose
   
〜と考えるのはいささか現実ばなれしている: be somewhat illusory to suppose ... ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 90
suspect
   
〜と考える: suspect ... ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 120
theorize
   
〜と考えている: theorize that ... フィシャー著 吉田利子訳 『愛はなぜ終るのか』(Anatomy of Love ) p. 52
think
   
深く考えることもなく: without really thinking about it very much イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 239
thought
   
〜までは考えたことがなかったようだ: the thought that ... never occur to sb スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 235
through
   
筋道たてて考える: think ... through トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 83
trouble
   
余計な贅沢さえ考えなければ: without troubling oneself about its superfluities ポオ著 中野好夫訳 『黒猫・モルグ街の殺人事件 他五篇』(Murders in the Rue Morgue and other Stories ) p. 82
waver
   
さてこれからどうしたものかと考える: waver on a destination エルロイ著 二宮磬訳 『ビッグ・ノーウェア』(The Big Nowhere ) p. 27
weigh
   
さまざまな見込みを考える: weigh the chances ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 334
wonder
   
押さえきれぬ好奇心でいったいこのひとたちはどんな生活を送っているのだろうかと考える: wonder with mad curiosity what sort of lives they lead ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 76

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

考える: come to sb
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 172
考える: feel deeply
遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 37
考える: have the idea
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 308
考える: make up one’s mind
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 504
考える: turn the question over in one’s mind
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 117
考える: push around in one’s head
ダニング著 宮脇孝雄訳 『死の蔵書』(Booked to Die ) p. 161
考える: work out sth
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 40
そこまで考える: think about that
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 71
考えれば考えるほど: the more one think about it
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 161
妙に人ごとのようにぼんやりと考える: muse in a queerly detached abstraction
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 468
埒もないことを考える: think absurdly
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 202
〜について真剣に考える: want access to ...
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 560
いまの事態を考える: take account of events
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 175
〜と考える: on account of ...
ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 40
〜と考えるほうが真相に近い: it is more accurate to say that ...
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 87
〜をじっくり考える: adhere to ...
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 110
こがれるひとのごく小さな点を夢中になって考える: focus on the most trivial aspects of the adored one
フィシャー著 吉田利子訳 『愛はなぜ終るのか』(Anatomy of Love ) p. 33
ああでもないこうでもないと考える: frame theory after theory
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 60
一瞬、考える間をおいて: after a moment of reflection
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 78
一方に〜を考える: think again about ...
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 122
どんな条件でも〜出来れば好い位に考える: be willing to agree to any arrangement which would enable one to do
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 153
自分の頭で考える奴: the ones who figure it out all by themselves
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 348
即座に考えるそぶりも見せず: on the spot without giving any thought to the matter at all
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 76
あれこれ考える: spend considering alternatives
ライス著 小鷹信光訳 『死体は散歩する』(The Corpse Steps Out ) p. 197
政界進出を考える: have political ambitions
オースター著 柴田元幸訳 『鍵のかかった部屋』(The New York Trilogy ) p. 42
自分にことよせて考える: draw an analogy to one’s own experience
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 115
自分の境遇にあてはめて考える: find an analogy in one’s own condition
O・ヘンリ著 大久保康雄訳 『O・ヘンリ短編集』(41 Stories ) p. 189
自分の将来について本気で考える: make a serious analysis of one’s prospects
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 31
まだほかにも考えるべき点がある: another wrinkle ...
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 227
コーヒーをもう一杯お代わりしようかと考える: debate whether to have another cup of coffee
フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 22
気のきいた答えを考えるひまもなく: I didn’t have time to get out a clever answer
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 145
答えを考える: grope for an answer
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 37
懸命に考える: wonder anxiously
ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 112
〜なんて考えるとほんとうにこわくなる: it is perfectly appalling to think of ...
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 345
(人って)常套句でものを考える人みたいね: one appear to think in cliches
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 123
〜に照らして考える: apply sth
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 75
とっくり考える: argue with oneself
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 292
〜と考える: ask oneself ...
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 274
球団の誰かがすっかりばらしてしまった--シドがこう考えるだろうと、球団側は読んでるだろうな: They'll assume Sidd thinks that someone on the staff leaked all this stuff
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 203
〜と考えるのが妥当なのだろう: one could assume that ...
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 70
画面から自分の顔がこっちを見ているのではないかと半ば本気で考える: half expecting to see oneself staring back
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 36
(場所)を根拠地と考える: regard ... as one’s base of operations
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 110
( 人は)勝手にさせておくにかぎると考えるようになる: learn to let sb be
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 13
〜はかならずしも無理な憶測ではあるまいと考えるための傍証: circumstantial evidence which seems to bear ... out
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 78
考えるだけでぞっとする: can not bear the thought of ...
レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 140
取るに足らない、考える価値もない無用の存在だ: be simply beneath one’s notice, an irrelevance
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 390
用心するにこしたことはない--こう(人は)考える: think it best to be on one’s guard
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 176
ものを考える時は鉛筆を手に持っていたほうがいい: think best with a pencil in one’s hand
リンドバーグ夫人著 吉田健一訳 『海からの贈物』(Gift from the Sea ) p. 7
〜と考えるのが妥当かもしれない: it is probably a fair bet that ...
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 311
かげ日なたをつけるなどということは考えることもできない: would never dream of betraying anyone
竹山道雄著 ヒベット訳 『ビルマの竪琴』(Harp of Burma ) p. 127
考えれば考えるほど痛恨にたえないことだ: the more I think of it, The bitterer my sorrow
竹山道雄著 ヒベット訳 『ビルマの竪琴』(Harp of Burma ) p. 189
不遜なことを考える: a blasphemous idea
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 455
〜が必要以上に残虐だと考える: see ... as the unnecessarily bloody
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 515
(〜しようかと)考えることもままならない: blunt all sb’s plan to do ...
エルロイ著 二宮磬訳 『ビッグ・ノーウェア』(The Big Nowhere ) p. 254
気に入らない相手を退屈死にさせてやろうと考える: try to kill one’s enemies with boredom
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 276
けんめいに考える: rack one’s brain
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 28
考える頭を持たぬ奴ら: brainless bastards
シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 154
(人)のことを考えると、一瞬、心がしめつけられた: the thought of sb briefly scuffed at one’s heart
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 214
企業のもつ大きな技術力・生産力を考えると: given the large technological and productive capacity of business
ステファン・シュミットハイニー著 BCSD訳 『チェンジング・コース』(Changing Course ) p. 12
とはいえ、心の慰めを考えるなら、気分の変化が色に出る、あのムードリングと呼ばれる指輪も、ヒンドゥー教の呪文、マントラも、ガミー・ランプには遠くおよばない: But it beats hell out of a mood ring or a mantra when it comes to comfort
連絡を入れようかとも考える: think of calling in
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 166
落ち付いて考える: think calmly
夏目漱石著 マシー訳 『』(Mon ) p. 107
職業の適性についてもう一度よく考える: reevaluate one’s career objectives
オブライエン著 村上春樹訳 『ニュークリア・エイジ』(The Nuclear Age ) p. 96
じっくり考える: think carefully
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 213
〜をよく考える: think about ... carefully
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 248
よくよく考えるんだぞ: think it over carefully
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 418
〜からして〜と考える: cause sb to think of ...
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『葬儀を終えて』(After the Funeral ) p. 59
〜のことを考えるときのみ、心が和む: derive a certain comfort from the thought of ...
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 225
はっきりいえることは、カーラに考えるいとまをほとんどあたえなかったことである: Certainly he gave Karla very little time to make up his mind
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 504
文化の異なる場所で学ぶ必要がある、と考える: feel a change of culture is important
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 116
〜と考えるべきだろうと思う: choose to think that ...
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 208
〜にちがいない、と(人は)考える: be clear to sb that ...
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 252
(人の)病気を臨床医として考える: think about sb’s situation in a considered, clinical way
グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 286
目をつぶって考える: close one’s eyes to weigh ...
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 88
(人は)〜と考える: the thought come to sb
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 81
(物と)連ねて考える: compare to sth
有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 9
かしこまって考える: make things complicated
新井素子著 マッカンドレス訳 『ブラック・キャット』(Black Cat ) p. 72
〜するほうが利口と考えるくらいの、悪党なりの知恵はある: be con-wise enough to do ...
エルロイ著 二宮磬訳 『ビッグ・ノーウェア』(The Big Nowhere ) p. 249
一歩ゆずって〜と考える: concede ...
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『亡命者はモスクワをめざす』(Charlie Muffin and Russian Rose ) p. 11
一度に二つのことを考える: split one’s concentration
ダニング著 宮脇孝雄訳 『死の蔵書』(Booked to Die ) p. 63
考えれば考えるほど: as far as one is concerned
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 51
帰りの足は確保できたと考える: confident of a ride
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 88
この悲しい事実をつくづくと考える: contemplate these sad facts
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 86
静かにものを考えることに適していない: do not prepare sb for contemplation
リンドバーグ夫人著 吉田健一訳 『海からの贈物』(Gift from the Sea ) p. 51
つくづく考える:convince
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 60
〜と考える: be convinced that ...
リンドバーグ夫人著 吉田健一訳 『海からの贈物』(Gift from the Sea ) p. 46
はたしてBBはAAの手に負えるだろうかと考える: wonder how AA would cope with BB
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 17
〜を許し難いものと考える: find it hard to countenance that ...
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 170
考えるほうがばかげている: silly, of course
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 62
〜しては失礼になると考える: do not consider it courteous to do
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 46
ツイート