× Q 翻訳訳語辞典
絶対に   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
absolute
   
絶対に安臥を命じる: order absolute quiet 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 118
absolutely
   
そんなこと、絶対にお断りですからね: there is absolutely no way タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 122
always
   
〜を絶対に避けていた: have always avoided doing 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 258
complete
   
そんなこと絶対に嘘だよ: it’s all a complete lie 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 43
ever
   
こんなチャラッポコを僕に読んできかせるなんて、僕は先生を絶対に許すまいと思うんだ: I don't think I'll ever forgive him for reading me that crap out loud サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 22
never
   
この先絶対に銃を手に取らない: will never pick up a gun ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 282
obviously
   
<例文なし> デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 67
real
   
(人が)ここへ来ては絶対に困る状況を編み出す: contrive a situation in which sb’s return would mean real trouble 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 141
secrecy
   
絶対に他人の眼に触れてはならぬ: have to be done in total secrecy 池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 16
seriously
   
〜は絶対に必要だ: seriously need sth クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 166
strictly
   
絶対にインチキなのさ: Strictly a phony サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 135
sure
   
絶対にそんなことはない: sure I do サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 260
utterly
   
<例文なし> 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 292

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

絶対に: damned sure
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 364
絶対に: nothing in the world
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 36
(人)には絶対に金輪際〜できるものじゃあない: it’s absolutely impossible for sb to do
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 262
他の生き物には絶対になくて、人間だけにあるもの: a faculty absolutely unique to man
太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 55
絶対に事実、ほんとうにあったことでなければならない: have to be absolutely accurate, truthful
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 80
前回同様、彼は隠れたが最後、絶対に見つからない: the next time he would hide too good again
絶対に(人に)同意しない: agree with sb about nothing
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 134
それだけに、ほんのお座なりの返事くらいじゃ、忘れる足しには絶対にならない: and a light answer does not help sb to forget ...
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 44
だからあなたも絶対に黙ってて: And you don't say a thing
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 109
(人の)名は絶対に出さないと約束する: guarantee sb anonymity
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 261
いずれにしても、絶対に受取るわけにいかんです: Anyway, it's quite impossible for us to accept it
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 161
男子求人欄などは絶対に見ない: make it a rule to avoid the want ads
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 76
そこから足を抜くことが絶対に出来ぬ: there can be no turning back
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 71
その必要は絶対にない: do not believe that is required
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 21
〜は絶対にお断り: no bloody ...
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 251
それだけは絶対に譲らない: no bullshit about that
レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 167
絶対に大丈夫と思っている: have no cause to doubt
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 55
その輪の中に男は絶対に入りこめない: this circle no man could enter
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 196
なにがあっても絶対に〜してはならない: not to do in any circumstances
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 396
客とは絶対に寝ないこと: Never have sex with the clientele
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 22
希望が叶えられることは絶対にない: those hopes can never come to be
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 489
(人に)向かって〜といってみたところで、絶対にわかってもらえないだろう: you’ll never convince sb that ...
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 25
いつもの僕なら、女の子に向かって、そんな下品なことは絶対に言いやしないんだ: Usually I never say crude thing like that to girls
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 207
「わたし、そんなこと絶対にしません」ネッティは声を張りあげた: "I'd never do that!" Nettie cried
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 108
絶対に〜しないつもりだ: determine not to do
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 239
尻込みしたりすることは絶対にない: become more determined
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 103
ただし、絶対に口外しないという条件ですがね: but they agreed, providing you don't divulge anything
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 113
〜なんかが絶対に考えつかないほど〜: better ... than sth can ever think
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 103
ぼくは絶対に協力なんかしないよ: need not expect any help from me
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 103
隠れたが最後絶対に見つからない: nobody can find sb
絶対に失敗の恐れがない:foolproof
このことは絶対に忘れないからな: I’ll never forgive you
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 29
恋には二人の他に身方なんて、絶対にないんだよ: lovers have no other friends
川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 93
隠れたが最後、絶対に見つからない: hide too good
絶対に金に手を触れていない: never hawked that money
キング著 山田順子訳 『スタンド・バイミー』(Different Seasons ) p. 52
絶対に〜するわけにいかない: it’s quite impossible for sb to do
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 161
絶対に手のうちを見せない: will never let sb in
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 222
絶対に相通ぜざるもの: absolutely incompatible ideas
太宰治著 ドナルド・キーン訳 『人間失格』(No Longer Human ) p. 105
絶対に、〜してはいけないと固く云いつけて: with a strict injunction to sb not to do
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 88
〜については、絶対に口外しないよう、(人に)指示する: instruct sb not to say a word about sth
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 31
絶対に相手の疑惑をかきたてるおそれのない: least likely to arouse suspicion
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『来訪者』(Switch Bitch ) p. 109
絶対に当る: never lie
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ひらいたトランプ』(Cards on the Table ) p. 44
おれの経験じゃあ、やつらはそういうことは絶対にいわん: not like any of them I ever talked to
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 209
(物が)不足して困るような事態は絶対にない: never be at a loss for sth
オブライエン著 村上春樹訳 『本当の戦争の話をしよう』(The Things They Carried ) p. 31
絶対に太刀打ちできない: be somehow never mutual
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 88
うちではそういうことは絶対にやらない: we would never do it
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 230
絶対にやらかさない:never
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 89
(人を)怒らせるような真似は絶対にやらない: never offend sb
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 192
絶対にしません: never do
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 108
駄目駄目駄目、絶対に駄目: no, no, nothing
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 330
〜は絶対にやらない主義だ: don’t normally do ...
デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 73
公正を欠くことには絶対にならない: be nothing unfair
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 30
絶対に約束をまもると、心から誓います: I have sworn it by the most solemn oaths which a man can take
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 199
絶対に不可能: never occur
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 104
絶対に相手を怒らせない: not too offend
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 325
更新すべきものは必ず更新して、期限切れなどということは絶対にない: one’s warranty runneth not out
絶対に駄目だ: be quite out of the question
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 207
絶対に知っている:realize
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 106
あなたも絶対に黙ってて: you don’t say a thing
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 109
その下に、よほどおこって書きくわえたのだろう、「猿は絶対にお断り」とあった: And underneath, seemingly added in a fury, 'No bloody monkeys.'
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 251
(人にとっては)〜することは絶対に必要だ: it is sensible of sb to do
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 33
ツイート