× Q 翻訳訳語辞典
考え   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
angle
   
いったいあんたはどういう考えなのか: what’s your angle? カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 46
calculation
   
自分の考えにもどる: revert to one’s calculations トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 292
concern
   
〜に対する自分の考えを説明する: speak frankly of one’s concerns about ... ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 495
dream
   
きちがいじみた考えの片鱗: fragment of one’s mad dream 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 40
feel
   
〜について(人の)考えは〜だ: feel on ... .. ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 493
feeling
   
あからさまに自分の考えを打ち明ける: try to explain to sb clearly what one’s feelings are 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 111
help
   
〜という考えの擒になる: cannot help thinking that ... 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 258
idea
   
すごくまともな考え: very sane idea スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 127
interest
   
( 人と) 大分考えが違う: sb’s interests are very different from sb’s 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 213
meaning
   
(人の)考えを読みとる: take one’s meaning 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 27
mind
   
考えを変える: change one’s minds トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 334
motive
   
何か賢明なはかり知ることのできない考え: some wise inscrutable motive ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 282
notion
   
〜だという考えを自分にためしてみる: test oneself with the notion that ... トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 278
opinion
   
(人の)考えでは: in sb’s opinion ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 40
picture
   
〜の頭に、ある考えが浮かんできた: a little picture grew up in sb’s mind アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 404
reflection
   
考えてみると: on reflection トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 126
solution
   
考えに達する: arrive at a solution 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 427
suggestion
   
(人の)考えに従う: follow through on sb’s suggestion プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 157
theory
   
スマイリーはそれだけはよせつけまいとしていた考えを、頭のなかでいじっていた: Smiley was teasing himself with the theory he was determined to hold at bay ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 130
think
   
考えを聞かせて: what do you think? トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 108
thought
   
突然ある考えが頭にうかび: with the next thought トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 147
valuation
   
自分自身の考えに従って評価する: take sb at one’s own valuation アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 140
view
   
〜という考えがしっかりしみついている: have an ingrained view トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 129
way
   
ひねくれた考えで(人を)観察する: look at sb in one’s twisted way 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 269

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

ちっぽけな怒りや欲望のためにあとさきの考えもなくなる: abandon oneself to petty rages and lusts
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 99
考えようがない: don’t seem to be able to find the answer
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 49
そこまで考える: think about that
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 71
考えれば考えるほど: the more one think about it
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 161
右記の点から考えて: resulting from the above
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 143
身のほど知らずの考えをいだく: get ideas above one’s station
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 287
(物事は)つとめて考えないようにする: do one’s absolute best to ignore sth
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 135
むろん、トリックということは考えられない: there’s absolutely no doubt that
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 11
〜だなんて、考えただけでも泣けてくる: be absolutely fucking thrilled to ...
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 391
ちょっと考える: take a second to absorb that
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 134
(人の)反論について考える: absorb sb’s rebuff
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 337
〜の意味をじっくり考えたい: want to absorb the meaning of ...
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の反逆者』(The Renegades of Pern ) p. 106
妙に人ごとのようにぼんやりと考える: muse in a queerly detached abstraction
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 468
それは今までの何ケ月かをみんな出鱈目だと考えればよいのである: All I had to do was to regard all the past few months as absurd;
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 175
ばかげた考えがわく: think absurdly
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 144
埒もないことを考える: think absurdly
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 202
〜するのは別に悪いことでもないくらいにしか考えていない: think it quite acceptable to do ...
ハルバースタム著 浅野輔訳 『ベスト&ブライテスト』(The Best and The Brightest ) p. 29
〜について真剣に考える: want access to ...
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 560
あれがありきたりの間違いだったと考えている: think it is a vulgar accident
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 163
一味徒党や身を粉にして働いたもののことなど、これっぽちも考えずに、踏みつけにしている: sacrifice the interests of one’s accomplices and victims
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 250
いまの事態を考える: take account of events
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 175
〜と考える: on account of ...
ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 40
〜と考えるほうが真相に近い: it is more accurate to say that ...
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 87
何の力が、かれらをこのような衝動に駆ったのか、のちのちまでも私は考えた: Even long after, I wondered what force impelled them to such an action
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 30
真剣に考え込む表情になる: actually look pensive
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 132
いまにも〜かとそればかり考えていたので、〜にも気づかなかったほどだ: be so busy waiting for ... one actually don’t see ...
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 181
かつて中毒者だったリナには、罪の報いという考えがしっかりしみついているようだ: An addict, Lena had an ingrained view: For sin you pay sometime
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 129
さらに自分の考えを述べた: offered an additional thought
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 34
〜をじっくり考える: adhere to ...
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 110
こがれるひとのごく小さな点を夢中になって考える: focus on the most trivial aspects of the adored one
フィシャー著 吉田利子訳 『愛はなぜ終るのか』(Anatomy of Love ) p. 33
(人の)考え方についてあらかじめ情報を仕入れておく: an advance read on the positions of sb
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 195
そのへんはどのようにお考えになっているんでしょうか: what’s your advice
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 34
(人の)やったことを考えてみると: after what sb did
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『暗殺者を愛した女』(Charlie Muffin-San ) p. 241
ああでもないこうでもないと考える: frame theory after theory
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 60
散々考えたあげく: after thinking hard
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 76
すべてを考えあわせて: after all this
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 87
(物事を)考えれば(人が)〜するのも無理はない: after all sth, sb only do ...
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 24
どう考えても〜はずだ: after all
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 13
考えてみれば: after all
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 166
一瞬、考える間をおいて: after a moment of reflection
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 78
一方に〜を考える: think again about ...
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 122
〜を読んで、(人の)心持ちを決して軽々しく考えてはいけないのだと肝に銘じる: after reading ..., one never take sb’s feelings lightly again
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 64
(人の)年齢のことを考えれば: for one’s age
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 237
どんな条件でも〜出来れば好い位に考える: be willing to agree to any arrangement which would enable one to do
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 153
考えが先走れば失敗を犯しやすい: it is sloppy work to start thinking ahead of oneself
ウィンズロウ著 東江一紀訳 『カリフォルニアの炎』(California Fire and Life ) p. 22
行き場のない考えごとを涼しい風がさらってゆく: cool wind purge one’s mind of aimless thoughts
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 59
すこしはマシな気分になるかと考え、アランは夕暮れどきの外気を胸いっぱいに吸いこんだ: He breathed deeply of the early-evening air, hoping it would help
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 75
考えて見れば大変なことなので: the idea being an alarming one
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 39
育ちもものの考えかたも異質の連中: people of alien background and mentality
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 20
あらゆる可能性を考えている: open to all possibilities
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 185
あらゆる角度から考えたうえでね: considering all the angles
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 255
すべてを考えあわせると: all in all
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 200
自分の頭で考える奴: the ones who figure it out all by themselves
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 348
話の前後関係をじっくり考えてみる: ponder all this
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 82
即座に考えるそぶりも見せず: on the spot without giving any thought to the matter at all
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 76
〜のことをちゃんと突きとめて考えたことがないんじゃないかな: not really think about ... at all
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 256
〜するのがいいものかどうか、こいつは考えもんだ: I don’t know we should do ... at all
カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 134
どう考えても: for all I knew
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 264
(人の)ことなんか、ちっとも考えていない: don’t care about sb at all
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 253
どう考えても〜: all the more likely that ...
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 107
唯一考えていることは〜だ: all one can think of is ...
ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 607
あれこれ考えあわせると: all in all
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 102
いろいろ考えあわせて: all in all
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 110
どう考えても〜はずだからだ: after all
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 13
ビールとランチのあとでゆっくり考えようじゃないか: lunch and a beer will allow us to consider it in comfort
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 61
二、三度ちらと考えてみるゆとりまでもできる: allow oneself a few darting thoughts on ...
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 214
ろくろく考えもせずに〜する: do almost without thinking
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 560
他に考えなくちゃいけないことが山ほどある: already have so many things on one’s mind
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 273
考えていたなかった方法がひとつあった: There was one alternative he hadn't considered
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 514
あれこれ考える: spend considering alternatives
ライス著 小鷹信光訳 『死体は散歩する』(The Corpse Steps Out ) p. 197
(人の)愚かな所業の数々、軽率さ、愚かしい忠誠心、ひたすら他人のことのみ考えての願望の数々: sb’s follies, shortcomings, stupid loyalties and altruistic hopes
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『白い竜』(The White Dragon ) p. 386
そう思うたびに〜を考えては自責の念に駆られる: always check the thought reproachfully, remembering ...
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 342
かねがね(〜のことを)考えていた: have always thought that ...
バフェット著 芝山幹郎訳 『ジョー・マーチャントはどこにいる?』(Where is Joe Merchant? ) p. 105
私はずっと黒眼鏡は盲人になくてはならないものと考えていた: I'd always thought dark glasses were a must for the blind
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 388
政界進出を考える: have political ambitions
オースター著 柴田元幸訳 『鍵のかかった部屋』(The New York Trilogy ) p. 42
なぜだろう、どうしてだろうといっぱい考えこむ: do a fair amount of soul-searching
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 212
〜と考えただけでも楽しい: be amused by the thought that ...
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 220
自分にことよせて考える: draw an analogy to one’s own experience
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 115
自分の境遇にあてはめて考える: find an analogy in one’s own condition
O・ヘンリ著 大久保康雄訳 『O・ヘンリ短編集』(41 Stories ) p. 189
政治的に考えても、やはり同じ結論にたどりつく: Political analysis leads to the same conclusion
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 114
自分の将来について本気で考える: make a serious analysis of one’s prospects
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 31
そうなったら最後、ぼくは考えたくもないようなトラブルの渦に巻きこまれてしまうだろう: And that could lead to kinds of trouble he didn't even want think about
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 127
そう考えた(人は)〜する: and so sb do ...
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 234
まだほかにも考えるべき点がある: another wrinkle ...
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 227
〜については考えを保留して置く: put off thinking about ... until another day
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 32
逆に考えれば: looking at things another way
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 103
コーヒーをもう一杯お代わりしようかと考える: debate whether to have another cup of coffee
フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 22
〜と、〜とは、別個に考えなくてはだめだ: ... is one thing, ... is another
ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 101
おやじかおふくろが出たらすぐ受話器をかければいいじゃないかとも考えたけど: I thought of maybe hanging up if my parents answered
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 106
気のきいた答えを考えるひまもなく: I didn’t have time to get out a clever answer
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 145
じっくり時間をかけて考え、答える: think about it oneself long enough to answer
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 230
論理的に考えればそういうことになる: that’s the logical answer
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 453
ツイート